今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

今度こそ!! のはずが・・・・   2011.06.25(4).

2011-06-30 08:03:35 | Weblog


またかよ・・・・、の紫陽花。PCのデスクトップに飾っている。花も好きだが、あの匂い。キュウリのような匂い、あの匂いを嗅ぐと気持ちが・・・落ち着いてくるんだ。


 さておき・・・・・、ヤマドリタケモドキの幼菌を1本だけ見つけたのは2週間も前。それから雨も降ったし、勤め先の庭園ではいろいろなきのこが出始めた。今度こそ!!の勢いで、ヤマドリタケモドキに会いに出掛けた。


 その2週間前に出会った場所では・・・・・




ヤマドリタケモドキ     Boletus reticulatus Schaeff.


 少々、古めの2本だけ。。。一気に出るには雨が少なかったか・・・・・他には・・・




ガンタケ     Amanita rubescens Pers.


 これも、出始めてから雨が降らなかったせいで、傘が萎びてきている。




Russula sp.

 柄も薄っすらと色付いている。ドクベニタケでもなく、色あいからヤブレベニタケでもチシオハツでもなく・・・、いつもの通り、分からない。


 どうやら、今度こそ!!は空振りのようだ・・・・・


 





    

コオニイグチ     Strobilomyces seminudus Hongo

目立たないイグチ。よく見ると幾つも出ている。




刺されたら痛そうな毛虫。サルトリイバラの葉を食べていた。


 このスポットはダメのようだ。この状況ではどこも同じかもしれないが・・・・、久し振りにS公園に行ってみることにした。

 
 途中、自宅庭のホタルブクロの故郷を通る。最近、花の咲くところを見ていないので絶えてしまったのかと思ったら・・・・







ホタルブクロ

ちゃんと咲いていた。このところ、車道の脇の草刈の被害に会っていたのだが、やはり強い。


 そして、










甘い実。

 沢山採ろうと頑張ったが、熟し過ぎか指がベタベタになる。すぐに諦めた・・・・


 さて、久し振りの此処。。




今日は味玉も奮発して・・・・、やっぱり旨い。


 もう、きのこは諦めムードだが、ようやくS公園に到着した。


 人の気配もほとんど感じられない公園の中。きのこ好きな友人達にも会えるのではないかと思ったのに・・・。


 そして、きのこの気配も希薄だ。








    

Amanita sp.

 ツバが薄黄色で、目だったツボなし。何かどこかで見たようなAmanitaだが、思い当たるものなし。

 ミドリガンタケ(仮)Amanita rubescens var. annulosulphurea Gillet??と呼ばれているようだ。傘がオリーブ色がかり、絶妙な命名だ。去年もここで見たような記憶がある。




アカハテングタケ     Amanita longistriata S. Imai

この公園の常連。




コテングタケモドキ     Amanita pseudoporphyria Hongo

これも常連。




檻の中のキンチャヤマイグチ     キンチャヤマイグチ

常連だが、傘の径20cmほど。状態の良いキンチャだったけど、檻の中じゃね・・・・






    

ミズキ

 ようやく出会ったヤマドリタケモドキ。少々、乾き気味だ。




ヤマドリタケモドキ     Boletus reticulatus Schaeff.


 これで、諦めがついた。帰ろうか・・・・


 戻る途中に、またAmanita










Amanita sp.

これはさっき見かけたアマニタと同じなんだろうか?ツバの残り具合が違うが、全体に似ている印象。これも明瞭なツボは持たないが、柄の裂け目辺りに赤変性が見られる。ガンタケに近い?ヘビキノコモドキにも似ている。。。


これもミドリガンタケ(仮)のようだ。きのこには流行というものがあると、よく思う。今まで見たこともないようなきのこが現れて、やがて普通に見るきのこになる。不思議なものだ。そして、その流行も廃れることもあるのだろう。

 やっぱり、きのこは分からない・・・と思いながら車に戻り、帰路についた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湿地から山へ   2011.06.25(3).

2011-06-29 07:55:59 | Weblog



 梅雨時、紫陽花がひときわ、綺麗な時期だ。道端の紫陽花、見惚れてしまう・・・・・、それはさておき・・・


 湿地を出て、山の方に歩き出した。まだ、10時を過ぎたところだ。きのこでも、花でも、何かに出会わないかなと思いながら歩いてゆく。







ノバラ


 こいつの棘が痛いんだ。随分前に棘のないノバラを見つけて庭に植えていた。大きく育ったところで挿し木をして、スタンダード仕立てにしようと思っていたのだが・・・・、ノバラの花が綺麗なのでそのまま大きくしていたら、収拾がつかなくなり・・・・、結局、根元から切ってしまった。バラは手入れが大変で、オレの性格には合わない・・・・・。





ユキノシタ


 道の脇の溝に咲いていた。そして・・・・




ヤマアザミ   カマキリの子が茎に掴まっている・・・


 しばらく歩いてゆくと、毎年見ている花。




ママコナ


 今年は花が多い。半寄生植物とどの本にも書いてあるが、何に寄生しているかは知らない。面白い花で初夏と秋に咲くが、初夏に咲く株は秋には花を付けない。どの時期に咲くかは株によって運命付けられているのだろうか・・・・・







 足元を見ると・・・・




ミヤマウズラ





イチヤクソウ


 ようやく、きのこ発見。







ベニヒダタケ

これ、可食とあるけれど、食べるほど集めた奴いるのかな。。。


 きのこの脇に咲いていたのは・・・ 




オオニワゼキショウ


 これ以上歩いても、山に登るだけ。今日は山登りは止めておこう・・・・・、戻る。




また、アザミ


 例のカマキリの子はまだ花に止まっている。暢気な奴だな。また、足元を見ると・・・・




ニワゼキショウ


 さっきのオオニワゼキショウと比べると花は大きめ。色が赤紫色。丈は小さい。


 そろそろ昼も近い。車に戻り、次の場所へ・・・・・





 そして、冒頭の紫陽花の場面。戻る道の途中、綺麗に咲いている紫陽花に出会った。沢山の花の中にわずかに紫がかった花を見つけ、喜んでいる、オレ。




紫陽花


 ヤマアジサイの咲く時期も近づいているじゃないか・・・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湿地の探索・・・・   2011.06.25(2).

2011-06-28 08:02:25 | Weblog


カキラン


 土曜の朝、うまく動かない体に鞭打ち、ビワを収穫したのは、百舌に片っ端からビワに穴をあけられないように・・・との想いと、早く片付けて蘭の花を探しに行きたいとの想いからだった。目当てはカキラン、そろそろ咲いているころらしい・・・。


 この場所は、秋に通う山の近くだが、一度も訪れたことはなかった。気にはなりつつ・・・・、通り過ぎていた場所。知人から漠然と知らされた場所。適当に歩いてみるが・・・・・




池の周囲は草地になっていて、乾いていそうで不思議と湿っている。


 はっきりと人の歩いた跡もあるわけではなくて、不安に思いながら進む。




ノハナショウブ


 とにかく、何か咲いている場所を目指して歩くが、全体が湿地になっていて・・・・、でも靴が沈み込むわけでもない不思議な場所だ。池にはっきりと流れ込む川があるわけではなく、広い範囲で山の方から滲み出した水が溜まって池になったようだ。湿地の中にもちょっと高くて丈のある草が生えている辺りに・・・・咲いていた。








    

カキラン


 カキランは身近に咲くらしいことは聞いていたが、実際に見るのは初めて。これまで、湿地の植物をじっくりと見ることもあまりなく、夏のサギソウの時期に見るだけだった。


    


 カキランはかなり広範囲に沢山咲いていて・・・・








 モウセンゴケも咲いている。




モウセンゴケ




これは何?


 戻る途中・・・・、地面の乾いた辺りには・・・・







ウツボグサ


 何となく見足りないな・・・と思いながら、湿地を出て山の奥へ向かった。





・・・ 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ビワの収穫   2011.06.25.

2011-06-26 09:50:25 | Weblog



 庭ではビワが収穫の時期になっていたのだけれど、出張で何もできず。さらに、土日も仕事だったので翌週も体動かず・・・・。


 それでも、きのこも、花も見て歩きたくて、朝から出かけることにしていた。ところが、朝、目を覚ますと鳥の鳴き声がうるさい。どうも庭のビワの実を狙って百舌が集っているようだ。「もう、面倒臭い、好きにしろ!」と言いたいところだが、家族の目もあり・・・・・


    





 ハシゴ担いで右に左に・・・・で、収穫は・・・




ちょっと、半端じゃない量。「欲しい人、冷蔵庫に入れてあるので、月曜日までに取りにきてね」って、来るわけないか・・・・・、どうしよう・・・。


 庭のセントジョンズワート、今年は花が咲いた。あれ・・・




オトギリソウじゃないか・・・

 
 不思議に思って調べてみると・・・、西洋オトギリソウ。なるほど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭のその後・・・   2011.06.21.

2011-06-25 08:26:46 | Weblog



 季節はどんどん進んでゆく。ホタルブクロが咲き始めたな・・・、と思ったら、一気に咲いて萎んでいく。






 春に目立っていたバイカイチゲ(アネモネ シルベストリス)は綿毛を翔ばして更に陣地を広げようとしてるし・・・・





 これ、随分前に酒のつまみ用に近くから引っこ抜いてきたノビル。殖えはしないけれど、そのまま残って花を咲かせている。





 そして・・・・、今年も無事開花。




キバナノヤマオダマキ


 今年もこの花の咲く、高原を歩きたいものだ・・・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昼休みの散策   2011.06.23.

2011-06-24 08:02:48 | Weblog


Boletus auripes Peck


 この名前の由来はもう、いいだろう。今年、初めての遭遇だ。自宅周辺で初めてヤマドリタケモドキを見かけてから2週間近く経つのだから、イグチがいろいろと出始めても当然・・・・


 同じ椎の木の下の苔から出ていたのは・・・




ムラサキホウキタケモドキ     Clavulina amethystinoides (Peck) Corner


 えぐられた苔の上には、朝には姿の綺麗な boletus が出ていたのだが、きのこというのは、一般的に嫌われるのだろう。だれかに蹴飛ばされて転がっていた。そんな蹴飛ばすヤツがマツタケをありがたそうに食べるのだ・・・・、オカシイとは思わない??・・・・・・・





ウラムラサキ+α     Laccaria amethystea (Bull.) Murrill


 昼休みといっても、食事以外の時間というと15分が限度かな・・・。急いで歩く・


    

クロハツ     Russula nigricans (Bull.) Fr.   時間がないので変色性までは確認しなかった。





Russula sp.     


 そろそろ、戻らなければ・・・・




ヒメコナカブリツルタケ     Amanita farinosa Schwein.


 今年も出始めた。アンズタケ。




アンズタケ     Cantharellus cibarius Fr.


 アンズタケのたっぷり入ったオムレツ・・・・、食べなきゃな。。。

 急ぎ、戻る。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ツルタケ似のきのこの正体   2011.06.21.

2011-06-23 19:40:53 | Weblog



 昨日のツルタケ似のきのこの正体、翌日の外出のついでに確認した。




ヒメコナカブリツルタケ     Amanita farinosa Schwein.


 やっぱり、ヒメコナカブリで正解。


 その他にというと・・・・




Inocybe sp.    キヌハダトマヤタケのように思うが、針葉樹はない。以前は杉の木も植えてあった場所・・・・


 苔の上には、いろいろなきのこがでている。





    

Helvella sp.     クロアシボソノボリリュウタケかな、違和感・・・





ニオイコベニタケの広場







オオヒメノカサ 近縁種     Hygrocybe


 これはせいぜい1cmくらいの菌だ。。。










テングノメシガイの仲間?  頭部と胴部が明瞭なものと不明瞭なもの、混じっている 
  




Hygrocybe sp.




Hygrocybe sp.   ミズゴケノハナ?


 これから、大阪へ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

出張の翌朝   2011.06.20.

2011-06-22 08:02:14 | Weblog



 出張の翌朝、目を覚ますと窓の外では雨が降っていた。体が異様に重く、気も重く、寝床から起き上がるのが辛い。

 何とか支度をして、車で勤め先に向かった。車を停め、いつもの300mを歩いてゆく。







ニオイコベニタケ     Russula bella Hongo


 道の脇のコナラの木の下はキノコだらけになっていた。




ヒメコナカブリツルタケ?     Amanita farinosa Schwein.


 雨で粉が落ちてしまっているのだろうか・・・・、それはいずれ分かる。次のきのこが出てくるだろうから。







知らない・・・   毎年、いろいろなところで沢山見るけれど、名を知らない。




シロソウメンタケモドキ?     Clavaria sp.??


 少し、体が軽くなったような気分で職場に向かった。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

また、横浜出張   2011.06.16-19.

2011-06-21 08:01:14 | Weblog
 最近、出張が億劫になっていて・・・、久し振りの出張。なぜか、また横浜。





 久し振りに都会に出てくると驚いてしまう。緑の全くない、限りなく幾何学的な景色。こんな所でしばらく過ごさなければならない・・・・。今回は学会。


 ポスター会場脇の企業ブースは準備万端で、人が流れてくるのを待ち受けている。




 
 ポスターには、こんなのも。


    

きのこ好きにはこの「結語」はあまりに当たり前。でも、ドクキノコを食べると医者が大変だから、おかしなものは食べないように・・・・・



 その日の仕事が終わり、大勢の人たちの流れに合流する・・・・





 疲れたし、喉も渇いた。飲みに行こう。





 観覧車の脇を通り、赤レンガの建物に歩いてゆく。そして、2階のバルコニーに座り・・・・、料理を注文。




さっきまでいた会場が見えている。


 やがて、暗くなり・・・・、観覧車のライトがさぞや綺麗だろうと思っていたら・・・・、八時に消灯。





 ま、それでもいいか。



       


 いろいろなビールを飲んで、ピザを食べて・・・・

 
 そろそろ、ホテルに帰ろう・・・・




さっきまで飲んでいた赤レンガの館は驚くほど幻想的な景色の中・・・・


 ホテルでは・・・・




また、飲む。


 そして、翌朝は、また・・・・




会場・・・・




海も見えるけれど・・・・


 こんな日を3日繰り返し、日曜日の午後、新幹線に乗り帰宅。新幹線は1時間待ってE席に座ったけれど、富士山の影も見えず・・・・・




伊吹山と春に遊んだ岡


 帰宅は夜の7時半。明朝、また1週間が始まる・・・・、疲れたな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホタルブクロとか・・・・   2011.06.16.

2011-06-17 23:05:22 | Weblog


ホタルブクロ


 庭ではホタルブクロが咲き出した。去年に続いて今年も沢山咲きそうだ。ホタルブクロとアジュガとノコンギクが庭で勢力争いをしている。




ケントベル 





ヒメホタルブクロ


 
 庭のホタルブクロはこれだけ。これまで、ヤマホタルブクロ、白馬白花ホタルブクロも植えたのだが、いつの間にか消えてしまった。


 それから・・・、アジサイも咲き始めている。











 去年、ヤマアジサイを幾つか、植えたのだが今年生き残っているのは僅か。庭と相性が悪いのか・・・・、去年の夏の暑さが悪かったのか。今年は、ちょっと大き目の苗を植えてみようか・・・・。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ササユリの季節   2011.06.12(4).

2011-06-16 07:17:24 | Weblog



 川沿いの道から車に戻り、さてどうしよう。1時を過ぎてお腹が空いた。帰宅するか・・・・


 その時、前回、近くの公園でササユリの蕾を見てから2週間が過ぎていることに気が付いた。大山遠征で忘れていた・・・。急いでコンビニに行き、カップラーメンなどを調達。カップラーメンにはお湯を入れてもらい、そのまま公園へ。


 大急ぎで公園の駐車場に止め、歩いて森の中の人気のない東屋に到着。急いだ積りだったがカレーヌードルはお湯を吸って膨れ上がり、カレーは水気を失ってねっとり。マズイ・・・、失敗だ。気を取り直して・・・飲む。




あまり運動してないから、糖質70%オフだ。


 雨が降り出した・・・・。ビールを飲みながらスナックをポリポリと齧るが、退屈になり、近くのササユリの写真を撮りに出た。


    




ササユリ




逆から撮影


 ビールも飲んだし、雨も本降りで止みそうもないので、傘をさして出発することにした。


 きのこはやはり少なく・・・・




ミイノモミウラモドキ





マツオウジ老菌





イタチナミハタケ?  ちょっといい匂いがしたが・・・・


 花付きの良いササユリが多い辺りに向かう。車道を越えて進むが・・・・








 一株に一輪の花しか咲いていない。去年の夏の暑さが悪かったのか・・・・。自宅庭の百合も陽の当たる場所では今年、芽のでないものが幾つかあった。


 日陰にイチヤクソウが咲いていた。


    




イチヤクソウ


 そして・・・・


    


 日陰を出て斜面を登り、明るい道を歩くと少し大きなササユリの株があった。








 雨は止みそうもなく、この辺で・・・・




 幕としますか・・・(シナサワグルミ)


           しばらく、留守にします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

川沿いの道   2011.06.12(3).

2011-06-15 08:10:09 | Weblog



 川沿いの道を進んだ。湿度が高いが、きのこの発生は少ない。この1週間後には随分と状況が変わるのだろうが・・・




アメリカフウロ   小さな花の帰化植物だけれど、好きなキンポウゲの仲間だ。




コナスビ




タチイヌノフグリ


 漸く見つけたきのこは・・・

    

Laccaria sp.?




ハナオチバタケ   


 
 葉を写すのを忘れたが、5小葉。







オヘビイチゴ


  やはりきのこの発生はこれからだ。来た道を戻り車に戻った。その途中の川の流れの脇の竹林に・・・





    

Hygrocybe sp.

 鮮やかな朱。ヌメリ無く柄に条線無く・・・・、ヒダは明らかな垂生。傘の径は3.5-4cm。ちょっと大きめだけど、ベニヒガサかも・・・。で、・・・分からない。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駐車場から仕事場までの300m   2011.06.14.

2011-06-14 22:50:47 | Weblog


オオヒメノカサ 近縁種    Hygrocybe sp.


 気温が上がり、湿度も高くなった。やはり、こいつが出てくる。


 図鑑にも、webにもオオヒメノカサ 近縁種と書かれてある。じゃ、オオヒメノカサはどんなきのこかというと、知らない。どこにでも発生するきのこで食用にもなる。でも、オオヒメノカサ近縁種。この名前は何とかならないの?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

きのこの様子見に・・・   2011.06.12(2).

2011-06-14 07:56:18 | Weblog



 ヤマドリタケモドキが出始めているのを見て、もう少し辺りを散策してみようという気になった。いつも、日が翳り、湿度の高めの場所、いろいろな季節にきのこを必ずチェックに行く場所に向かった。




テイカカズラ


 ちょうど、テイカカズラが満開だ。








 テイカカズラに取り付かれた合歓の木には迷惑な存在だろうが、見事に咲いている。

 庭では甘やかしたお蔭で厄介な存在になりつつある、金銀花。


    

金銀花 スイカズラ    甘い香りを漂わせている・・・・





ヤマボウシ


 きのこの様子を見に、山に入っていった。


                  

イチヤクソウ


 どうも、花に目がいってしまう・・・・、あ、きのこ。




シロキクラゲ


 

unknown


 今年は珍しく、この時期にショウゲンジが出ていた。そういえば、去年もここでは梅雨時から出ていたような記憶。










ショウゲンジ


 小降りの木の細い枝に赤い実が成っていた・・・・。中の種が透けて見える。







ウグイスカグラ


 薄暗い山の斜面を歩いてゆく。蚊が沢山発生していて、立ち止まると刺される・・・・。だから、歩くしかないんだ・・・




サンコタケ幼菌


    

    

いろいろ、キノコ。


 斜面を登り、降りてきて、川沿いの道を歩く。





アカツメクサ


 ありふれた雑草との印象が強かったのだが・・・・、良く見ると何ともかわいい花だ。








 少々、花と戯れていた。花にきのこ、これではなかなか、前に進めない・・・・。

つづく。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2011年 夏のきのこが出始めた・・・   2011.06.12(1).

2011-06-12 22:26:39 | Weblog



 この週末は予報では雨がかなりひどく降るらしく・・・・、遠出の計画も立てづらいので、この所、勢いを増している庭の雑草と格闘することにした。雨のはずがほとんど雨が降ることもなく・・・・、しかし、土曜は庭仕事で終わる。


 日曜、朝から夏きのこの様子を見に行くことにしていた。その予定も急用が入り中止。


 昼前に改めて近場を歩いた。この場所は、自宅周辺では早くからヤマドリタケモドキが出る場所だ。ここで出ていなければ、まだ早いということ。車を停めて車道の脇の斜面を見ながら歩く。




ミヤコグサ


 この辺りに出るのだがと思いながら、下る。


 ・・・、あった。


 

ヤマドリタケモドキ Boletus reticulatus Schaeff.


 一つだけ。出始めのものがあった。夏キノコのシーズンの幕開け。

 他にはというと・・・、これだけ・・・・・




ガンタケ Amanita rubescens Pers.


 アマニタもイグチもそろそろ、活躍を始めるだろう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加