たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

人生いろいろ

2017年03月20日 | 日記

人生もその人の葬儀の形もいろいろだ。本当はブログに書かない方がいいが義母との関係を書いておく。
昨日送った義母の娘・長女と私は新婚当時住む所もなく実家に居候させてもらって、長男が生まれ1、2年お世話になった。
わたしは弱いくせに酒飲みだったので、当時から義父母の顰蹙を買った。

子はカスガイになって何とか離婚せず、そのうち家を持ち独立したが、持ち家を早くからせっつかれて変な土地を斡旋されたり、実家と土地を共同購入したりと、時が解決する問題に介入され、いろいろあった。
時は経過し、思わぬ不幸で57歳という若さで娘、当方の妻は永眠した。

その後、お盆などで一家が墓参りに来ても、近くの私の家には寄らず、仏壇にお参りはしない義母だった。
最近でも二女、三女の婿さんを招いて法事をやっても私は招かないなど、義母には最期まで嫌われた。こういう話はどう隠しても変なところからバレるのである。くそババアの一面はあった。あるとき親戚の伯母さんが電話して来て「あの人は口が悪いが、悪い人では無いので腹立てないように・・」と。

したがって49日法要には私を呼ばないでくれと、昨日義弟に言っておいた。いままでも外されたのであるから。
事を荒立てず親戚付き合いを、そこそこにやって来たのは、私が年をとり穏やかに折れてきたからである。

ここらが一区切りの時機になって、もう亡妻の実家へ墓参りや、時候挨拶に伺うことは疎遠になるだろう。
それでいいと思っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成田山新勝寺・名古屋別院 | トップ | 呆れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL