河瀬サロンSOHOスタイル    起業・経営者実学サロン

SOHOコーディネイタ河瀬謙一@三鷹からの発信。
キーワードは、身の丈でお金をかけない起業と経営。

実行へのヒント-624

2014年02月13日 | Weblog
耳学問

およそ人は社会に出てから初めて本格的な勉強をする。

学校でのそれを机上の学問。
その成績優秀者を「学校秀才」と呼ぶ。

社会に出ると、すでに分かっている問も答えもないことがわかる。
その時一人前の社会人になる。
それから本当の学問が始まる。
実学とか活学とか呼ばれるものだ。

学校秀才でも実学を学ぶと確かな人になるが、そうでなければただの元秀才。
学んだことで全てが分かる、と思い込むのは「知識病」という病いである。

一方、実学だけの人も危ないので、その危うさに気が付いた人は高校生に戻った
気分で勉強をし直すらしい。
すると、以前は理解しずらかった理論がどのような背景から生じたか。
それだけではなく、その理論を発見したり考えた人の人柄まで推測でき実に楽しい、
と言った人がいる。
学問とはそのようなものであろう。

学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ば座れば則ち殆し
なるほど、である。

もっともどちらにも学ばない人はいるが。

さて、実社会を学ぶ方法のひとつに耳学問を挙げたい。
あるとき学校関係のOB会で、現代の年配者から学ぶべきものが、あるや無しやが話題に
なった。
私は即座に「得るものがある」
と応えた。

人と人との会話から、横に座っているだけでえもいわれぬエッセンスを学ぶ時がある。
それは学問としては最高位に位置するものだと思われる。

福沢諭吉など、取り巻きを集めて良く散歩したのは、その極意を伝えるためであろう。
それは暗黙知の類だから、アナロジー(比喩、類推)をもって語ったに違いない。

実感のこもった良い話を聞くと、がぜん学びたくなるのが人である。
それは何歳になっても止むことがない。
楽しみはこんなところにも潜んでいる。

メールとスマホの時代にも、きちんとした場では耳学問は生きている、と言いたい。
耳学問を大切にしよう。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-623

2014年02月02日 | Weblog
アイディアは書き残す

新しいビジネスモデルをいじくったり(改良したり)、
考え事をまとめようと、飛び石のような図形をストー
リーにしたり、そんな作業を続けている。

このとき、派生的に思いついたこともすべて書き出して
おく方がいいようだ。
勿論、本気で書き出したものはノートにある。
メモは外出した時などに出る突発的なアイディアである。

私はよくコピー紙の裏紙を折って胸のポケットに差しておく。
何かを思いついたら、そのときにサッと書き残しておく
のである。

そんなメモが2-3週間もするとごっそりと溜まる。
そこでずらりと並べて、きちんと新しい紙にまとめるのである。
不要なものはそこで捨て去られ、必要なモノだけ残る。

これをじっと眺めていると、ある像が浮かび上がってくること
に気がつく。

もうお分かりだと思うが、これがKJ法の応用編である。
いつ、どこでも、誰でもはユビキタスの思想だが、それは
ICTだけではない。

集中して考えをまとめるときには、補足の方法論としてお勧め
したい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加