cosyoyonaのコスプレ日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

お前は殺されたくて

2017-08-10 16:35:12 | 日記
私はあなたがうそを言っていることを言っていません。原作は原作を任せていると……なんとなく足りない……もし本当に好き和泉先生なら、君は自分をもっと好きに見せる――彼の行動。」

「そうかな?」

チュ。

爱尔みい身を乗り出す、僕の頬にキスをした。

「ああ、ああ!ああ!」

紗が熾烈先輩に激しい揺れが生まれる。

「お前は殺されたくて、漫画家は?!」

この様子じゃない!じゃない!こんなんじゃない!私、私の言うのは……和泉先生本人……!おいおい!」

冗談の、冗談を言うのは♪でしょうかね、宗宗?」

「冗談じゃなくてもそんな事はしないよ!」

頬に手を当て、全体が動かない。

キスの頬に非常に熱い。

本来爱尔みぃは全く感じ――だがこれが見て吃驚聞いて吃驚た心!

不埒、これは私に赤面すると赤面しました!あなたのこのやつ……妖精と一緒にいる時だけじゃないか!

「感謝の老子はおもしろい反応を見させていただきます。」

意外にも信じられない行為の自分、顔無表情。

「おや、冗談じゃないし、好きにしろよ。宗や、宗宗に書かれた小説でも。でも、ちゃんと証明しているなら……うん、どうしようかな……」

爱尔みいには顎に手を、悩みましたしばらく……

最後に小声で言う:

私は、何でも好きですよ。」

彼女は本棚から文庫本を無造作て、それを見つめている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うん、どんな老子も答えてます | トップ | 他の人はそう思わないように »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。