たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

ツツジが咲いた

2017年04月21日 | 日記

庭の貧弱なツツジの株の幾つかが咲いた。ゴルフコースのツツジは大きくて満開だった。

せっかく咲いたフリージアは雨に弱いので束ねた。


喉と鼻水風邪は少し良くなった。夜も早く床に入るが悶々と寝返りし、入眠剤も服用する。
ちょっとしたことに病重い体質になった。

二度寝して9時頃モーニングに行った。お姉さんが「今日は早いね」というので「風邪が良くならないので人にうつしてはいけないと思って・・」というと、「治らないのに来てはいけないのに・・」と口には出さず苦笑いされた。

一旦帰宅したが、ウジウジ滅入るばかりなので打ちっ放しへ行った。入口で0B仲間らしいと思ったが顔を合わさず受付へ行った。打席へ行き暫く打ってら、尻をつつかれた。今度はコンペの幹事で骨折ってくれる人だった。さっき会った仲間がこの席で打って上がったらしい。

喉の赤みと痛みは和らいだが鼻水の薬を貰えなかったので治りが悪い。前立腺肥大で尿の出が悪いと、鼻水薬は害になると処方されなかった。
膀胱がんの内視鏡術を2回やり、後の定期検診で膀胱鏡検診を5年受けた。そのカメラで膀胱内が濁って検査できないことがあり、洗浄をして検査されたことがある。オシッコのカスだそうで、やがて石になり手術をすることもあると言われた。それから利尿剤ハルナールを服用せよと指示され、地域連携で開業医へ通知されている。
毎日は飲まないが、出渋りがひどい時は飲む。もう8、9年もプラスチックコップを排尿カップとして片手に握り用を足す。息する度に途切れてチビチビ出るためです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フリ-ジアのつぼみ | トップ | 眠られぬ夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL