元コロンビア

見たい人向け

まる

2017-05-17 19:39:27 | 日記
情強の自分はごのにくで未食のが再開という情報を掴んでいるがめんどくさいのでこっちで夕食を済ますことに。 前回のスパイシーがいい出来だった
のもあって再び。 麺の量を減らしてワンタンをつけて。

何も言わず普通に茹でてもらってこれも麺がやわい。 まあこの手のでやわいのは本家っぽさがあっていいっちゃいいけど前回の普通の茹で加減がいい
感じになってたのでそれを思ってた身では肩透かしだった。 通常だと250gもありやがるので少なめ安定なわけだが、そこにワンタンをつけることで麺と
は違った食感が爆誕するのでこのセットは不可欠である。 ワンタンも一昔前は品質が安定しなかったけどここ最近は均一になった。

つけ汁は前回はかつおの印象が大きく貝の味が希薄だったが今回のは従来のイメージ通りの魚貝のものに戻っていた感が。 なので魚よりも貝の方が
しっかり。 粉っぽさも介在してきた その分か以前よりもがっちりとした辛さが だがそれがいい まさにこれスパイスの大権現。 個人的にこれについて
くる酸味が足りないので酢を足してもらい。 本家の甘辛酸が構造的に作られた味に対し、これはダシっぽさを感じるところがオリジナリティに繋がって
いると思う。 

肉がピンクから変わって劇的に変化した やはりこうでなくてはならない。 ピンクって平成の現在有象無象の存在で 俗に言うまたお前もかなわけで、
こんなんやってるのが後に黒歴史になる可能性極大だしやめた方が絶対いいのにな。 逆にマルチャーはここで出てくるものとの相性が良く、自分は
過去の雪ん子タイプの太麺の時のとの相性がベストだったと思う。 今回玉ねぎを切ってるのを目撃したんだが、見ちゃったよ 剥きじゃねーか・・・。
見るのが見ればわかっちゃうんだからそーゆーのは隠れてやっておくんなまし イメージの悪さに繋がるですわ・・・。 まあ安いからなんだろうけど国産
の使ったりせんと季節を感じにくいと思うし、酢酸処理してあるので味はよくないのよ まあちょびっと入ってるだけで食べて剥きだなんてわからんけども。

スープは魚貝の方をもらいます さすればつけ汁としてどんな構成になっているのか、どんな考えでの料理なのかがかわるのです。 ほむ、やっぱし魚
っこさは鳴りを潜めた。 そして熱が復活することでクソ辛くなり、これを飲み干すべく戦いになるのが醍醐味でございます。 これつけ汁の量が多いので
自分はこれの半分でいいくらい。 なので多く残ったつけ汁は半分こぼしてスープもらわないと後々ノド乾いてな。


前回の方が 魚貝のテーマからは外れるが 道に沿ったものだった 今回のはイメージ通りのものだった。 麺がなぁ ベストな状態で出てきてほしいもん
だ これはやわらかめでもいいが。 ところで例の勝田台はGW以降「しばらく休みます」になった 何だおい5月病か? このパターン、また半年は休業
だな・・・。 そして自分は次回水曜はどうあがいても抜けてこれないので限定休みに。 生きているので精一杯だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まる | トップ | かっぱ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。