河瀬サロンSOHOスタイル    起業・経営者実学サロン

SOHOコーディネイタ河瀬謙一@三鷹からの発信。
キーワードは、身の丈でお金をかけない起業と経営。

休み

2005年05月29日 | Weblog
2005.2.29
久しぶりの休日だ。
朝から、庭に出て趣味の園芸にいそしむ。

今は「スカシユリ」が綺麗。
ここ数日、次々と花を開かせている。
このゆりが咲くと、そろそろ季節は夏を迎える。

さて、今日はゆったり昼寝でもするかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸の内でワインを

2005年05月29日 | Weblog
2005.5.28
丸の内で社会起業家を育てるワークショップの成果を発表会があった。

ご縁があり、ソトコトの小黒一三さん、社会起業家論の町田洋次さん、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会理事長の福井栄治さん達と講評のメンバーに加わった。

これまで3ヶ月、時間をやりくりしながら夜学形式で学んだこと、考えたことを一生懸命発表する姿には、プロの経営者にはない清々しさがあり、大いに刺激を受けましたな。

終了後、小黒さんの店で打ち上げをやったのがこの写真。
中央の女性が服部さん(CAC-社会起業家ネットワーク代表)でこのワークショップを取り仕切った。

彼女を含め、裏方で汗をかいたメンバーにとっては嬉しいひと時だ。
そうだ、こういう酒はめっぽう美味いのだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フーコーの・・・

2005年05月19日 | Weblog
2005.5.18

ランチョンミーティング、本日のメインテーマはフーコーの振り子について。
地球の自転の影響を受けて、北半球にある日本では振り子が右回りに回転するそうな。

上垣講師の説明に、皆納得していましたが、本当にわかったかどうかは???
世は理科離れというけれど、巷では結構科学好きの隠れファンはけっこう多い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あら、まあ

2005年05月17日 | Weblog
2005.5.17
「あら、まあ、大変!」
と髪を振り乱してお仕事まい進中のSOHO、というわけではないけれど、そんな風に見えたのでパチリ。

スケジュールどおり、機械的に物を作っているのならともかく、私たちはサービス業。お客様の心に沿い、変幻自在の対応を迫られます。

でもこれが21世紀の日本の仕事。
日本はサービスの質で勝つ。

(写真は枝垂れモモの若い実)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せは、、、

2005年05月13日 | Weblog
2005.5.13

アリの大行進をめっけた。

庭のブロックのふちを通って先の方までずずずずーっと。何匹ともつかぬアリの大行進、大移動。
ふと、水前寺清子の歌を思い出してしまった。

幸せは歩いてこない
だから歩いていくんだね
一日一歩!三日で三歩!
三歩進んで二歩下がる!

人生はワンツーパンチ
汗かきべそかき歩こうよ
あなたのつけた足跡にゃ
きれいな花が咲くでしょう
(365歩のマーチ)

果たして、アリの大行進の先には幸せが待っているだろうか?

いや、アリは幸せになるよう手探りで歩き続ける、と考えたい。あるいは「幸せは自ら手づくりするものらしい」、と気がつけば後も楽しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきたヨッパライ

2005年05月09日 | Weblog
2005.5.5

シカゴから、NEC勤務の寺元が帰国。
学友の松澤と三人、吉祥寺で一杯やる。

寺元は、現地で液晶モニターを作る会社の専務(エグゼクティブ・バイスプレジデント)をやっているが、中身は学生時代のままである。

「何食いたいんだ」
「もちろん和食だぁ~」

ビールと焼酎で三人のヨッパライ、一丁出来上がり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那須与一(なすのよいち)

2005年05月05日 | Weblog
源平かずら、という花で思い出すのは那須与一。

・・・寿永4年(1185年)2月、讃岐屋島へ逃れた平家を追って、義経は海路阿波に上陸、陸路屋島に迫り、背後から平家を急襲した。驚いた平家軍は、船に乗って海へ逃げたが、源氏軍が案外少数と知って応戦し激しい攻防が繰り返された。
日が暮れて両軍が兵を引きかけている時、沖の平家軍から年若い美女を乗せた小舟が一艘漕ぎ寄せてきた。美女は、紅地に金の日輪が描かれた扇を竿の先にはさんで船べりに立て、陸の源氏に向かって手招きをしている。

これを見た、義経は、弓の名手・那須与一宗高に扇を射抜くよう命令した。
与一は、馬を海に乗り入れたが、扇の的までは、まだ40間(けん)余り(約70メートル)もあり、しかも北風が激しく吹いて扇の的は小舟と共に揺れている。「南無八幡」と心に念じた与一が渾身の力で鏑矢を放つと、矢はうなりを立てて飛び放たれ見事に扇の要近くに命中。扇は空へ舞い上がり、ひらひらと海へ落ちた。

この様子を固唾を飲んで見守っていた源平両軍は、どっと歓声を上げて与一を褒め讃えたのであった(高松 平家物語歴史館Webサイトより引用)。

紅白の花を付けるところから、紅白を源平になぞらい源平かずらと称するのだそうです。
ちなみに源氏は白、平家は赤の旗印です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モダンでも閉店

2005年05月03日 | Weblog
2005.5.2

新橋北で。

仕事の待ち合わせで時間がぽっこり空いたので、駅前付近を散策。「2月で閉店しました」との張り紙があるモダンな食堂を見つけて、思わずパチリ。

さぞかし当時は流行の店だったのだろう、と感慨にふけりつつ、一方で時代の流れにゃ勝てないね、とも思う。

過去の成功体験やミエを捨てて時代に合わせる、というのは実に大変な努力が要るのだ、と一瞬わが身を振り返りましたな。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加