cosyoyonaのコスプレ日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

でもね、時々嫉妬して、相手を

2017-07-13 17:02:37 | 日記
でも、妖精の勝負とは、村の%としての殺し合い――それらは例外です。

それぞれの作家たちは努力して、「ライト好き」の人が増えているということは。

私の本を読むことができて、上に上の人が好きで、それで増加することができます。

もともと行く必要はない嫉妬ベストセラー作家、「まさか敵と兄弟のようにつきあう」――という考え方と思うだけ多く自分損失。

みんなで一緒に頑張って、私は本気で思っている。

でもね、時々嫉妬して、相手を敵視しているんだけど。この私も理解している。

私はしばらく前まで位置までも「取いくらかのペンネームと混淆の奴はすぐ消えた」や「村徴が死ななきゃ」これらの考え方。

「そろそろ自己紹介の時間に入ってから時間になります。」

私が提案した後、シド手を。

「それは私から始めて、他の方々もお互いお互いにお知り合いになっているようですから。」

みんなも異議はない。

シドライト咳発信音の後に高らかな声で:

「私の名前はライオン童国光、デビュー翌年の新人作家。大学には、お菓子をテーマに小説として小説を書くことが主なのです。」

「あなたのデビュー作は大好きコンビニスイーツラブコメディーの少女との間に、『ライトノベル天下一武闘会』に、覚えているは、ケーキ屋を舞台にした短編物語――その何人の堅持しますか?」

私はそう尋ねた。相手のための語気は遠慮なので、許可を得て、しかし私はやはりすぐにではない普通の話し方に彼と話す。その後、自然に彼と話し合うことができれば良いと思って。

私は小さい頃からいろいろなお菓子が大好きなので。特に甘いものは全く抵抗力、毎回コンビニに入った時、お菓子は購入の最大の楽しみ……像は『ポッキー』や『KitKat』や『チョコ派』これらの看板商品——が小さい友達はずっととても好きなもの、私はずっと夢いつもこんなお菓子を作って、一生の誇り。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私たちは大会では | トップ | このやつが »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。