たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

今日から神無月

2016年10月01日 | 日記

・「モリド」か「モリツチ」と読むのか、モリツチではないかと1週間ほど前あるブロガーさんが書いていた。
今日の朝日にも読者からの質問に編集部が答えていた。質問者の一人には小泉純一郎さんもいたらしい。
結論はモリドは業界用語だそうだ。国語学者の金田一さんの答え、モリドは訓音読み、モリツチは訓訓読み、普通は音読みか訓読み、例外が「重箱:じゅうばこ」読み(音訓読み)と「湯桶:ゆとう」読み(訓音読み)のような読み方がある。

重箱読みとか湯桶読みなんて知らなかったね。9月30日の朝日は「五輪会場 宮城移転も言及」と見出し。とうとう皇居も移転なのかと思ったら、ミヤギ県だった。これは訓音読みか。台風中国へ上陸か、とあればやれ日本を避けてくれたと思ったら、広島など中国地方のことだった。これからは支那と表記してくれ。

・1月解散説が出て来ている。与党幹事長も野党も「常在戦場」などとのたまう。靖国の英霊が嘆いているだろう。選挙で落選したのを戦死などというな!と。国会議員や県市議会議員の半数以上の輩は落選し戦死したほうが皆のためになる。
1月解散の根拠はプーチン大統領が12月に訪日する予定、安倍首相の地元で歓迎行事の予定。外交的戦果をアピールし解散に打って出るとか。下関のフグチリで歓待しふぐ毒に当たって2人ともコロリなら世界中が喜ぶだろうに。

2026年アジア大会が名古屋で開催が決定、他の国や市の立候補がなかった。開催経費850億円、行政府負担上限は600億円、県と市の負担割合は2対1で名古屋市長が合意した。10年先など生きていないが、人気もないアジア大会などやるべきでない。オリンピックでさえ24年夏季大会を米ボストンやローマなどが招致活動から撤退した。バカげている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危うい東京五輪 | トップ | 子は親に似る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (茉那)
2016-10-01 12:38:03
「盛り土」はやはり建築業界の専門用語で「モリド」と湯桶読みをするようですね。

わたくしは狭い世界で生きていますので「知らない言葉」が多く、毎日毎日「モリド」という言葉が躍るのを聞いて、「えッ、モリツチじゃないの?」と一瞬思い、多分土建屋さんの専門用語なのだろうなあと
推測していました。
当たり!でした。

それにしても小泉氏もご存じない
「言葉」だったのにはちょっと驚きでした。
さすが文学士 (corona404)
2016-10-01 12:57:34
茉那さんのブログを読んで、湯桶読み、と重箱読みをネットで検索し、勉強済みでした。
さすが文学士、感心感心!「突沸」なんても初耳だったね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL