スズキ・メソード 清水尚志ヴァイオリン教室blog

~どの子も育つ、育て方ひとつ~

6月22日 とても綺麗な夕焼け

2017-06-25 00:58:40 | 日記
6月22日 
記憶に遺るとても綺麗な夕焼けを見れました。
見ようと思うと、龍のような?顔?魂が火の塊となりどこかに向かって飛行しているかのように。
美しい夕焼けは、多くの場所で様々な人たちがその美しさに足を止め、しばし鑑賞していたことでしょう。
翌日に、とても悲しく寂しいニュースが届きましたね。
きっと、私たちに熱く燃えるような美しい夕焼けをプレゼントして、記憶に焼き付けてくれたのでしょうか。
今、この瞬間を悔いなく大切に、そして楽しく、精一杯生きよう。

この記事をはてなブックマークに追加

ipad pro10.5インチ

2017-06-15 00:16:05 | 日記
購入しました。
ipadに、以前のデータを復元させ、更にタッチペンを使用できるようにして、レッスンが中々快適になりそうですね。

この記事をはてなブックマークに追加

指導者研究会 松本

2017-06-04 00:18:19 | 日記
6月5日より松本で指導者研究会です。
今年はどのような学びがあるか楽しみです。
レッスンに役立つような内容があることを期待しつつ・・・。
気を付けて行ってきます。


この記事をはてなブックマークに追加

キクバリノススメ

2017-05-30 00:38:45 | 日記
最近何となく思うこと・感じる事の一つ。
昔々、発表会ステージ裏で、小さい子が出番前に緊張しながらイスに座っていると、中高校生のお姉ちゃん達がどこからともなく現れ、ブラシ片手に女の子の髪を整えたり、リボンを締めなおしてあげたり、松ヤニ塗ってあげてたりしながら緊張を和らげたり励ましていた。そんな微笑ましい気配りや心使いが、素敵な演奏に現れていたんだろうな。と思うこの頃。今の子は、自分の事だけで精一杯で、心に余裕がない気がします。また、係りも決まることで、それを全うすることで終わる。レールを敷いて、そこを走らせる事はそつなくこなす。でも、ちょっと周りを眺めて、さりげなく手を差し伸べる。そんな優しさが発表会でも、合奏レッスンでも見えたら素敵なんだけれども、自分の事だけで精一杯の今の環境。また、自分が何かをすることに周りの目を気にして何も出来ない。行動する勇気がない。何かをしなければ何も変わらないのに。何かをしたから何かが変わるのに。
しかし、合奏レッスンで、私が一番乗りで会場入りして椅子並べをしていると、早く会場入りして椅子並べを手伝ってくださるご家庭。素晴らしいですね。合奏レッスン終了後に椅子の片づけをしてくださるお父様・お母様。素晴らしいですね。こういう気配りを見て感じて子供たちも健やかに成長していってほしいものです。

この記事をはてなブックマークに追加

佐藤俊介君

2017-05-17 01:08:00 | 日記
佐藤俊介君がオランダのバッハ協会音楽監督に就任したというニュースが流れましたね。
おめでとうございます。
なんの縁か、今では考えられないことですが、2歳2ヶ月だったかわいい俊介君が、バイオリンを持ち、2歳のうちに2巻シューマンまで弾いたすごい子だったことは今でも鮮明に思い出されます。本人もですが、母の信念の強さ等々、決して忘れられない出来事でしょう。演奏家になってからも、数年前までは清水クラスの上級生の演奏をアドバイスしてもらったりと至福のひと時を過ごさせてもらいました。
私のHP上に俊介君のHPリンクしてありますので、是非、動画とかご覧になってください。

この記事をはてなブックマークに追加