たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

郷土の演歌歌手

2016年10月08日 | 日記

今日のお昼NHK/「BS新・日本のうた」に、当県池田町出身の石原詢子(じゅんこ)が、福田こうへいと主演を張って出演していた。

0115 ♪ 港ひとり ☆ 石原詢子 ◇ ① 150609

詢子さんがこうも順調に出世するとは当初思わなかった。岐阜県出身では1970年代の新御三家、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎の野口さんがダントツで、後は盲目歌手の竜鉄也さんくらいかな。竜さんは先年亡くなって名誉高山市民に推挙され市長が葬儀に報告された。

石原詢子のブログ、先日故郷の催しで歌うと地元新聞に出ていた。
当方と同年の北島三郎の傘寿を祝う番組を少し見たが、「芸道五十五周年 感謝の宴」に出席させて頂きました。と報告している。

ついでに野口五郎のブログも覗いてみた。高山市から正面に見える野口五郎岳からとった芸名らしい。
彼は元気なようだが西城秀樹さんは度重なる脳梗塞で少し元気がない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呆れることばっかり | トップ | ミステリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL