今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

今年も飯田詣で 二日目     2016.10.09.(1)

2016-10-14 23:15:36 | きのこ など

 


 夜中、雨が屋根を叩く音を聞きながら寝ていた。4時頃、STさんが起きたのは分かったが、この雨ではどうしようもないなと思って、そのまま横になっていた。起き上がったのはかなり遅かったと思うのだが、あまり覚えていない。朝ごはんも頂いたのだが、思い出せない。

 雨が上がって、そろそろ出掛けようかとなってから、慌てて着替えたり荷物を揃えたりした。今日はきのこを少しだけ探してから、温泉に行って汗を流して、蕎麦を食べて戻ってくるというプランだ。着替えをちゃんと持っていかないとね。。。

 11時前に車止めから歩いて今日の山の斜面を登り始めようとしている。足許の葉はイチヤクソウの仲間だろう。





でも、何なのかはわからない。コバノイチヤクソウなのだろうか。



 急斜面を登り始めて直ぐにSTさんが見つけた。




マツタケ



 正直なところ、2日目になると「もう、いいや」って気分にいつもなるのだが、このマツタケとの遭遇で真剣に探すようになった。




トキイロラッパタケ
美味しいらしいが食べたことがない。



    
シロオニタケ
まつたけ山ではこんなものは邪魔者以外の何物でもない。


 
 STさんが大きな声で呼んでいる。。。。







        
コウタケ



 それから、また少し左前方に移動して、もう一塊のコウタケを見つけた。








 それでも同じ斜面に夏のきのこが・・・・









タマゴタケ


 他には土砂降りの後で、ちょっとみすぼらしい姿になったけれどハナイグチらしきものも沢山出ていた




ハナイグチ



 何となくそろそろ、温泉にでも行こうかという気分だったのだが・・・・、STさんが僕に聞くのだ。これ、アカジコウ?




アカジコウ
驚いた。ビックリした。過去、一度しか出会っていなかったアカジコウ、


 STさんのはなしでは、この山にはアカジコウは珍しいきのこではないらしい。松茸よりも例年、早く出るのでまつたけ狩りでは気が付かないだけなんだそう。ふと、足元を見るとコウタケが出ていた。




コウタケ



 共演すると・・・・






つづく。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コウタケの収穫から乾燥  ... | トップ | 今年も飯田詣で FINAL   ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (川越)
2016-10-15 06:58:41
コウタケって松林にも出るんですか?針葉樹に出るのはケロウジで、コウタケは広葉樹に出るものとばかり思っていました。しかしこの松茸山は素晴らしいですね。うちの周りは松茸が出るような松も環境もないのが残念です。
川越さん、おはようございます。 (kouchan)
2016-10-15 09:05:20
飯田の山は赤松、カラマツが主体ですが、杉もコナラも生えているので、何とも。
今回の斜面は広葉樹主体だったように思います。

ウチの周辺の山でもコウタケのシロはコナラと杉の境目に出ている場合が多いかな・・・。
Unknown (川越)
2016-10-16 07:38:35
昨日十日町でキノコ鑑定会があって、相棒がコウタケらしきものを取ってきたんですが、それが鑑定していただいたらケロウジでした。幾つかは傘に穴があって、コウタケ独特の匂いがあったんで(匂いが無いものもありました)間違い無いと思ったんですけど、どれも小ぶりで茎が長めのものもありました。ケロウジもコウタケの匂いがするんですね。それともコウタケの幼菌が混ざっていたのか?
川越さん、こんばんは。 (kouchan)
2016-10-16 22:51:34
残念でしたね。鑑定が正しかったらのことですが・・・・
そのニュースは10日頃にはこちらでもオープンになっていて、本当にできるのかな。。。

ケロウジは若い時は「臭い」匂いがあるけれども、老菌になるとコウタケと似通った匂いがするんですよね。だから厄介。

シーズンの初めにサイズの小さなコウタケが出る場合もあって、鑑定には難しい面もあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。