enna∞Moon closet

身長130㎝♪ハイパーminiスタイリストふぅ∞の、エロく愉しく生きるコツ☆実践&公開blog♪

【似合う服の選び方☆】だから、『好きな服』を着よう。

2017-08-10 13:09:18 | ├似合う服の選び方
似合う服ってね、
つまり自分が好きな服なんですよ


それこそが、
自分に似合う服選びをするための
唯一の方法・基準となりますので


本日もまた安定の大長編となっておりますが
どうぞお付き合いくださいまし



これまで、
コア服スタイリングを受けて下さった
皆さまにはお伝えしてきたこと^^

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
コア服スタイリングは、
「“今”“ここ”のあなた」
に向けてやっているので、
永久保存版☆というわけではありません。


コア服は、ご自分の気持ちが変わられた時、
人生の転機があった時、
人生の節目節目で変化してゆくものです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

とまぁ、お伝えしてきたと言っても
スタイリングレポートに
記載していただけでしたので(ヲイ)、
(*スタイリングレポートは廃止となりました)

改めて、
《コア服=似合う服は変化してゆくもの》
について、また、

《似合う服って何ぞや?》について
詳しくご説明をしたいと思います

スタイリングでオススメする服、
【コア服】は、永久保存版ではありません。

・気持ち(気分)の変化
・人生の転機


で変化してゆくもの、
と考えています。

それは例えるならば
こんな感じです。

同じ人間でも、
とても機嫌の良い時と
とてもイライラしている時では、

人に与える印象が全く違う
と思うのです。

それと同じように、

人は
心の状態によって発する雰囲気が変わる
似合う服が変わる


ということなのですね。

心の状態(喜怒哀楽、不安感、幸福感など)が
体の状態(姿勢や、内臓の元気さ→肌や髪のツヤなど)を作り、

その体の状態が
全体の印象(雰囲気)を作ります。

だから、本当に細かく厳密に言えば、
一日の中でも

着ている服が似合う気分の時と
似合わない気分の時があるくらい。


ほんとうは、それくらい
服と心の関係性というのは
細かく細かく変化しているものなんですね。

もうここまでくると
服と自分自身の「気」が合っているか。
「発する波動」が同じであるか…
みたいな問いになってきますが(笑)。

でも、服が似合うとはつまり、
服と着ている本人が馴染んでいる
=違和感がない
、ということなので

そういう視点になってくるのは
ごく自然なことかなと思います。

だからこそ、
コーディネートや着回しといった
技術的なことだけでは、

本当にその人に似合う服は選べない。

と感じています。

服と心の関係性には
三種類しかありません。

1.好きで、似合っている服
2.似合っているけど、好きじゃない服
3.似合わないし好きじゃない服


1の『好きで似合っている服』に対して、
2と3の
・似合っているけど、好きじゃない服
・似合わないし好きじゃない服

この二つの共通点は「好き」がない
服に対しての「気持ち」がない。

つまり、
服と心の距離が離れてしまっている状態です。

距離が離れてしまっているということは、
服とあなた自身との間に距離がある、
浮いて見えたり、服に着せられてる感、
違和感を発してしまう


そうなると、
どんなに手を尽くしたところで(一生懸命コーディネートを頑張ったところで)、結局は

『なんだかしっくりこないファッション』
似合ってない

になってしまうんですね。

(まぁだから、
こちらも厳密に言えば
「似合ってるけど好きじゃない」も
似合ってない、に含まれるんですよねー)

そんなわけもあって私は、
好きじゃない服をどうにか似合うようにしたい(タンスの肥やしと化してる服とかね。。)」
というご要望には

今までも、これからも、
一切お応えするつもりはありません
固くお断り致します。

好きじゃない服を好きになるための
労力をかけるなら、

好きな服を着れる(選べる)ように
なるためのサポートがしたいからです。
*服を男に置き換えると分かりやすいかと^^☆

服と心の距離感が、似合う、似合わないという印象を決める。

というのは、実は
逆のパターンもあります。

例えば、
・好きだけど、勇気が出なくて着れずにいた服を、「着よう!」と決めた時
・内面が変わることで、「あれ?この服案外イケてるかも?」

と、服に対しての想いや印象が変わった場合、
こうなります。

服と心の距離が縮まる似合うようになる

(そもそもが手元にある時点で、
「好きで買っている」
可能性は大いにありますので、

似合う服へ変化する可能性も
充分にあり得ます♡

*ただし、他人への見栄や、
捨てることへの罪悪感、

高かったし…という
お金>自分の心地良さ
となっているような場合は除く。)

そんな風に、
服を変えなくても
気持ちが変われば
似合うようになる服もあります。


ファッションの好きも嫌いも
似合うも似合わないも、
すべて自分の心次第なのですね。


だからこそ、
服を選ぶ時には
『自分の気持ち』に
一番敏感でなければなりません。


(値段とか着回せるかとか、
そんなのは後からいくらでも
どうにでもなるからね^^)

自分の気持ちに嘘ついて買った服は
結局着なくなるし、自分を幸せにはしてくれないのです。
*こちらも、服を男に置き換えると分かりやすい☆

まとめると、

あなたが本当に好きなのに、
あなたに似合わない服というのは存在しない。

あなたに似合わない着方、
あなたにとってお気に入りじゃない服が
存在しているだけ。


あなたに似合う服
=【あなたが本当に好きな服】


というのが私のスタイリング持論です。

時々、
ごちゃごちゃ言わんと、
好きな服着たったらええねや。

という発信をする私ですが、

ちゃんと上記の理由があったのです。
ふっふっふ
(言語化に時間かかったけど!(笑))

ちなみに。。

え、好きな服、似合いませんけど。。
という方はね。。

好きを履き違えてる。
主に執着心から自分の本当の好きを勘違い
している
可能性が大です。

あなたが思ってるその『好き』は、
本当にあなたの心を躍らせてくれるものですか?


今一度、服との関係性を見直してみてくださいね^^



どんなに完璧な
コーディネートをもってしても、

あなたが好きな服
=あなたが好きな服を着た時の幸福感
=服と心の一体感
には敵わない。

だから、好きな服を着よう。

好きな服を遠慮する理由なんて
本当は一つもないんだ。

好きな服を着ているあなたは
いつだって最高に魅力的なのだから

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 宇宙家族と遭遇?!ありがと... | トップ | ふぅこの言いたい放題☆人生相... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。