元コロンビア

見たい人向け

かっぱ

2017-05-19 17:58:37 | 日記
他店舗化 か・・・。 自分はストイックに突き詰めていくタイプで手広くやるという考えとは相反するのでどちらかというと大反対なわけで。 そもそも
現段階でかっぱというブランドが一般的に認知度が高いのかどうかがまずもって問題に思え、細くやってくならいいだろうけど今後太く長くやっていくには
まだ力が足りてないと思う。 例えばかっぱと聞いて記号化されたイメージがすぐ頭に浮かぶかどうかだけど少なくとも自分はトマト?シーフード?くらい
であとは思いつかないし、Tシャツ販売したってのあるけどあのデザインもパッと見ただけで あぁこれはかっぱのだな!とわかるものでなく、よくよく見て
もかっぱなのかどうかもよくわからん。 現状こんな感じなんだが手を広げてってブランド力で売れていけるものなのか?味がいいからそれで押していく
という戦略なのか。 ごのかみが系列がどれも認知され評価に繋がっているのはテーマがかっちり決まっていて、どの店舗でもそれが戦略化されている
のと、何よりもこれだけ手広くやっても社長の言動が欠かすことなく常時発言されていて、それがブレのない 人間としての個性として世に広く周知されて
いるというキャラクターによるものなのは明白。 でもかっぱはこの辺ピンとこない。 そして商売ってのは 持論として前から述べてるように「店は人に
つく」ってのがあって、食べに来るのはおいしいからだけではなくその人に会いに来るって意味合いも非常に大きいと思う。 仕込みは別の人がやっても
店主店長が作っていればおいしく感じるというもの。 なので今回福生からワッシーがいなくなっちゃったら自分の中では福生店はかなりの度合いで新店
扱いになるわけだ。 もちろん社員を育成しなければならないというのはあるが、最初の地の福生なんだから創業者がいてもいいくらいであるがそれが
なくなっていくと根幹が失われるように思えるのは自分だけであろうか?

そんなわけで今回訪れるのが新生福生店としての捉え方になる。 限定でしょーが焼きというのは興味あるし、新たに店長になった人物の力量を計る
にはいいのかもしれない。 この日は珍しく定時での仕事で、でも早番ではないので夕からになるがちょーど帰宅時間で道が混んでてストレスがマッハだ。
麺は少なめで。

書いてあるのには 肉が100g乗ります!ボリュームありです!みたいだったと思うが100gの肉なんてたいした量じゃないのもあって出来上がりは
こんもりではなく肉が入ってます体。 そして紅しょーがが多めに乗ってる。 食べてみてだがこの紅しょーがが致命的な致命傷・・・・・。 完全にこの
味に押されまくりだった・・・・・・。 見た目通り一番安いようなやつで屋台の粉物のような激烈チープ味が全体に拡散していく・・・・・。 これを上回る
ような力がスープにあればもしやだけど豚骨と書いてあったスープはこの紅しょーがも、しょーが焼きの力も受け止める余地はなく。 もしかしたら
しょーが焼きと合わさった時のバランスを考えてこの薄さなのかもしれないけど、それにしても圧倒的なまでのチープ紅しょーがで壊滅的に。 もっと
こう 豚肉に対して適合してくる豚スープかと思ってたけどなんだかかなりやっつけな賄いの範疇の出来に思える。 そして極めて印象的だったのが
スープがぬるいこと。 自分はチンチンに熱くなくても別にいいわってタイプだけどそんな自分にしてもこれはかなりぬるいと思う。 ので他の人だと
相当なぬるさに思えたんじゃなかろうか。

販売価格が安いのもあるけど肉がいかにもな冷凍輸入肉でおいしくなく・・・。 しょーが焼きにしても自分の思う甘っ辛さがなくしょーがのシャープな味
が目立ち。 キャベツはなぜかデカいのが1枚ぺろりと入ってきてた。 あとはベストもやし これ太いのはいいんだけど折れてるタイプなのが自分は
好きくない。 

麺は太麺でちょーどいい茹で加減。 少なめでちょーどいいくらい。


正直な話 1ナウトだこれ 3アウトでチェンジの予感・・・・・。 贔屓目や人が変わって偏見ではなく、ワッシーが作るのはくやしいけどなかなかにいいもの
作ってきてたがそれがいなくなっちゃってだいじょーぶかこれ? おためごかしで体裁整えるために褒めちぎるようなことはなく、正直に感じたことその
ままがこの場の運営スタンスだがこれはイマイチ感に満ちていたと言わざるをえない。 ワッシーと話す機会も失われたし、福生かっぱはスルー案件
になりそうだ・・・・。 ただ 仏の顔も三度までという名セリフがあるので2アウト取るまでは まあ。 と思いきや、ケンバンドじゃなくなってくせぇJポップ?
みたいのになってて自分の中ではすでに2アウト状態なんだが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まる | トップ | ひびき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。