cosyoyonaのコスプレ日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

これは何ですか

2017-07-06 17:04:45 | 日記
妖精は自分のカバンには、タブレットコンピュータを取り出して。

「2人は先にこれを見てみては。」

これは何ですか。」

「これは私たちの『能力値一覧表』!」

妖精は私達に見て、えとて、どのように形容してやっと良いです……

まるで「記録の地平線』や『地下城を間違えたかめぐり逢い》等のライトノベルで掲載された、いわゆる「キャラクターの能力値一覧表」というもの。

これは妖精自分手書きのだろう、薄型の画面上に表示されたものも、イラストやテキスト部分も鉛筆で書いた、本当の話は比較的に似ては国の男性が制作した「黒歴史のノート。

和泉徴宗、山田妖精、千寿村徴――三人の小説家の能力値と技能も記録上。

「技能名称はパクリに似ているという……」

あなたは何か言いますか。」

いいえ、大丈夫です。あなたはまた絵を描くことができます。」

「職業の挿画家の前で展示されて、お恥ずかしいということは、お恥ずかしいですが。同じものも今メールで送ってエロ漫画の先生――はい、もし皆様に見えて、この『能力値一覧表に示す』上の数値は、このさんの『神』の情報を見抜く目が成し遂げたもの。敵味方の戦力差は一目瞭然だとしたら一目瞭然でしょうか?」

………………ええ、そうですね。」

この時計を見た、私たち三人のうち、村の能力値が異常に際立っている。

Aランクのスキルという部分がある、ネット小説がよくあるカンニングのようなものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妖精はそう言って | トップ | 確かに相手の実力を »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。