Cosyoyoのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoですよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

年下の先輩

2017-07-06 16:45:40 | 日記
それから数時間。

日はとっくに西の下、窓の外は1枚の真っ暗だ。

私と妖精は和泉家の客間に、へとへとの状態を呈する。

私はすべて人はソファーに中風て、妖精は全体の人が腹ばいて低いテーブルの上に腹ばい。

……………………」

……………………」

家に帰る時はずっとこの様子で、対話、双方とも死体のような悲惨な状況があります。

その後、これらの事が発生――。

和服少女が身分のその時を表明した時。

妖精される代わりに村徴の発言震え上がって身動きがとれた私は、急速に向かって前、チンピラのよう呛声始めよう。

何か?君は何をやってんだ、いきなり挿話てきて、何か破壊されている――全然聞いてないから、何か。何歳の若い先輩とか、お嬢さんには。」

「年下の先輩」という言葉はどこから出てくるのは謎だが、このことにストレスを放出する相手も怖くないのに、その素晴らしい。信頼に値する。

いいえ、私は私です……突然と因縁たの村先輩の関係――――徴出会ったので、余計に驚きすぎたのかもしれない。

どのように言っても、私は動けない、妖精は大きな動きに応えて。結果は――。
フェイトアポクリファ Fate Apocrypha コスプレ衣装はcosyoyoです
あなたは……山田妖精先生はですか?私はやっとあなたをよけます。」

私、村は先輩から先に妖精と対峙して。

これは、「私と二人の問題は、これは、私には、これは、私の2人の問題についての問題です。」

「2つの……!あなたは何と言いますか。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悩みに直面している私 | トップ | 現在の会話を聞いて »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。