Cosyoyoのコスプレ衣装部屋

コスプレ衣装ならcosyoyoですよ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現在の会話を聞いて

2017-07-06 16:47:21 | 日記
「あなたは2百万本以上を販売した、最近はTVアニメ化も決定した超売れっ子作家。私は間違っていないでしょうか?」

これは妖精自分がずっと見せびらかすことをしている。彼女はもちろん間違えない。

間違いない!早く崇拝してね!」

妖精は胸を張れるて答えて。

………………哼。」

村では先輩は顎で考え込んだが、後には後方に向かって、神楽さんに言いました:

「あなたは私の責任編集、ということを覚えています――」

「神楽の坂よ、村は先生にして…………あなたは私の名前を覚えていない……」

神楽さんは諦めの語気に答えている。村の先輩は、ちょっと恥ずかしい顔をしています。

……は。」

「何度も会っていない、久しぶりに会えない、仕方のないことです。後は良い、私はあなたの、先にあなたの侧のことを解決することはできます。2位の責任編集として、私もあなた達の言う事が気になりました。それに、私はあなたも聞いてくれないでしょう。」

こうしましょう。」

現在の会話を聞いて、さっき神楽坂さんの言う「次は人気作家と会議」というのはと村徴約束のだろう。

でも……このことより……このやつ……
フェイトアポクリファ Fate Apocrypha コスプレ衣装はcosyoyoです
……自分の責任編集という名前は何と言いますか。

あの彼女は普段はどうやって仕事をしているんですか。少なくとも普通の人と同じではないか。

「それまでには……神楽さん、私の書籍の販売量を教えてくれませんか?」

……あなた自身、はっきりしていませんか?」

…………」

ズバリと言われて、村は先輩が真っ赤になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年下の先輩 | トップ | 私が書いた小説ですね »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事