cosmotiger発信!!

日本一脚の速い「鉄ちゃん」を目指します!
時刻表検定1級
10km33:04、フルマラソン2:46:31

コスモタイガーのつぶやき(8)~完全リレー(2007年日本シリーズ)

2017-06-16 | つぶやき

先日、巨人が3人の継投によるノーヒットノーランを達成ということで話題になった。
それでコスモタイガー自身も思い出し、どうやらネット上でも話題になっている感がある、あの試合のことを書いてみよう。

今から10年前の2007年。
この年から始まったクライマックスシリーズを勝ち上がり、2年連続で日本シリーズを戦うことになったドラゴンズ。

この頃のドラゴンズは強かったからねぇ。
2004年・2006年とリーグ優勝してるため、4年の間に3回も日本シリーズを経験するなんて、ドラゴンズファンとして初めての経験。

そして日本シリーズの対戦相手は前年と同じ、北海道日本ハム。
まさに前年のリベンジの舞台となった。
ただし、ホームとビジター(アウェー)は逆になり、初戦と第2戦が札幌、第3~5戦がナゴヤ、6~7戦は再び札幌に戻るパターン。

初戦こそ敗れたものの、そこから3連勝で、日本一に王手!
この時点でドラゴンズの日本一は1954(昭和29)年の一度のみ。
自分の生まれる遙か前、杉下投手・西沢選手を中心として、宿敵西鉄ライオンズを倒した、ということは知識としては知っているけれど、それ以来の53年ぶりの日本一に王手をかけることになった。

第5戦(ナゴヤドーム)の先発は、後半戦になって台頭し、自己最高の6勝をあげた山井大介投手。
あとのない日ハムは、絶対的エース、ダルビッシュ投手。

シリーズ全体の流れは確かにドラゴンズだけど、さすがに今日ばかりは日ハムかな?と、思いつつ、でも第6・7戦は札幌ドームだから、今日決めないとまずいんちゃうか?などと心配し、始まる前から落ち着かない。

平田選手の犠牲フライで序盤に1点を先制したものの、それ以降点が取れる雰囲気はなく、重い展開。
そりゃ、球界のエースたるダルビッシュだもん!そうそう点は取れんよな。

気になるのは山井投手。
見たこともない快投(怪投?)をしている。

5回・6回。
1本のヒットも打たれていない。
いや、各イニング3人ずつ片付け、ランナーすら出していない。

7回も。
そして8回も!

8回終了して、完全試合まであと3人!
TV越しにも異様な雰囲気は伝わってくる。
こんな状況はさすがに落合監督すら予想してなかっただろうけれど、何より今日は53年ぶりの日本一がかかっている。

咄嗟に思ったことが2つ。

このまま続投して完全試合&日本一となれば、まるで出来過ぎた映画のような話で凄いことだけど、その保証はない。
しかもわずか1点差。
むしろヒットでも打たれたらショックが大きく、あっという間に逆転される確率は充分にあるし、そうなれば単なる1敗じゃすまないだろうな、残りの2戦は札幌ドーム=アウェー状態だから、流れは完全に日ハムに行ってしまう。

もう1つ。
このまま続投したならば、山井投手が胴上げ。
(その後2014年に最多勝を獲得する山井投手ではあるが、この時点においては)この1年間、主戦として投げてきた投手ではない。
それどころか1軍にもローテーションにも定着すらしていない、年間5~6勝の投手だ。
クローザーなら岩瀬仁紀投手だし、エースとして大車輪の活躍したのは川上憲伸投手で、相応しさということならこの2人以外には考えられない。
普段の公式戦じゃないんだ。
ペナントレース・クライマックスと、150試合超戦ってきた蓄積として今日のこの試合があるんだからさ。
その積み重ねが山井ってのは、応援してきたファンとして、なんか違う気がするな…。

天秤にかけるなら、当然、完全試合という個人記録なんかより、53年ぶり日本一の方が圧倒的に優先順位がある。
ドラゴンズファンとして、初めてリアルに見る日本一なのだ!

冷静な顔をした落合監督がベンチから出てきて、審判に投手交代を告げている。
クローザー岩瀬が当たり前のようにブルペンから出てきた。
この瞬間、日本一を確信し、涙が止まらなくなってしまった。

その岩瀬投手も凄い!
何やら異様な雰囲気の中、当たり前のように3人でピシャリと抑え、2投手による完全リレーで、ドラゴンズ日本一!
バンザーイ!!
ドラゴンズファンとして最高の夜となった。

スポーツニュースをはしご。
大勢が祝福ムードの中、何やらこの投手リレーに批判的な評論家や識者もいるらしい。

この投手リレーに対する批判は、ネット上でも結構あったようだけど、コスモタイガーは何で?の一心のみ。

中には著名なスポーツジャーナリスト(を名乗るおじさん)までが「野球に対する冒涜だ!」などと批判の言葉を浴びせている。

は?
何言ってるの?

あのさ~、お言葉返すようだけど、普段、ドラゴンズの野球を見てたの?
ドラゴンズファンの待ち焦がれた思いをどこまで理解してるの?
落合野球をどれだけ理解しているの?
プロの物書きとして、綿密な取材をもとにした発言とは到底思えない。

日頃ドラゴンズの野球なんかロクに見てもいない連中が突然出てきて、出来過ぎた映画のようなエンディングを勝手に思い描き、それが成らなかったからと駄々をこね、批判だけしてくる。
感動という名の宝物に泥を塗られた気分で、本当に気分が悪かった。

ドラゴンズファンという立場を抜きにしても、別段問題があるとは思えない。
(競技としての)スポーツは基本、勝ち負けを競うところにあるわけで、明確なルール違反は論外ではあるけれど、ルールの範囲内で、勝つ確率を最大限に追求するのは当たり前のこと。
むしろそれを怠ることの方が、ファンに対して失礼だ。

あの時点では、山井の続投より、岩瀬にスイッチした方が、「日本一」への確率は格段に高まった。
ただそれだけのこと。

むしろ「勝つ確率」を高めるための戦略や戦術こそがスポーツの真の醍醐味なのにね~。
そういえば高校野球でも妙な批判があったのを思い出す。

数年前に、ファールばかりを打って、最後は四球を選ぶ小柄な2番打者がいた。(名前は失念)
小柄でパワーで劣る彼が強豪校でレギュラーを取るには、いろんな努力や過程ががあったんだろう。
「何が何でも出塁するんだ」という気概。
ファールで粘るのも立派な戦術だ。
相手投手も守備陣も疲弊するし。
あっぱれと感心したものだ。

2005年春の甲子園。
地元愛工大名電が優勝。
ここでも賛否があった。

名電のほぼ全員が打席に立つとバントの構え。
ランナーいなければセフティバント。
いたら送りバント・スクイズバント・プッシュバント。
とにかくバント・バント・バント…。

相手の守備が撹乱し、やがて大量点につながっていった。
そして決勝戦でもその野球にブレはなく、頂点に立った。
お見事!

さらに遡ると、あの有名な松井の5打席連続敬遠。
明徳義塾と星稜高校だったかな?

強打者を敬遠し、次の打者と勝負する方が勝つ確率が高いと判断したのであれば、迷わずそうすべきだし、結果として松井君のバットを完全封鎖し、明徳義塾が勝利をモノにしたんだから、作戦として大成功だ。

むしろ星稜が5回も「ただ」でランナーを1塁に出してもらいながら、ことごとくそのチャンスをつぶしたことの方が、戦術上問題だったのでは?と思ったりする。
教育教育というならば、チャンスをものにする精神力や、どんなことにも手順や作戦があることを身を持って体験できる、何よりの機会じゃん!

小よく大を制すの言葉もあるけれど、選手層の薄い弱小チームが、強豪チームに勝つために、体の小さい人が大きい人を倒すために、知力・体力を尽くして戦術を駆使することは、賞賛こそすれ、何で批判されるのか全く理解できない。
応援する側からしても、それこそがスポーツの最高の醍醐味なのにね~。

正々堂々、という言葉を履き違えているのでは?と勘繰りたくなる。
正々堂々という言葉を免罪符にして、「作戦」や「戦略」を否定されちゃ叶わない。

それを否定されてしまったら、スポーツは単なる「力比べ」「技量比べ」の場になってしまい、本質から完全に外れてしまう。
彼らにとってスポーツは、単なる「くらべっこ」なんだろうか。

極論すれば、「盗塁なんて汚い!スキを見て走るなんてせこい!」とか。
「変化球なんてずるい。堂々と直球勝負せい!」とか。
「バントなんてみみっちい!堂々とバットを振ってこそ男だ!」とか(笑)。
そんな話にもなりかねない。

パワーとパワーのぶつかり合い、といえば聞こえはいいけれど、そこには駆け引きとかゲーム性を全く感じない。
これが彼らの言う、「正々堂々」ってことなんだろうか?

「力任せ」や「ド根性」だけがスポーツじゃない。
むしろムキになって、根性論や力に頼る方がよほどナンセンスだ。

どのスポーツにも程度の差こそあれ、「戦術」「戦略」は必ず存在する。
そしてそれこそが最大の醍醐味なのに、それを否定する考え方には、到底迎合できないコスモタイガーなのだ。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスモタイガーのつぶやき(7... | トップ | コスモタイガーのつぶやき(9... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中日の優勝 (ウォーク更家)
2017-06-28 22:21:29
中日の優勝で、かすかに記憶にあるのは、だいぶ昔になりますが、横浜球場での横浜対巨人戦です。
この試合では横浜が勝ち、これにより巨人の優勝がなくなり、中日の優勝が決定しました。
試合が終わっても、横浜球場の周りは、中日ファンの熱気に包まれていました。
私が驚いたのは、その中の一人が、”名古屋まで”と言ってタクシーに乗ったのを目撃したことです!
だいぶ昔の話しで、記憶に自信がありませんが、記憶相違の部分がありますでしょうか?
更家様 (コスモタイガー)
2017-06-29 13:38:00
まずは相互リンク、ありがとうございました!
更家さんのブログも、私とは全く違った視線と速度で書かれ、私も楽しみにしています。
屈ブログとしてもぜひ紹介したいですしね。

ご指摘のシーンは、恐らく1999年の優勝シーンかなと…。
確かマジック1の状況で、中日は神宮でヤクルト戦、マジック対象の巨人が横浜球場で横浜戦だったかと。

残念ながら?神宮球場はかなりもつれ、横浜球場の方が試合進行が早く、最後は巨人の仁志選手か二岡選手だったかが三振して試合終了!
その瞬間、ドラゴンズはまだゲーム中なのに優勝が決まってしまった、という感じです。

結局神宮も、ドラゴンズが最後に逆転し、9回裏に当時のクローザー、宣銅烈(ソンドンヨル)投手がヤクルト打線を抑え、胴上げ投手になりましたけど。

TV的にはこの胴上げシーンが優勝みたいに報じられ、またまた冷めた目線のコスモタイガーは、「違うよ、優勝シーンは巨人の選手の三振した瞬間だ」なんてほざいてましたけどね。

この99年は、ドラゴンズの数ある優勝の中でも、特筆すべき優勝だと思っています。
確か美濃路編のどこかでも書いた気がしますが、ナゴヤ球場からドームに移って3年目。

それまでは狭いナゴヤ球場で「恐竜打線」と云われ、もっぱら打ちまくって相手を叩きのめしてきた感のあるドラゴンズ。

移転した97年。
強力打線は広いドームでは完全に不発となり、最下位に。

積極的なトレード・補強等で投手力を前面にしたチームに作り替えたのが、当時の星野監督でした。

エースは野口、期待の若手川上憲伸、FA加入の武田が先発の軸。
圧巻だったのは中継ぎ(今でいうセットアッパー)で、サムソンリー・岩瀬・落合(英)・正津あたりが次から次へと繰り出され、相手チームの反撃の根を摘み取った後で上述のソンドンヨル登場でしたからね。

確か9月の東京ドームの巨人だったと思いますが、韓国から入団した、当時のスーパースター、サムソンリー投手を惜しげもなくワンポイントに使い、アナウンサーが「こんなすごい投手をワンポイントに使うなんて!」と実況していたことが印象に残ります。
相手チームの選手だけじゃなく、ファンやマスコミすら、「こりゃ勝てんわ」と思わせるほどの継投だったんでしょうか。

でも残念なことに、まだファンの間でも、「ドラゴンズは打撃のチームだ!谷沢・落合・宇野みたいな強打者を中心に打ち勝つのが伝統だ!」という声も多々あった気がします。
それに対して「このドーム球場では、投手力で勝つしか方法はないよ」と今後のドラゴンズの行く末を示唆してくれた、優勝だと思います。

そして投手力とディフェンスのチームに生まれ変わったチームは、その後落合監督によりさらにバージョンアップされ、大輪の花を咲かせることになったと理解しています。

それにしても横浜から名古屋までタクシーですか!
お酒の勢いもあったんでしょうけど、何と太っ腹な。(しかも1人で…)
新横浜から新幹線の方が早いと思いますけどね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。