Cosyoyoのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoですよ

私の脳の中には

2017-06-16 17:00:46 | 日記
本当にあなたも今まで支えて損だ――私はこの意味を持つ尋ね彼女が、彼女の答えは全く私の予想外。

「?お嬢さんは仕事がないな。」

何か?いや、売れ作家の大人は?」

「当さんはもちろんですね。でも、これは趣味にすぎない。」

「何か……ですか?」

妖精はソファーから立ち上がり、ゆっくりとテーブルの方向へ歩いて行く。

ノート型パソコン――彼女は自分の仕事器具を指で撫で、そして:

「当さんはプロの作家を趣味にしてただけだ。」

…………」

この時間は私には話を出させてくれない。累計販売数は私の十倍にも数字の大作家さまを……さっき、何か言いましたか……「興味は趣味?」

「もっと簡単にわかりやすく、これはただの暇潰しだからな。は透過文章の装飾ともいえる仕事だが、対本さんにとっては全然変わらない小説を書くだけで気晴らし。この世界で最も刺激的で面白い、この人生で最も人為的な夢中のゲームです。」

なぜ、私の脳の中には、踊りながら絵を描く紗が浮かんでいるという。

「あなたと同じゲームをプレイしている以上、あなたが勝手に放水をすることは許されない。退屈な行動をしてはいけないよ。」

このやつ……この……どう形容して……なんだか、ちんぷんかんぷんだ火を大。

これはとても静かで、しかし人に怒りの耐え難いの感じをさせた。
SINoALICE シノアリス コスプレ衣装はcosyoyoです
今はすべてを賭けて彼女の最も重要なパートナーと勝負は、光はこれで十分に燃え上がる我が闘誌ました。

でも……もっと燃える理由を得られるとは思っていませんでした。

凄いね。売れ作家の大人のスタジオ。さすがにアニメ化で買い取っている家。

ここで取材に来て本当によかった、貴重な体験にたくさんの貴重な体験をさせていただきました。笑うのが醜い嫉妬だから笑って。

「気骨のある、あなたのこのろくでなし死の妖精。私は必ずあなたに勝ちたい。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いや、まあ、もう隠さないで | トップ | 自身がどのような著者のうち »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。