(´・ω・`)週マガのクソ化が止まらんな

いつ樹 「鴨出汁醤油ラーメン」@羽村

2008年09月13日 | いつ樹
鴨出汁醤油ラーメン 800円

最近は朝早い時間の仕事ばっかにしてるから風呂入って
20:00くらいには寝ようってパターンで、寝る前に巡回
してたらいつ樹で限定、しかも好物の鴨だとな。 明日は
天気よくなさそうで、雨の中行くのもおっくうだし、夕食とって風呂入った後だけど出撃することに。
夜になれば白バイはいないからブンブン走ってける。 でもやっぱ羽村は遠い。

そーか、世間では今日から3連休なのか。 ってことなのか、常時満席状態で。
限定はちゃんと別個に作ってるのを見て、丁寧な仕事だなぁと。 俺はすっかり 味薄めの人
って認識されてるみたいで、声かけてくれたけど、初めて食べるのだし普通でお願いを。

見た目、シンプルながらも調和があってキレイな盛り付け。
食べてみて、ありゃー こりゃ麺がおいしいわぁと。 自家製麺なんでしょ? よくこんなすごいの
作れるな。 センスがいいんだろう きっと。 最初はピッとしなやかな弾力があって、時が経つ
と馴染んできてしっとりとしてくる。 そしてスープ以上に味がある。 煮干しの時の麺もこんな
感じだったらさらに個人的に好みかも。

鴨ってことで、果たしてどんな出来かと思ったら、さほどでないような、もっと鴨々してるのかと
思ってた。 好きな素材なのでまあそれなりに触る機会もあるし、そばでの鴨汁で鍛えられてる
分、ラーメンにしては鴨度がそんなに高くなくて。 むしろ表面の油が多くてそっちメインで
味が出来上がってる印象が。 俺にはかなり量が多くて、スープを口にしてもその油感が
すごく強い。 ラーメンだったら、鴨濃縮ってなぐらいがよかったな。

なのでそれを補うのに、具として入ってるロースを口にしながらだと具合がよく。 これも
作り手のセンスがよくて、鴨汁とかだとビンビンに火が入った硬いのだったりするけど、
旨味が逃げないように上手に仕上げられてるので一口噛むと味がほとばしり。 これの
おかげで鴨味が成り立ってると思う。

あとはいつものメンマ。 今日のはすんごく硬かった・・・。 ミツバの清涼感が鴨の重厚さと
マッチしてたのがよかったな。


どうしても鴨汁のようなヘビーさとくらべると、ましてやラーメンなので俺には物足りなさが
若干。 身も心も鴨に染まるぜってなくらいだったらランランルーだったかと。
隣りの人が食べてたつけ麺の香りが暴力的で、これ食べた後追加で注文したくなる誘惑と
戦うのに苦しめられ。 近日中に海老つけ麺やっつけに来ないとな・・・。 そして眠い。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凪 「ジャンク」@立川 ラ... | トップ | パワー軒 「支那そば」@立川 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。