たそがれ時のつれづれに

人生のたそがれ時を迎えて折々の記を・・思うままに

床反力・ゴルフスイング

2017年05月14日 | ゴルフ

喫茶店で読む「週刊パーゴルフ」誌に「床反力」(ゆかはんりょく)という初めてお目にかかる言葉で、ゴルフスイングを解説していた。

「床半力」の画像検索結果

インパクトの瞬間、足の踵を浮かせつま先で支え、ジャンプアップしてパワーを増大させ、飛距離を増やす打ち方です。昔、ローラ・デービスが両足を浮かせ打っていた。

「ローラデイビス」の画像検索結果

クラブを縦振りし、右手を左手にぶっつける要領でスイングする。左腰が自然に伸びあがりパワーが増す。

先日練習場で試してみた。器用に両足を受かせることなどできなかったが、テークバックで右踵を浮かせ気味に立ち、地面に下ろすタイミングでバックスイングするとスムースだった。

これも床反力だろう。(ネットには「地面反力」という解説もあった)

前から知っていて時に実行するが、ドライバーで飛ばしたければ、地面からヘッドを浮かせて構えスイングすると、体と腕の振りが一体化し距離が出る。吉田由美子プロなどもやっていた。

アイアンは練習場でも8割の人が、ダフって打っていると言われる。

先日はアイアイアンも少し浮かせて構え、右踵浮かせの構えから、バックスイングすると、球に先行してヘッドが当たり、「カツーン」という音になる。#4、#5でも立派に打てた。

プロの試合を見に行くとアイアンの音がカツーンだ。
練習場ではいつもいいのに?山へ行くと?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツバメさんの子育て | トップ | 世にも不可解なレシート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL