Diario del companero ocioso

missing Marrakech!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Moonlight

2017-04-19 21:22:54 | cinema
詩的で美しい作品でした。聞いていた通りの鮮やかな色使い、クラシックやスペイン語の楽曲、ヒップホップなど取り混ぜた音楽の使い方も印象的。
成長したシャロンは50セントみたいなルックスで、ちょっと衝撃的だったけど、うつむき下限の癖は少年の頃と変わらず。
かつての強烈な体験を共有した同級生に再会した時の、たまった思いをゆっくり吐き出すシーンが印象的。
助演男優賞をとったマハーシャラ・アリの登場シーンが案外少なかったことや、突然ファンが死んでいることを知ったりと、編集でカットしたのか、
あえてああしたのか、少し消化不良のところもありました。
シャロンとケビンの最後のシーンも、いろいろ想像できるような。あえて分かりやすくしてないのがよいなと思いました。
ナオミ・ハリスも、この映画で知った女優さんだけど、いい女優さんですねー。演技に説得力がある。
MTVのAWARD番組だったか、プリンスのトリビュートのライブが最高にイケてたジャネール・モネイの演技もまたイケてます。
マハーシャラとジャネールが共演している別の作品、Hidden Figuresは、まだ日本公開が決まっていないけど、これも見たいな。

博多に越して初めてシネコン以外の、中洲にあるこじんまりしたいい雰囲気の映画館で鑑賞しました。あそこ、通おう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mad Max: Fury Road | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

cinema」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL