元コロンビア

見たい人向け

あおき

2017-06-12 17:37:29 | 日記
クッソ疲れてまっすぐ帰りたいが時計を5分進めて早く帰りその足であおきへ。 今日から丼交換開始ということでどうも18:00前には外に並んでるくらい
の猛者どもが押し寄せてたらしいなw 自分は18:00過ぎ着で店内8割強キープだった 無事丼入手に成功した。 ミッション失敗したとしても券売機の
ボタンならどれでもロハってことですげー太っ腹だなと思ったがそもそも券売機にはチャーシューなんとかやら全部入りなんとかってのは設置されておらず
オプションで別途券を買う方式なのでダメージは最小限に抑えられてるようだ 企業の基本給システムみたいだな・・・。 丼もらって何も食べずに帰っちゃ
う客もいたりだけどここまで来たんだしということで油そばを それと生卵も。 食券渡して席についてから気付いたが中盛りまでサービスっぽい? 渡した
時にはノーアクションだった・・・。 さすがにこーゆー日なので店主が直接食券受け取ったりとお客さんと密に接触してるのはいいことだと思う ラーメン店
は特に店主が本店にいてなんぼだと思うので。 逆に言って本店にいないとこはなんだかなぁと思っちゃうのが世の中大半だと思うし。

しっかしもらった丼に財布やらスマフォンを入れて卓上に置いてるのが多いんだが料理に携わる者として食器にそんなん入れてお店の人に見えるように
してるのは冒涜にしか見えんのだが・・・・。 あまりにクッタクタすぎて写真撮り忘れるほど。 クソラヲタとして出来上がりを前にして忘れるなんてあり得な
いなんだがそれほどまでに。

久々なので期待して口にしてみたらかなりタレ味がドギツかった こんなに味が濃かったっけか? まさにタレそのものが絡んでくる感じで油でのコーティン
グやスープ足されてての緩衝がまったくない味わい。 唐辛子もかませてあってその辛みからの味の強さもあってダイレクトでだと味が濃すぎてしんどい
なこれ。 煮干し粉からのブーストもあって味わい深いが第一なのはタレ味の濃さ。 そのまま食べるのは4口ほどにして早々にラー油を使用したらこれ
入れてからが完成形だった。 やはり油コーティング効果でタレがやわらげられ、さらにフルーティーなラー油の味で桃源郷だった。 終盤にさらに投入で
結果としてまわしかけ時間5秒×2 容器からかなり減らしてやったぜ。

悪くはないんだけど麺が平均すぎて面白くないところが。 どーしても製麺所のだと整い感が高くて標準的な味に行き着いてしまう感が。 一概に自家製麺
がいいとは言わないが個性は出ないのは否めない。

意外とキャベツの量が多く味の逃げ道に。 しかも芯を外して仕込んであるっぽい。 肉はこないだの生のとは違ってちゃんと加熱されてるのでこっちの方
が億千万倍いいわ でもあの生のを好評価なのが多いのが現実 ホントにうまいと思ってるのだろうか・・・。 高菜というアイテムは味が強すぎて豚骨な
んかでも一切使うことがないもので昼はそれなんだけど夜はもやしになっててもやしっこの自分としては即バイト。 てんこ盛りでもらってきたけど中には
2回お替りしてるツワモノもおった・・。 これ思ったより辛くて油そばにはいいけどあっさりのには合わせにくそうに思えた。

なんたって味が濃いので生卵は必須だった しかしこれ提供スタイルが器にダイレクトに殻付きのが置かれてるんだけど自分らにとって生卵ってのは汚染
物質だと捉えてしてサルモネラの発生源 なので扱いには厳重注意なものであり、卵殻よりも卵液に多いとは言え腸管経由で出てくるものであり洗浄は
されてサルモネラチェックされてるのかもしれないが極例で1万個に1個当たりだとしても1パック10個と考えると当たる可能性は低くはないわけで、なの
でうし丼屋でも受けと混ぜ用の2つが出てくるくらいだしこの辺非常に気になった。 また割った殻を受けるものがなくトレーに直置きにせざるを得なく、
そしたらトレーが汚れちゃうのも飯屋側からすると申し訳なく、また卵白は固まると汚れが落ちにくくなるのもあって非常に心苦しく。 なので帰り際に後者
の方は伝えておいたが・・。 この先夏になるにつれてサルモネラ増えるしな。 さておき馴染みのお店ならともかく 生卵にタレくださいなんて言い出せ
ないので丼の底に溜まってるのを汲み出して投入 単純に生卵のみの状態よりも味に活気が付く そしてそこに麺をくぐらせても味が弱くならない これぞ
奥義 玉子神拳である! 実際そのまま食べるよりも半分はこの奥義が活躍して食べ進んだ。 残りちょっとになったら丼に投入 底付近のさらに味が
濃いのも緩和された。

そーいえばスープはセルフで勝手にどーぞだと思ってたけど以前あったところに見当たらない。 テーブル外側に移動されてたのでもらいに。 置いてある
のが横レードルで横レードル大好きっことしては使いやすいが一般の人は玉の方が馴染みがあるんじゃ? まあ横の方がこぼれず注げるかもしれん。
最後生卵投入しちゃってマイルドになっちゃったので味の伸びは実感できず、スープ自体も薄いダシでピンとくるものがなかった。 つけだったら特に素
となったスープで割ってなんぼだと思うわけで、濃いのを単純に薄めたいわけじゃぁないのでこの手の別薄いスープのとこはノーサンキューなのです。


ちっと味が強すぎに思えたが歳のせいか ここの油そばは世界一だと思っていたが。 ラージャンいっても平気だけどこの地味な辛さを感じるしぶりっ腹
に翌日なった・・・。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごのにく | トップ | かせん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。