Cosyoyoのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoですよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妖精は手で低いテーブルを叩く

2017-08-10 15:56:07 | 日記
エロス漫画の先生を絶境に追い込んだ実力があって。

だからこそ私たちはここに来て。

「見てみようかな!聞こえてない。爱尔みい今はすでに多くの仕事だから超超超超~||級忙しい!あなた達の仕事を接続することはできません!分かったかな!」

……だから、妖精はそう言って……」

「負けて私の爱尔みい妹、大胆に次の漫画化仕事ですか?」

おいおい、今日のエロ漫画の先生は一生懸命にむせてよ。

私たちの質問には、このような態度を取る爱尔みぃ。彼女は指に指を入れた……

あのう、~と言っても……条件によっては、老子のもともできる。」

これは何かチャンスのある態度だ!当さんの『暗黒妖精』はどうするんですか!」

どん!妖精は手で低いテーブルを叩く。

こいつは今日は登場から脾気ているんだな。でも私は彼女の気持ちが理解でき、その後よく謝罪しよう。

爱尔みいステアリング妖精、無邪気に八重歯をみせて微笑んでいる。

「安心してください、エミリー。俺はまだアイドルタイムだよ。」
コスプレ衣装はcosyoyoです
嘘でしょう!あなたは本当に怪物だね!」

本当に、自分が走ってきて頼まれている私もスーパーびっくり。

爱尔みい先生は今絶対忙しくないので、可能でスケジュール合わなく断ることは私は非常に緊張し、もともと……でも今は暇?本当ですか。

何でも描き、技術がずば抜けて仕事のスピードが速い……この鬼よ。

そのバランスを崩して、彼女はカンニング役なんだと言われても……彼女がスーパートラブルメーカーではなく、最強の挿画家もやってないと言っても。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静かに静かになってきてね | トップ | 何もしてないんだよ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事