コロの瞳は1万ボルト

柴犬コロ姫(鹿児島)死して一番星で輝く!コロの介護奮闘記に続き、ペットロス後の徒然記!

“正義”という椿の花

2017-02-12 | 赤柴犬
 私の自宅の庭に出ると、愛犬「コロ」の運動量が減り、庭を歩き回らせていたことを思い出します。【ブックマーク~爪管理後悔先立たず】 ● 私が接いだ花梅の“乙女の袖”“朝日鏡”が満開状態、“緋の司”が咲きだしています。鶯が隠れるくらい大きな花梅と紹介しました“鶯隠”は蕾が膨らんできてはいますが、咲くのが遅い方で今からです。今日は、私の自宅庭に父が接いだ“正義”(まさよし)という椿の花の写真を紹介します。次回は水仙を少しばかり。  
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “桜島冠雪”の写真 | トップ | “水仙”の花の写真 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

赤柴犬」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「海王丸」鹿児島寄港! (コロの瞳は1万ボルト)
● 大型帆船「海王丸」(2556トン)が24日、鹿児島市の鹿児島本港北埠頭に寄港し、優美な姿を写真に収めようと市民が訪れているという事が、ライトアップされた写真と共に......
“花梅”咲き始める!(Twitter連携) (コロの瞳は1万ボルト)
 ● “花梅”の咲き具合の確認のため、車で15分位の実家に帰ってみました。管理が行き届かず、父が育てていた頃の花梅の面影はありませんでしたが、ぽつぽつと咲き始めていま......
“花梅”の魅力! (コロの瞳は1万ボルト)
● 梅の花については、私の父が生前“花梅”の趣味があり、色々な種類の花梅を“接ぎ木”で増やし鉢植えにしていました。梅の花の咲く頃は花、香りともに素晴らしい出来栄えで、......
“花梅”の魅力!(Twitter連携) (コロの瞳は1万ボルト)
ペット愛好家の方にも、“花梅”の魅力をご紹介します。下の写真は“見驚”いう花梅だと思いますが、間違っていたらすみません。綺麗な花梅です。 ● 花梅の“接ぎ木”に関して......
“花梅”の魅力2! (コロの瞳は1万ボルト)
● 色々な動植物には、その個体に似合った名前が付いているものが多いですが、花梅も名前を付けた動機とか特徴が表れているものが多いように思われます。例えば“鶯隠”、“駒止......
“花梅”の魅力2!(Twitter連携) (コロの瞳は1万ボルト)
● 上の写真は、“鶯隠(うぐいすかくし)”という花梅です。鶯が隠れるくらい大きな梅という意味でしょうが、実際の花弁は大きくても4cm位でしょうか。 goo.gl/jwXZTJ — 大ちゃん (......
“花梅”の魅力3 (コロの瞳は1万ボルト)
● 上の写真は、“流水香”という花梅です。花弁の周りに白い覆輪がかかっているように見えますが、この流水香という花梅は、枝垂れもあれば枝が普通に上に伸びるのもあります。......
“花梅”の魅力3(Twitter連携)  (コロの瞳は1万ボルト)
※ ペット愛好家の方、古いPCの中に何枚か見られる写真が残っていました。下の写真は光の当たり具合で、先に紹介しました“月蔭”(つきかげ)とは違うように見えますが、愕の......
“花梅”の魅力4 (コロの瞳は1万ボルト)
● 今日は最初に、一重の花梅について紹介してみたいと思います。一重の花梅は、八重の花梅に対してシンプルで見劣りする(?)から、写真も少なく良い写真がありませんでした。......
“花梅”の魅力4(Twitter連携) (コロの瞳は1万ボルト)
※ ペット愛好家の方、上の写真も、下の写真も父が好きだった“乙女の袖”です。 ● 上の写真はピンボケしていますが、“玉簾”(たますだれ)という花梅です。文中の紅梅は左......
花梅”の魅力5 (コロの瞳は1万ボルト)
● 私の実家は鹿児島市郡山町で、私の自宅の鹿児島市“伊敷ニュータウン”から車で15分位の、甲突川上流の山間にあると言うことはお話しました。今日は妻とその郡山町に行き、......
“花梅”の魅力5(Twitter連携) (コロの瞳は1万ボルト)
※ 私の自宅庭には、私が接ぎ木した花梅が5~6本あります。まだ小さい木もありますが、その中の“乙女の袖”の写真を紹介します。 下の写真です。【ブックマークも再読してみ......
花梅の魅力~含再掲 (コロの瞳は1万ボルト)