スズキ・メソード 清水尚志ヴァイオリン教室blog

~どの子も育つ、育て方ひとつ~

気持ちの強さってとっても大事

2017-03-13 00:36:04 | 日記
今日の夜はテレビに釘付けでした。
クラシック音楽館でのレーピンのプロコフィエフとラベル・ツィガーヌは名演でした。
また、裏では11時半まで掛かった日本対オランダの大激戦。
内容こそ正反対だけれども、どちらも気持ちの強さを学ぶよい機会でしたね。
とにかく“勝ちたい”気持ちが相手よりも僅かでも強くなければ雰囲気に飲まれてしまう一進一退の攻防。
音楽だってある意味共通する部分。ちょっとでも気持ちが緩んだり切れたら指だって絡まるし止まってしまう。ものすごい集中力。
弾けない・出来ないことへの悔しさ。一つ一つのことをきちんとしっかり出来るようにしていく意志・気持ちの強さがとても大事。
誰だって練習は嫌い。でも、弾けない・出来ないなんてことはもっと嫌い。音楽に勝敗はないけれど、自分に負けるなんて一番嫌。
そんな気持ちの強さは表情や目に現れる。みんなは輝いていますか?
一つの事を乗り越えられると、その達成感や自信が次に繋がっていくし、さらに様々なこと、上のレベルへの意欲になりますね。
その一つ一つの積み重ねが、高校や大学受験に、社会に出たときにきっと役に立つでしょう。
目を背けても、蓋で閉じても、逃げても、諦めても、そんな放置プレイは何の解決にもならない。
発表会に向けて一度決めたことはしっかりと達成させていく責任ある力を付けましょう。正にコミットメントです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに、弓を綺麗に持ち... | トップ | ほんの些細な、でも、とても... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事