某ちゃんノート

わざわざ電話するほどじゃないしなぁ・・・
メールすることもないよなぁ・・・
でもちょっと思った、ふと思ったこと

薔薇と美女と野獣

2017-05-25 | その他
映画 Beauty & Beast
『美女と野獣』
見て来たさ
お子ちゃまだった頃
世界名作全集で読んだなあ

ふと思うが
ディズニーに登場する女の子は
各々個性は違って
好みは分かれるが
度胸と愛嬌があって
魅力的だ
その割に王子はイケメンだけれど
顔は思い出せない
たまたま通りかかったとか
城にいるだけとか
騙されたり
呪いの魔法をかけられたり

弱い。。。
そんなキャラクターの中
野獣はとても繊細な心を持ち
痛みや苦悩を知っているし
感情豊かでもある
決して良い王子ではなかったであろうが
城で暮らす人たちは
野獣になった王子に愛を持っている
美女と野獣のダブル主役なのだ
ゴージャスなのだ

そして

この実写映画
とても美しい
景色や衣装もきれいだし
薔薇もいろいろな場面で登場して
それぞれに印象的だ
細部のちょっとした仕草や動きにも
感情が表れる
愛が溢れている

立川シネマ
決して大きくはないだろうけど
極音爆音
作品ごとに調整するというこだわりようで
音がとても良いのだ
なので
ミュージカル音楽が素晴らしい質で聴けるわけで
音楽も堪能した
そう
美女ベルを自由にし
父の元に行かせた野獣が
見えなくなるまで
塔を高く高く上り
見送り続けるところでは
泣けてしまった
魔法が解けて
はじめましての王子には
今頃出て来られても・・・
野獣の方がカッコよく見えるねんけど・・・
というくらい味方になっていた
美女ベルに今まで持っていたおおらかなイメージよりも
頑固なところや意思の強さが強く感じられるエマの美女ベル
生まれながらのプリンセスではなく村娘
当時の女性の社会での位置
価値観なども分かって
しっくりするんだ

面白かったなり!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジジもババも乙女になる庭

2017-05-23 | その他
横浜イングリッシュガーデン
友人に教えてもらい
同級生4人で行ってみた
今回はエレガント遠足だ





入ってすぐにこのアーチなのだ





薔薇のトンネルよのう
日陰にもなるので涼しい
風が吹くと
薔薇の香りが流れ
きれいな薔薇の花びらが舞い落ち
掌に。。。
夢のような世界に
みんな乙女になる
禿げたじじの目にもハートが見えるほどにな



白薔薇の庭
本当の名前はローズ&ペレニアルガーデンだが
白薔薇中心に白い花や植物が揃う
日差しに、さらに光り輝く世界だ


そして



紫色やワインレッドの薔薇の庭は
ローズ&クレマチスガーデン





大人の雰囲気だ



お菓子の名前や美味しそうな色のスイーツの庭は
ローズ&グラスガーデン
更に



淡い色のプリティな庭は
ローズ&ハーブガーデン



ハートの向こうに立つ
かわいい写真も照れずに撮りましたぜ
その向こうには
ローズ&シュラブガーデン
放りっばなしか?
と思うほどの絡まり具合だ



そして
期間限定の赤の庭は
ときめきガーデン



ひたすら赤い



結局6時間
薔薇の中に居た
それほど興味のなかったガーデニング
こういうガーデンを見ると
魅力が分かるよのう
乙女な1日であったなり


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」

2017-05-14 | ♪♪♪
一周忌追悼企画の
蜷川幸雄シアター
映画館で観る舞台だ
新宿バルト9へ行って来た





こんなところにも映画館あるんだな


新宿御苑
緑がいっぱいだ

観たのは
舞台「ジュリアス・シーザー」
行けなくなった友人の代わり

「ジュリアス・シーザー」は
授業でやったんだ
youをthyというとか
古語で書かれた文を読む
延々と辞書を引いた記憶が大きい
有名だから
知っているつもりになってしまうが
登場するのが男ばかりで
タイトルは「ジュリアス・シーザー」だが
シーザーはすぐに暗殺される
恋愛や勘違いやらもなく
笑いも少ない
何で先生はこんなの取り上げるんじゃい!
などと思ったなあ
そして
シェイクスピアの登場人物はとにかくよく喋る
なので3時間
言葉で人の心を操ったり
味方につける英雄たち
扇動されやすい民衆
言葉のやり取りに
感情の裏表や動きが見える
シェイクスピアらしさだな
改めてすごいなと思う
そして
恨みや私欲で動く人の中
ブルータスだけは
ローマを思い
民を思う
っていうのは印象的だ

本物のローマ人っていうところは
サムライを思わせる
阿部寛
藤原竜也
吉田鋼太郎
そうそう
濃いお顔の方々さ
それでもサムライの心が感じられるのは
日本人俳優による
蜷川の演出の舞台だからかな

舞台映えする容姿と演技
この方々をもってしても
日本語であっても
やはり長いな〜とは
思ってしまった。。。
決して退屈なわけではないが



外は歩行者天国であった

帰ろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彷徨い人は欧風庭園へ辿り着く

2017-05-02 | その他


今年も藤が美しいご近所様
ありがたく拝見





見頃よのう
そうだ藤を見に行こう

国領神社へ出かけた

地域のイベントをやっていて
見頃の藤のすぐ下に
テントが張られていた
せっかく出かけたのに
不完全燃焼。。。

仕方ない
帰ろう

思ったとき
駅に貼られたポスター
京王フローラルガーデンAnge
近いし
なんか咲いてるやろ

行ってみた



当たり〜‼︎
欧風庭園というのかな?
そして
チューリップが見頃であった








これもチューリップらしい

チューリップ畑ではなくて
他の花やグリーンとのバランスが良い
ガーデン









日陰のベンチに座って眺めるのも良い





ほかにもいろいろな花が咲き誇っている


名前など
何もわからぬのう


りんごの花


あじさい
そして
遅咲きの桜も満開







桜の向こうに


馬⁈


馬を追いかける



お子ちゃま専用かな?
これなら乗ってみたいな
などと思ってしまった。。。
さほど広くはなく
手入れされているけれど
手抜き感もあり
広場では
近所の高校の吹奏楽部の演奏会があったり
何とものんびり
なんともほんわか
居心地がいい



微睡みの午後なり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春は貝の会かい!

2017-04-16 | 食いしん坊
貝の料理教室に参加して来た
自分は貝が好きだが
周りはそうでもなくて
料理はしじみ、あさり、ホタテくらいだった
なので触ったことがないしな




カキ、ヒメサザエ、ホタテ、白ミル貝、本ミル貝、ヒラガイ、つぶ貝、あさり、ムール貝、とり貝
見たことあるような
ないような。。。



道具もいろいろなんだね
ホタテ用
カキ用
とかさ
とはいえ
とり貝は難しくてムリ‼︎
殻が薄くて
取り扱い細心注意なのだ
しかも



どこが何か分からない
身も繊細でさ
透明で美しかったりもするが



まな板で少しでも擦れると
色のところが取れてしまう
ガラスの上で調理したりするらしい
なので
先生にお任せ


赤貝

缶詰の絵で見たことはあるが
こいつは難しくはない




スプラッタ〜
殺人者の手のようになる
殺人者の手
見たことないけど。。。
とにかく真っ赤になる
だから赤貝なのか
そのままやん!
肝やヒモを取り除き
切り身を入れて
まな板にぱちん!



自分の分は白分で盛り付ける
貝はみんな生きていて
ナイフやヘラを差し込むと
静かにゆっくり口を閉じる
静かな抵抗は意外に怖い
そして見た目がグロテスク過ぎる



こんな姿で動かれると
本当に怖い
怖いけれど旨い
食べられるところ
食べてはいけないところ
あるからね
食いしん坊だからって
全部食うなよ

先生に釘を刺される


ヒラ貝


本ミル貝と白ミル貝

ここで一度乾杯して
いただくことに
ああ、美味い‼︎



低温調理したホタテに焼き色をつける


ホタテのグリエ


ムール貝のレモン蒸し


姫さざえのガーリックバター・グリル


スパイシー・ホットあさり


クラムチャウダー Botin風

このあたりになると
いろいろなお酒が空きまして
先生も生徒も酔いがまわり
良い気分で盛り上がる
そして
みんな座ったまま動かなくなる


ブラジル料理のムケッカ

これはメニューになかったが
先生が急に作ろう!
美味しいぞ‼︎
と作ったわけで
レシピはない
しかも
みんな食べるのみ



〆にボンゴレ
最後は
貝尽しのレストランと化していた
ごちそうさま〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tokyo Cammi

2017-04-14 | その他
代々木上原にモスクがある





イスラム教なんて何も分からないわけだが
物見遊山で行って良いのかのう?
などと思ったのだが
みんなで行くなら怖くない

行くことになった
ちと人数が多いので申し込みをする
多少言いまわしというか
一字違いの日本語が数カ所あり
で返信がある
日本人ではない間違え方だ
微笑ましい
一生懸命な感じが温かいのだ
モスクは英語らしい
トルコ語でジャーミイ
なのにスペリングはCamiiの不思議
ホントに何も知らぬだなぁ。。。



中に入って
はひふへほ〜
美しい









ガイドができない時間だということだったが
こちらは物見遊山
構いません
だったが
ちょこちょこやって来ては
お話ししてくれた
チューリップの原産国はオランダではなくトルコ
オランダへ贈り物として持って行ったのだ
とか
カメラの元はトルコ語のオムロ
暗い部屋という意味で
トルコ人の発明だ
とか
トルコでは発電もしていた
とか
ちょっと怪しい話だと思ってしまうわけで
ネットで検索
それらしい話はあるわけで
あながち間違いではないようなのだが
トルコとは書いてない
オスマントルコ=トルコ
ではないからね



二階からは
聖堂な訳で
いろいろ注意事項がある
静かに入らせていただく







今まであまり見たことがない世界だ









文様も形も独特な雰囲気だ









建物は大成建設
中の扉や照明、机や棚
調度品はトルコから持って来たものだということだった
これだけでも美しいのだ
トルコに行ったら本当に美しいのだろうな〜
それにしても
このちょこちょこ説明してくれるトルコ人のお兄さん
親父ギャグまで言うから
やはり怪しい話に思えてしまう。。。

あとで図書館へ行こう

思ってしまった。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくら狂騒曲 #7・野川桜ライトアップ

2017-04-13 | その他
近所に住む先輩が
行こうぜ〜

誘ってくれた
送迎付きだ
昨年
写真を見せてもらってな
その美しさに
凄いな〜
見てみたいな〜

言ったのだが
言ったものの
忘れていたんだ
それを覚えていてくれて
行けるなら行こう

誘ってくれたのだ
嬉しいなあ
野川の遊歩道
民家の並ぶところで
店はないし
トイレもない
近くまで行って
コンビニで
貼るホカロンとか
温かいお茶とか
お酒とか買い
トイレを済ませて
いざ行かん!



ほ〜オォォォオ〜‼️
これが最初に見る景色であった
撮影やショー、イベントなどに使う照明機材の会社1社が
地域への好意で
ライトアップのプレゼントを15年続けているそうだ
最初は一本の桜から始まった

とびっきりの笑顔で
地域の方が自慢してくれた



プロフェッショナルだ
桜の美しさが浮き上がる



見上げると



桜の空







川面に映る桜と共に
この世のものとは思えない世界が続く





橋の向こうにまだ続く
ただライトを当てるだけではない



当たるところ
当たらないところ



枝の張り方や遠近を生かして
立体的だ





ライトを当てられた桜は妖艶だ



桜の木は大きく
満開で
たち並ぶ民家も見えず
3万人を超すという人々もあまり目立たない
一方通行で一周
大混雑なのでトロトロと歩く
止まらないで歩いてくださいと言われるが
いつまでも見ていたいのでトロトロトロ





ため息が出るほど美しい
連れて行ってくれた先輩に
ありがとう
照明機材会社
株式会社アーク・システム
初めて知ったけど
個人的に利用することはないけれど
ありがとう
感謝と幸せの桜なり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくら狂騒曲 #6・小金井公園

2017-04-13 | その他
郵便局に行くつもりが。。。
天気が良かったし
ついつい
ふらふら。。。



歩いてしまった
小金井公園
西口の機関車はソメイヨシノと絵になる


桜の園



たんぽぽと共存
ここには
種類の違う桜が咲く




駒繋(太白)

大きな花だ


小金井薄紅桜

古風な感じ


御車返

八重と一重が同じ木に咲く
かわいい桜


白雪


一葉


八重桜

まだ蕾
そして


たてもの園前広場

満開だ







ベンチに長居する人はあまりいない
知らないおいさんと相席
今日はスーパーへ買い物に行くんだよ
と言う
わたしゃ、郵便局へ行く途中

はははは…寄り道!
へへへへ…寄り道!
ほな〜
ってな
見知らぬ人と他愛ない話を
一言二言+笑い
散りゆく花弁のように軽い



桜に振り回されて。。。
それも
悪くない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくら狂騒曲 #5・武蔵野公園

2017-04-09 | その他
もういいやろ〜
などと思いつつ
図書館へ行くついでに
って
どこまで行くんや!
なのだが
ふらふら行ってしまった。。。



ここも橋があるので良い景色なのだ

写真を撮るのが楽しいポイント



ここから川岸を歩けるのだ



そして



シロサギがいたりする



目が合ってビビってしまった!
ピントが後ろに合っている

鳥は真正面が見えるのか?という疑問はあるのだが。。。



川沿いの枝垂れはまだ
見頃は来週かな?



カラスも散歩している
お尻フリフリ歩く姿はなかなか笑える





子供の頃の明石より田舎なような。。。





見頃だ‼︎



しかし人はあまりいない



桜のカーテンだな
しかし人はあまりいない



手入れのお兄さんが通るけど。。。



ムクドリは食事中



それ、おいしいの?
などときいてそうな。。。



桜が綺麗よのう

感慨深く見入っている
かどうかは分からぬが。。。



静かで
のどかな時間は贅沢で
桜も独り占めみたいだが
人混みでイライラすることはないが
盛り上がらぬなあ〜
一人過ぎて。。。
桜はやはりわいわい➕がやがや
喧騒が似合う
花よりだんごも必要だし
少し花と人とお酒に酔うのが
嗜みかもしれぬ。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくら狂騒曲 #4・国立市大学通り

2017-04-06 | その他
歯科医院の予約を入れていた!



下り線ホームに降りたとき
ラッキーやないかッ‼︎

ガッツポーズしそうになってしまった。。。
今年は開花から時間がかかったせいで
日の当たり方や場所などで差ができて
咲き方がまばら
一斉に咲かず
しかも弱くて
花ごと落ちたりする

桜守や船頭たちが言っていたが
ここは
一斉の満開だ〜
1km以上続く大通り





郊外は良いな
やっぱり



鳩もお花見じゃな



桜にひたすら近くなれる歩道橋まで歩き
渡って
反対側を折り返すのだ
たまに多くの人が歩道橋に乗っていて
揺れるし
壊れないか心配になる







美しい〜





歯のメンテナンスをしてもらってすぐではあるが
コーヒーをいただくことに



この2階には



素晴らしい風景がある
堪能したと思うが
またまた見入ってしまった。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加