今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

アキチョウジ、アケボノソウとミカエリソウ       2017.10.09.(4)

2017-10-16 22:39:46 | 山、花、山野草





アキチョウジ
花の下の地面には散った花  



 秋は急速に過ぎて行く。ハタケシメジを収穫した後、秋の花を観て帰った。




チゴユリの実








        
ミカエリソウ



 今年はミカエリソウの葉の虫食いが少ないようだ。









アケボノソウ
いろいろな所で見るのだが、今年は花がまとまって咲いているアケボノソウを観ていない。










ヒイロチャワンタケ









 秋のシソ科の花には愛着がある。いろいろな所に行って見てきたいのだが今年はここで我慢しようかな。



















        





アキチョウジ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰り道の花散策 3         2017.10.02.(3)

2017-10-12 08:02:46 | 山、花、山野草




 どこまで書いたっけな。そうそう、国道を右折して入り込んだ道を花を観ながら進んで行くと、ゴルフ場の入口に着いたのだった。
これじゃ、戻るしかないなと思ってUターンをすると土手に生えている草に目がとまった。



        

見覚えのある葉。ベニバナイチヤクソウじゃない?良く観ると花の跡がある。




ヤマホタルブクロ



 
 来た道を戻り、国道に出て南下した。そろそろ、昼飯時だから蕎麦を食べようということになった。進んで行くと治部坂高原の別荘地辺りに差し掛かった。
蕎麦屋もあったのだが、どうも改装中のようで暖簾がかかっていない。仕方なく別荘地の上まで車で登り、散策してみることにした。雨は止んでいた。
山頂への山道を進んで行くと切り株に・・・・







        
マスタケ
触ってみるとまだ柔らかくて食べられそうだけど、特に美味しい訳でもないのでパス。










アケボノソウ









トリカブトの仲間



 アケボノソウやトリカブトに出会えて喜んでいたのだが、もう少し登って行くと・・・・

















そこら中に一面に咲いていた。





オオウラジロノキの実?



 登ると切りがないので途中で車に戻った。それから国道沿いの駐車場まで降りて行くのだが、途中で気になる花を見つけた。





マツムシソウ



 その場所から少し下ると何と・・・・








        






辺り一面、マツムシソウの花だった。もちろん、植栽だろうが綺麗。そういえば、今年、初めて見たのだった。











ちょっと赤味の強い野菊・・・・、また出会った。




 この辺で探索は止めて帰路に着こう。今回は、蕎麦屋及び豊田経由、伊勢湾岸道、新名神、名神、中国道を経て帰ることになる。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰り道の花散策 2         2017.10.02.(2)

2017-10-09 22:03:15 | 山、花、山野草




 きのこでも花でも野にあるものを見ながら歩くのは楽しい。で、散策は続く。





ミゾソバって白いのもある?この辺りに咲いているのは白いものばかり。



 写真を撮っていると友人がそっと、「ほら、出て来たぞ」というので見てみると・・・・





カモシカ?  前に進みたいのだがこちらの様子を見ているようだ。そのまま、2分、お見合いをする。



        

少し前に進んだように思ったけれど、次の瞬間に戻ってガードレールを飛び越えて行った。



 こちらは何事も無かったかのように道端の花を観ながら進んだ。




ナンバンハコベの種?



        
左:ヤクシソウ      右:野菊  これ、掘ってきて庭に植えれば良かったなぁ・・・・



        
アケボノソウ




ノコンギク




アキノキリンソウ



        
リンドウ




これも、ミゾソバ?
沢山、咲いていた。普通のミゾソバはないのかな・・・・




アキノキリンソウ









これは園芸種だと思っていたけれど・・・・




スギタケ



 天気予報通り、昼過ぎから雨がパラパラと降って来たけれど、花散策は続く。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山には行かず、花散策         2017.10.02.(1)

2017-10-07 22:33:55 | 山、花、山野草
 今回の旅の最終日、山に行ってマツタケを採って来るように提案されたけれど、初日、二日目の様子を考えると、
マツタケのピークは過ぎていて多くの収穫は望めない。遠出してきたからには、マツタケ採り以外のこともしたかったので申し訳なかったが、
山には行かずに帰路に着くことにした。
帰り際にはマツタケとかアミタケをお土産に貰い、手を振って送り出してくれた。マツタケ採りに関してはあまり貢献できず、申し訳なかったなぁ・・・
今頃は雨もたっぷりと降ったから第2波が来ているのではないだろうか。





宿を出て飯田の町まで下る途中、車を停めて写真を撮った。


 
 さて、帰路に着くといっても、飯田から南下して高原の秋の花を観ながら帰る積り。。。




野紺菊



 高速には入らずに国道を南下して、途中の道を山側に入り込む。その道沿いの花を楽しんだ。








ゴマナ





ナギナタコウジュ



 秋の高原の花と言ったら、野菊とシソ科の花だ。出会うと図鑑を見たって容易には同定できない。





野紺菊




?・・野菊




 川沿いの道の脇に咲いていた花。これは植栽だろうか・・・・









観たことの無い花。








        

カワラナデシコは株はかなりあったけれど、終盤で被写体にできるものは少なかった。





ツリガネニンジン



 その土手の上に・・・・








マユミ






この赤味の強い野菊は何だろう・・・・



つづく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

翌日、沢まで谷を下った。秋明菊の咲く河原         2017.09.24.

2017-10-04 22:34:43 | 山、花、山野草





 翌日、朝食をゆっくり摂ってから、母の冷蔵庫を食材で満たすために買い物に出掛けた。翌日に生協の配達があるというので、
控えめに買うのだが、生協への注文自体が怪しいからね・・・・

 その後、家を出て北上し、石灰岩の谷を降りて河原を散策した。車を降りた辺りには背の高い野菊が咲いていた。





ヤマジノギク?
草丈は1mくらいにはなる・・・・





ハラタケ科  Agaricus sp.




 河原まで降りるには高度差150mを下らなければならない。ってことは戻る時にはそれを一気に登らなければならないということ・・・・
今回は途中にセトウチホトトギスの自生があるのだが、咲いていないか確認しなければと思っていた。

 でも・・・・





花は終わっていた。今年は花の開花は遅いのでひょっとしたらと思ったのだが、やはり遅すぎたようだ。



 河原で・・・・





秋の河原には原種の秋明菊が咲き始めていた。




アケボノシュスラン

谷の底のアケボノシュスランは花の付きが悪かったようだ。花は終わっているが、その花の痕跡も今年は少ない。




キツリフネ



        
左:色白のマネキグ    右:斑入りの山葵




ノコンギク





1週間後に来たら賑やかだっただろうなという印象だ。




オタカラコウ



 相変わらず人気(ひとけ)の無い谷でウロウロしてリラックスできた。さて、冒頭にも書いた登り、標高差150mの坂を上る。
足許ばっかり見ながら歩いているから、下る時には気が付かなかったものが見えてくる・・・・




アシナガタケ




        
セトウチホトトギスの自生    やっぱり、花は終わっている。



 登り道も、あと僅かとなった時点で見つけた・・・・







        
ヤマハッカ 白花





ウメガサソウ 花後




 谷を登り切ってから、また車に戻る途中・・・・





キツネノカラカサ?








        
Russula sp.
多分、観たことがない・・・・




キツネノエフデ?  コイヌノエフデ?








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマホオズキとキバナアキギリ         2017.09.23.(10)

2017-10-03 23:19:14 | 山、花、山野草





 友人が見つけたヤマホオズキの場所に案内してもらった。もう、陽も傾いてきて、これが最後に訪れることのできる場所になるだろう。




        
ヤマホオズキ
タカネハンショウズルの近くで見つけたホオズキの仲間とは明らかに異なる。稀少な植物のようだ。



 斜面を下って行くと・・・・











アキチョウジ
秋はシソ科の花が綺麗だ。



 そして、凄い群生・・・・











キバナアキギリ




        




 どちらかというと紫色のアキギリの方が好みだが、この辺りには分布していない。










キバナアキギリ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コシオガマ         2017.09.23.(9)

2017-10-01 21:22:30 | 山、花、山野草
 結局、タカネハンショウヅルは一気に咲いたりしないということですね。ハンショウヅルとかトリガタハンショウヅルって、
結構、一気に咲く印象があるけど・・・・

 諦めて次の目的地に向かうことにした。ちょっと、昼からの観察だから時間切れも近づいている。でも、ちょっと寄り道。キッコウハグマが咲く場所が
近くにあると友人が言う。でも、ちょっと早いでしょ、まだ




コシオガマ










        



 この花、この時期に長野のマツタケ山の下辺りに咲いているのだけれど、今年はこんなところで見るとは思わなかった。









 キッコウハグマはやっぱりまだ、開いていなくて、次の目的地に向かう。













 途中で目に入った白いきのこ。車を停めて観る。一見、オオイチョウタケかと思ったけれど、傘にこんな毛生えてなかったんじゃないかな。
匂いを嗅いでみたけれど、きのこらしい良い香り。何だろう・・・・シロゲカヤタケ!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クサボタン、ヒメヒゴタイ         2017.09.23.(8)

2017-09-30 22:27:49 | 山、花、山野草
 また、車に戻って大きく移動。今度のお目当ては多分、その場所には一株しかないし、咲いているかも分からないから、
あんまり期待せずに歩くことにする。車を停めたところには・・・・









ヤマハッカ



 それから草を掻き分けて斜面を下って行く。長靴履いてきて良かったな。

 あれ、こんなところにメハジキ!









メハジキ



 それから下りきったところに咲いていたのは・・・・









クサボタン





アキチョウジ




 そして、さらに草を掻き分けて進む。少し開けたところに・・・・





ミツバフウロ



 そろそろ、山側の斜面に居るはずだと思って探すと・・・・





ヒメヒゴタイ
咲いていると、すぐ見つけられるものだ。



 その後、周囲を探すがやはり、この一株しかなかった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不明のホオズキの仲間         2017.09.23.(7)

2017-09-30 09:09:44 | 山、花、山野草
 タカネハンショウヅルの咲いていた道の反対側が川になっていて、その道の脇にかなり沢山生えていたホオズキの仲間なのだが・・・・




        




 調べても、これだ!というのが見つからない。











不明




 不明のおまけ。






明らかにシソ科。アオジソそのものだったりして、と思って千切ってみたけれど特に匂いはなかった。
エゴマとかレモンエゴマにも似ているけれど、分からないまま。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タカネハンショウヅル         2017.09.23.(6)

2017-09-29 20:58:07 | 山、花、山野草




 場所を大きく変えて川沿いの道にやってきた。この場所は去年、ジンジソウが咲く頃に来た場所だ。タカネハンショウヅルの花の後が、
沢山見えていて来シーズンは必ず来ようと思った所。





タカネハンショウズル



 つぼみは沢山あるけれど、ちょっと早く来過ぎたのだろうか・・・・。川沿いに歩いて見る。








        
カラハナソウ
でんでんむしも一緒に。









タイシャクアザミ
でっかくて・・・・、痛い、棘が。。。



 また戻って、さらに川沿いを進む。








        




        





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キツリフネ         2017.09.23.(5)

2017-09-29 07:23:39 | 山、花、山野草
 この辺りは本当にツリフネソウの多い所で、道の両脇はツリフネソウの赤紫とミゾソバの薄桃色で覆われているのだ。そんな景色を見慣れてしまって、
一枚も写真を撮っていなかった。

 キツリフネも所々には咲いているが圧倒的に少ない。




キツリフネ



 だから、キツリフネとツリフネソウが一緒に咲いている場所となるとさらに珍しいということになる。







 ということで、わざわざ車を停めてパチリ。近くに赤い実をつけた木があったのでそれもパチリ。






やっぱり、分からない。





 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオバショウマ         2017.09.23.(4)

2017-09-28 21:09:30 | 山、花、山野草

オオバショウマ



 車の通らない道を歩いているといろいろな花に出会う。




        
        with シロヨメナ?  with Bじゃないよ。



        









        
        オオバショウマ



 この辺りには黄花しか分布していないらしい・・・・









キバナアキギリ
兵庫県のキバナアキギリには赤い斑点はないように思う・・・・



 去年だったか、この道を訪れた時にはシデシャジンが咲いていたはずなんだけど・・・・。どうも、道の脇の草を刈った時にほとんど刈り取られてしまったようだ。





シデシャジン
やっと見つけた一輪。




マルバツユクサ
これまで意識したことがなかったけれど、色の薄いツユクサは葉の形が丸くて、マルバツユクサという別種らしい。




スジボソヤマキチョウかな? ヤマキチョウ?
フシグロセンノウをバックに。




ヒキオコシ?









シオデ
実が付いている。友人は春に若い芽を取りに来る気になっている。








ヤクシソウ


 ヤクシソウが咲くともう秋は終わりとかいうけれど、ちょっと早くない?、まだこれからでしょ!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セイタカトウヒレン       2017.09.23.(3)

2017-09-28 07:19:14 | 山、花、山野草

セタカトウヒレン



 ステゴビルのすぐ近くには、別の絶滅危惧Ⅰ類が居る。今年は去年よりも数が多いのかな・・・・




        

 道の脇の草刈りで、まだ若い時期に刈られたのだろう。でも、その後、元気に育ったようだ。




        

あれ? これは何だろう・・・・




        
ジイソブ





ガマズミ





マユミ



 さらに先に進む。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最初に目指すは、ステゴビルの花     2017.09.23.(2)

2017-09-27 21:36:00 | 山、花、山野草

キセルアザミ



 ホテイアオイの花を観た後、コンビニで昼飯を買い、北上した。一時間ほど走り、目指したのはステゴビルの咲く場所だ。途中、道の脇に山から沁み出した
水が溜まった湿地があり、気になって車を停めた。キセルアザミは鯉ヶ窪湿原で観た花だが、自宅近くでは観たことがない。





オタカラコウ



 道の反対側の乾いた斜面にはヤマハッカが咲いていた。




ヤマハッカ



 目的地に向かって走るが、道の脇に気になる花が咲いていて・・・・










        




 これは去年も8月末頃に少しは見たのだが、今回はそこら中で見かける花。









        

大きくて数が少ない葉、その先が蔓になっている・・・・、オオバクサフジのようだ。



 車に戻り、先を急いだ。目的地への道は途中で進入禁止になっていて、車を停めて歩いて行くことにした。奥の道は自然災害でしばしば通行止めになる。




ナギナタコウジュ
まだ、咲いていない。。。。



 この辺り、なんだけど・・・・



        



        
ステゴビルの花
薄いピンク色をしていたり、純白だったりする。








        










ステゴビル
絶滅危惧Ⅰ類



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

え、何あれ?  一面のホテイアオイの花     2017.09.23.(1)

2017-09-27 07:16:59 | 山、花、山野草
 友人と山に花を観に行く途中、昼飯のおにぎりを買いにコンビニを目指して走っていた。その時、ガードレールの隙間から見えた・・・・
え、何、あれ。そんな唐突な質問に唖然とする友人。

 行ってみた。





ホテイアオイ
町中の池、余程、栄養が良いのかな・・・・






こんな満開は観たことがない・・・・




 これだけ沢山咲いていると、一つ一つの花にまで注意が行かなくなってしまう・・・・・、でも。















 一斉に開花するのは勿体ない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加