梅の香庵~うめのかあん~

梅の香堂別館喫茶スペース*梅の香庵*
とりとめないことをとりとめなく・・・

酉年あけましておめでとうございます

2017-01-03 15:58:11 | イラスト
あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い致します


2017年、まずは酉から始めましょう。



というわけでスタンダードな酉!

実はニワトリを真剣に描いたのは初めてかもしれません。
改めて見てみたら、ニワトリさんの尾羽ってすごくゴージャスなんですねー。
資料写真見てほれぼれしちゃいましたよ。

なんとなく、十二支の中では身近すぎて(最近はそうでもないけど)、ちょっと地味な存在のような酉さんですけど、
全国の酉年生まれの方ごめんなさい・・・
でもニワトリは、朝を告げる鳥、として、昔から神聖視されていたそうですよ。
卵を産んでくれるありがたい鳥でもあるし、
そうそう、ニワトリと言えば伊藤若冲。ブームですよね。

というわけで、ありがたいぞ酉年!
嫌なことも3歩歩いて忘れて、飛べなくたってどこまで走っていきましょう。
飛べても飛べなくても、辿り着ける場所に大差はないさ。


正直年末は年末らしくバタバタバタバタしておりまして、
あれもやらなきゃこれもやらなきゃ、ああもう2016年、あと一週間くらい伸びてくれんかい!
てな具合でけっこうおつかれだったんですけど、
滑り込みで年賀状やら大掃除やら終了し除夜の鐘。


年が明けたらなんといいましょうか。
なんだか気持ちに余裕が。
さあ、一休みしてまた始めればいいじゃん。という心持ちに。

これってあれに似てる。
どうしよう。これ〆切にまでに間に合わない気がすごくするんですけどやばいんですけどうわー!
ってな気分の夜。
ところが一晩明けると、
うん。なんとかなりそうじゃない?大丈夫できるできる。
っていう気分になることがよくあるんですよ私。

睡眠をとって体力回復して気持ちに余裕ができたせいもあると思うけど、
朝日を見たら、だってまだ今日は始まったばっかりだぜ。時間あるある大丈夫!
っていうのもあると思う。


ニワトリは新しい一日を連れてくる鳥さん。
今年は新しい一年までつれてきてくれたわけだ。
気持ちも新たに、今年もきばっていきましょう!



ではまだ三が日ということで、まったり気分の年末年始猫写真でも。


かーちゃんの腕にうずもれる椿


こちら実家にて

にゃにがにゃんだか分からないでしょうが、
内訳は、

シロサバ猫1匹


三毛トラ猫1匹


ひたすらコタツで丸くなっておりました。


そうそう、元旦に虹を見ましたよ。

こいつあ春から縁起がいいや。


2017年、よい一年になりますように




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月に祈る | トップ | 飛び立ちの季節 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
開けましたねぇ (Tokiko.M ”・_・」)
2017-01-04 20:06:17
明けましておめでとうございます
元気そうなニワトリさん 今夜は牛蒡とニワトリを食べました (o^―^o)ニコ
雪が無くていいですが~これでイイのかねぇ?
あけまして (ちをり)
2017-01-05 09:20:35
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
そいうえば今年はまだ鶏を食べてないような…。
それにしてもまったくもって雪のないお正月となりましたね。
楽なのはいいんですけど、こう暖冬が続くとちょっと心配です。
でも楽なんですよね〜(^^;
年賀状ありがとう! (ユウコ)
2017-01-06 10:11:31
綺麗な虹ー!
元旦から虹なんて素敵だねえ。
でもそちらの冬にしては雪が少ないね?
こっちも三ヶ日暖かくて過ごし易かったけど、あんまり冬らしく無くてちょっと気が緩む。
こちらこそありがとう (ちをり)
2017-01-06 22:19:56
ニワトリ描くの楽しかったわー。
トリ年年賀状のお仕事ちょこっとしたけれど、実はニワトリは一羽も描いていないんだよね。
トリはバリエーションがたくさんあってネタには事欠かないわ。

それにしてもの暖冬小雪ですよ。
冬とは思えぬ風景でしょ。
ほんとに楽なんだけど、スキー場産業とか水不足とか、悩ましいことも色々あるですよ。
雪国には雪が降らんとね。

コメントを投稿

イラスト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。