(´・ω・`)おれさま はるきゃべつ たべまくり

いつ樹 「カニジャンク」@羽村

2008年09月21日 | いつ樹
カニジャンク 900円

カニってことでこれは見逃せなく。 安全週間で怖いけど幸いにして
雨降ってきてくれたので白バイの恐怖もなくなり。 ウェットな分速度
は低下で時間かかるけど。

これは見た目キャベツともやしでカニ二郎?ってな印象。 それにやわらかく炒った卵。
食べてみると渡りの強い味がする。 そこにいつ樹らしいスープが合わさって。
で正直な話、この味だと予想してた範疇内だったので驚きはなかったなぁ。 自分で色気の
ある芙蓉蟹作る時に、カニ油作ったりするんだけどその味とおんなじだった。 苦いとは違う
んだけど、アクというか独特の味の強さが出てて。 かなり油が多くて、これはカニの味は
この油にまかせてるってな感じ。 アンモニアのにおいが出てないのはいいんだけど、渡り
特有のクセのある味が中心になってる。 うーん、個人的にはこれを抑えて旨味だけ って
んだったらすごいと思うんだけどなぁ。 俺には出来ないけど。

あとは今回も思ったけど、俺にはあじくーたなんだよなぁ。 普通の人にはこれくらい味が
濃いい方がいいのかなぁ。 ジャンクってことだから味付けも濃くってことかもしんないけど
飲んで味わうのがちとしんどく。 いつもはおいしいスープなら完食直行なんだけど、二郎
並みに濃くて全部飲めずに残しちゃった・・・。 割ってくれってのもあつかましいしなぁ。

さておき麺がすごい! みんな大好きかと思われる二郎ライクな平たく太いゴワゴワしたの。
よく ワシワシって擬音で表現されるけど、その麺。 スープがかなり濃い味なのでちょちょっと
噛んで飲んじゃったら味わい半減だと思ってよく噛みしだいて食べるとやっぱしおいしい。
ってかいつ樹は麺の扱いがすごく上手だと思う。 いろんなタイプの麺をしっかりきっちり
仕上げてくるんだから技術の高さと、毎回思うけどセンスが秀逸だ。 何気にね、海老つけも
この麺でいきたいと思っちゃったり。 色が浅黒いってのもおいしく思えるポイントかと。
逆に変に真っ黄っ黄だと逆に食欲減退なのか。 いま気付いた。

具はチャーシューブロック、かに玉みたいの、キャベツともやし。
キャベもやし、いいねぇ。 味わい的にも軽さと甘みを出してくれるし、食感もポキポキと。
しかもいまの時期は締まった硬くて厚いキャベツばっかだと思うんだけど、やわらかくて
ふんわりしたので余計おいしく。 もやしも鮮度がよくて、もやしだけにはうるさい俺も
満足。 これ、選ぶ人の目利きがいいのかしら? チャーシューは皮付きのでなく? なんとなく
いつものより肉々しい感じだけど、たまたま切った部位に差があったのかも。

卵のは水気の多いのを合わせて出来たような炒り卵のやわらかいののようなの。 肉とネギと
カニがかませてあって、こないだの替え玉ののように少し辛味も。 ゴマ油使ってあってその
香りが丼の全体のカニにちっとジャマしてる感じがした。 スープは明らかに渡りだけど、
これにかませてあるのはズワイかと。 スープの方に負けることなく、こっちはかなりズワイの
味がしてくる。 肉も入ってるのでボリューム感もたっぷり。 ただ、これにもかなり強めに
アタリつけてあるので、混ぜこぜにして食べるとさらに味が濃くなっちゃってもー大変。
これならむしろ白飯をくださいと。 白飯あればさらにモリモリ食べれたろうに。


全体としてはおいしいことに間違いないんだけど、いかんせんやっぱ俺には味が濃くて・・・。
塩っ気でなくてダシの味で輪郭と食べ口がしっかりしてる方が俺は好みだなぁ。
あとはやっぱしカニって食材は難しいなんだなと再認識。 複雑に手を加えて調理過程を
重ねるよりも、素材そのままに軽く補助するだけの方がおいしさとしては上なのかも。
火を長く加えるとどーしてもクセが出るし、甘みも消えちゃうと思う。 茶碗蒸しとかでやわら
かく火を通したりしたのとかが俺は好きなので。 そしたら香油でなくて、身の甘さを活かした
餡にするとかはどうだろ。 そうか、今度作ってみよ。 
 油を媒体にカニ味なので必然的にオイリーになっちゃってるのも俺にはしんどく。 まあ
若ければ無問題なんだろうけどおっさんにはしんどくなってきたのよね・・。 

 自分で作ってるような味の延長だったので驚きはなかったけど、おいしいことはおいしかった。
ただやっぱ限界の一線は越えてなくてそれが残念だったなぁ。 ってことで以前きら星でも、
思ったけど未だ至高のカニラーメンには出会えておらず。 カニはラーメンにすると難しいん
だろうなぁ。 真のラヲタならこの後に骨豚亭@小作の同系の限定に直行なんだろうけど、
お腹いっぱいになっちゃったのと、食べ砲台サンのとこで見る限り、クリアなスープなので濃いい
味のあとじゃしっかり味わえないだろうなってことでそのまま帰ってきちゃった。
 で、明日から青樹は味が変わるってことで、食べてる最中に声かけてくれたので聞いて
みると、当初の予定通りクリアな端麗のになるんだって。 さぁ、明日も予定に組みました
ので、さっそく伺いますよ。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壱七家 「ラーメン」@立川 | トップ | 青樹 「煮干しらーめん+ワ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。