雑脱集

日常の出来事を個人的見解で一方的に発言させて頂く日記

高齢者運転死亡事故

 | 社会
最近、高齢者の自動車運転により死亡事故が多発している。
うぅ~ん...これって前から結構あったと思う。

只、立て続けに発生しているから目立っているだけだと思う。

そもそも、高齢者に運転させると言う事は...小学生に運転させることと同じである。

これは、オートマ車の普及が原因だと思う。
小学生でもオートマ車なら簡単に運転できる。

ブレーキとアクセルを間違えたことによる事故が発生している。
マニュアル車では踏み間違いは起こしにくいからである。
その他に逆走や余所見運転による事故が多い。
更に認知症の疑いも原因のひとつに挙げられている


しかし、今、認知症、判断能力、運動能力が注目を浴びている。

多くの事故が都市部で発生している。
何故って、過疎地では人身事故は発生しない。
交通死亡事故以外の自損事故、物損事故は多発していると考えられる。

高齢者が運転し続ける理由は公共機関の縮小、仕事継続のためである。
交通手段がなくなり、車を生活の一部として使っている。
一部の人は年金で生活ができないため仕事を続ける。

今後、高齢者に対して、免許更新時に認知症、判断能力、運動能力の規制が厳しくなる。
いや、甘い。

正直、高齢者はマニュアル車しか運転できなくすればいいと思う。
まず、踏み間違いはなくなる。
坂道発進でうまく発進できなくなれば...自覚して免許返納となる。

子供から老人までが安全な社会の構築に税金を投資して欲しいと思う。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短文メール | トップ | 親の目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL