Cosyoyoのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoですよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いや、まあ、もう隠さないで

2017-06-15 17:12:46 | 日記
これは何の意味もわからない。

糸の霧はいっそう深く私を詰め寄るて私を詰め寄るて。

「原因は何?」

「それは―――ですから……」

私は今その「隣」と「公平のために勝負だから、何とかエロ漫画を読む先生妖精の原稿」という約束。

山田妖精先生の真実な身分については、今ここと紗で説明している。

……でも、私は言いたくありません。

私は約束を守ら、妖精の原稿に何もエロス漫画先生に読まれているということができる。

でも隣に住む、ベストセラー作家山田妖精先生がこの点に、妹には教えたくありません。

いや、まあ、もう隠さないで。

公平な勝負が約束されても、今は迷いながらも。

私よりはるかに人気同時に作品も売れの同行し、今は隣に住んで、私と同じように非常にエロ漫画を得たい先生の力で、彼女と学校に行かない紗霧に非常に近い生活――これらの事、私は本当に話したくない。なんか大切な仲間が奪されてるみたい、私はとても抵抗している。

これは本当に情けないね、私自身はとても恥ずかしいと思っていました。

……今、まだ言えない。」

来月の時、あなたに教えて。

私たち2人の原稿が完成すれば、あなたが読むことによって、勝負が決まった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 限界突破の怒りと恥 | トップ | 私の脳の中には »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。