たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

中古クラブを筆おろし

2016年11月02日 | ゴルフ

この素敵なゴルフシャツは春にゴルフ場のハーフコンペ(火曜日は参加無料サービス)で4位に入り貰った。
タグを見ると1万5千円もした。友人も貰ったが派手なので未だ着ないでいるとか。
吾輩にはよく似合うと皆がいう。帽子も赤だ。(昔、缶ビール1箱で朝日ビールが景品にくれたもの)

昨日は天気を心配したが、コースへ着いた頃は晴れて上々のゴルフ日和になった。中古でネット販売で買ったダンロップ・アイアン・ゼクシオ・プライムと、ショートウッドのブリジヂストン・VIQ9番が筆おろしで張り切って行った。

結果はアハハのゴルフでグロス最悪の110も叩きに叩いた。アイアンは軽すぎて全てショートした。
飛距離が出ないので、ドライバー ~FW#3でセカンド ~ボギーオンしたいが、ダブルオンになってしまう。スコアをまとめるには100ヤード以内が大事と言われる。

最近のパーゴルフ誌に森守洋氏が教えていたが、100切りを目指すには30~20Yから3打で、80台を目指すには60Yから3打、シングルを目指すには100Yから3打、という具合にショートゲームが大事と。
そのとおりであるが、昨日はメチャメチャだった。最近特に体力も能力も劣るので楽しむことにしている。

「ゴルできるのが最高」と練習場のお姉さんは言ってくれる。

アイアンは練習場で3回くらい振った感じはまあまあいい感じだったが・・。
美濃市の練習場はネットまで150Y、すべて平坦な芝生なので落ちどころがよく分かる。今までのアイアンより飛ばないな!と感じたがそのとおりだった。ここはダンゴボールではあるが正当な練習には良いところ。

近くのゴルフパートナー練習場店はボールも飛び系で新しいが、落ちどころが自動集球の人工グリーンで斜め、斜めの向う下がりの傾斜に作ってある。なので本当のキャリーが分からない。美濃加茂は打ち上げ、日本ラインGCも打ち上げ、かつ地面がアスファルトで跳ねてしまう。

昨日で今年は25回行った。11月は3回、12月は2回のコンペ予約なので、年間 30ラウンドと上出来。コンペばかりでプライベートは親族との2回だけ。
ショートウッドはまずまずだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呆れる野村証券 その3 | トップ | 歯と健康の県民フォーラム ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゴルフ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL