河瀬サロンSOHOスタイル    起業・経営者実学サロン

SOHOコーディネイタ河瀬謙一@三鷹からの発信。
キーワードは、身の丈でお金をかけない起業と経営。

実行へのヒント-679

2017年11月27日 | Weblog
もういちど「戦略」を

このごろ「戦略的に」と言う人の多くが戦略的でない。
見極めは簡単で、ビジネスで戦うとまたたくまに負ける。

ご存知の通り、戦略的に戦う最高ランクとは戦わずに勝つことである。
背後と周辺にある考えは次の通り。

1.国益
2.政略
3.戦略
4.戦術
5.戦闘
6.装備
7.訓練

この頃言われる「3.戦略」とは実は「4.戦術や 5.戦闘」のことらしい。

上位の「政略」や、目的とする「国益」はそもそも考えから除外されていたり、間違った方向を向いている場合は実戦において「負ける」ということが戦いの前から決まっている。
ともかく歯が立たないのである。

また、あなたの戦略は何ですか?
と聞かれて真正面から正直に話す人などいない。
話すのは仲間内だけであり、そういう類のものである。

こんな話をするのは、今の国際情勢が「戦略」を考えるのに最適と考えるからだ。
そしてSOHOは戦略がなければ今以上の利益はない。
使われて終わるからで、それはあなたの危機である。

さて、簡単に言えば国際情勢は変わりに変わって、

・冷戦時代の二極構造
・冷戦後のアメリカ一極構造

を経て

・多極構造

と変化している。

そのとき国家はどう生き抜こうと思い、どう動くかが戦略の具体策である。
例えば、今後二国間同盟だけで大丈夫か否か、などである。
日本のありかたについては様々な立場の人がいろいろと言われているので、ここでは踏み込まない。

大切なのは「戦略」は国家にも、会社や地域、個人にも必要だという現実である。

国際社会が多極構造になる、ということは「国」にとって外部環境の大変化のことである。
社会の急速な変化は「SOHO」にとっての外部環境の大変化を意味する。

外部環境の大変化は現状に留まらず内部に革新が必要だ、ということを示唆してくれる。
だから普段から、よくよく考えておくことだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【セミナーのお知らせ】~AIとビジネス~

2017年11月07日 | Weblog
【セミナーのお知らせ】

11月9日(木)16:00から三鷹産業プラザでの経営者・実学サロンは
「AIとビジネス」
をテーマに、少人数での有用なセミナーを開催します。

今回のゲストは、株式会社トゥエンティ・フォー・ストリーム 代表取締役 野島晋二さんです。

パナソニックの研究所時代からAI研究者だった野島社長を囲み、我々のビジネスとのかかわりは
どのようなものが考えられるか。

AIの本質を理解しながらテーマを掘り下げていきます。


■講座名: みたか身の丈経営塾
(経営者実学サロン)平成29年度-part8
>~AIとビジネス~

■対 象:事業収入を伸ばすことに意欲を持つSOHO事業者
※本講座は、三鷹市特定創業支援事業にかかる「経営」をテーマにした講座です。

■日 時:2017年11月9日(木)16:00~17:30

■会 場:三鷹産業プラザ4階ミーティングルーム

■受講料:500円

■募 集:若干名

■ゲスト紹介:野島晋二さん


大学院時代、当時AIを研究していた父の影響で、AIに興味をもち研究を始める。
大学院を卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)に就職。
第5世代コンピュータを研究する国家プロジェクトに参画し、
ニューラルネットワークの研究に従事する。
SOHOベンチャーカレッジに通って準備し、2006年に仲間と二人で24Stream(トゥエンティ・フォー・ストリーム)を設立。
映像システムを中心に事業を展開している。
現在はディープラーニング関連のサービスを開発する傍ら「文学嫁でもわかるAI入門」という
初心者にAIのキモがわかるブログを執筆中。

https://ameblo.jp/shinji-nojima/entry-12300372212.html

■講 師:河瀬 謙一 (SOHO CITY みたかコーディネーター)

有限会社ビッツアンドカンパニー 代表取締役
1979年卒業後、印刷会社などの会社員生活を経て1991年独立。
1997年よりSOHO CITY みたかとともに20年を歩む。
現在、e-learningコンテンツの企画・制作を中心に事業展開中。
SOHO CITY みたかフォーラム理事長。

■お申込先:参加者名と電話番号を明記の上、
ミタカフェまでメールにてお申込みください。
E-mail:mitacafe@mitaka.ne.jp

■お問合せ:株式会社まちづくり三鷹
電話:0422-40-9669

※受付後、ミタカフェより申込受付確定メールを返信いたします。
お手数ですが、返信がない場合は上記お問合せ先までご連絡ください。

                             以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-678

2017年10月30日 | Weblog
社会は30年くらいで変わる。

私は20代のサラリーマン時代、日米合弁の印刷会社に勤めていた。
所謂、ジョイントベンチャーである。

印刷のような受注産業は、その受注金額さえ安定すれば利益は安定する。
売上を想定し計画生産をする企業に比べ、在庫を持つ金額が少ないから。
当時(30-40年前)は右肩上がりの日本経済だったので、利益は年々増えた。

でも私はその伸びには限界が来ると考えた。
私は工学部出身の社員だったから、経済学、経営学、社会状況に対する理解と認識は
一般社員から言っても下だったと思う。
まあ何もわからない。

それでも「危機」を感じたのは、マーケットの飽和情報だった。
これは海外の書籍からつたない英語力で得たものだったが、それによると工業向け
レーベル業界は世界的にみて飽和状態だ、というのである。

何か新しいものをつくろう、と思っていた矢先にこの英語雑誌の記事を読んでしまった。
「うっ」と思った。
それに加え書籍乱読の中、国内の昭和5年組~竹村健一、渡辺昇一、日下公人氏らの本を
読んでの主張、

・工業化時代の終わり
・産業は川上から川下へ

というトレンドが大学で学んだこととは真逆だったので、たいそうショックを受けていた。

そうすると、全産業から受注をしている「印刷業」はGNP成長率以上には伸びない。
30年後も私はこの会社の中でしか生きていない。
それは悲劇だ、と考えた。
そしてこの単純な考察が私を起業・独立へ導いた。

だが悪いことに会社を飛び出したときは、1991年のバブル崩壊から4年前だったために
「珍品」と見られたのだ。

それから30年間。
厳しい世間の中で鍛えられた。
あれらの本を読んでから、40年ほどか。
起業を勧める「時代」が来るとは思わなかった。

感想を言えば、
「変化が激しいといわれる世の中も、実は主たる変化は30年単位だ」
「それは一世代が交代する年と重なる」
「実は10年ごとに変わっているが、明かになるのは30年後」

では今から考えて30年後のことなんて誰にもわからない。
だが前に向かって何かを積み重ねばならない。

であれば、わからないまま
・自分はどう考え
・何をやるか、どうするか

仮説を立てて行動に移さねば、どうにもこうにもならない。

結局、所詮は

鳥は飛ばねばならない。
人間は生きねばならない、となる。

ならばそれに賭けてみたらどうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-677

2017年09月23日 | Weblog
失敗から得をする

新しい事業に挑戦することは誠に尊い。
しかしその成功率は低い。
従って皆さんの多くは失敗を経験する。

それで諦めてしまえば、それで終り。

しかしそこで貴重な失敗の経験を生かして再び挑戦すれば、これは成功に一歩、二歩と
近づくことができるだろう。
失敗の実感も感触も体が覚えている。

成功の要素を後から数えればいくつもあるが、失敗から得られるモノもそれ以上にある。
ヒント満載と言ってよい。
失敗の残渣を集め、改めて再構築することで新しいビジネスを生む可能性も高い。

失敗の経験。それこそが真のナレッジなのだ。

故に何度か失敗して、どうもこちら方向にこそ私の成功がありそうだ、と感触をつかめたなら
猛然と進むべきだと考える。

ここからはいかに工夫してチューニングするかだ。
汗をかきかきでの試行錯誤は大変だが同時に楽しい事だろう。
この継続を「執念」というのである。

楽しい馬は良く走る。
惚れてしまえば千里も一里。

さあ、やってみよう!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-676

2017年09月21日 | Weblog
撃つ球を持つ人の行動

撃つのは鉄砲玉ではない。
新事業の「ネタ」のことである。

新事業は、先ず売れるかどうかもわからないから小さく試し、時間をかけながら徐々に大きく
していくのが王道である。
先ず売れるかどうかは、試作品を見込み客に提示してどう反応するか見ればよい。
だいたいは反応しない。

もし反応しても買ってはくれないだろう。

そこでご苦労だが次の試作品を提示することとなる。
統計では10発打つと一発当たる(起業後10年間で生き残る事業者の割合は10%から類推)。

そこであなたに質問である。
どんな事業分野でもいい。
撃つ球をご自分が持っているか否か。

もし持っているなら「何発」持っているか、冷静に数えたほうがいい。
そして片っ端から「見込み客」に意見を求める事である。
それが成功への早道である。

よくあるのは、言うだけ言うが何も持っていない人である。
何も持っていなければ主役を降りてアドバイザーに徹することである。
あるいはお茶の間評論家で我慢していれば、足を引っ張るよりはいい。

持っている人は元気に試して、反応が良くなったところで「ウリ」にかける。
どんどんPRするという意味である。
その頃には相応の自信を身に着けていることだろう。

もし不安が頭をよぎったら、すかさず工夫改良してみることだ。

兎も角、何もしないで待っているのが一番いけない。
自分から動いて意見を聞くこと。
失敗は「良い経験」と理解すること。

あとは執念である。
頑張れ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-675

2017年09月02日 | Weblog
楽しいこと

私は子供の頃から机の前で勉強することが苦手である。
そこで
・電車の中
・ソファに寝そべって
・ゴロンと横になって

本を読んだりパソコンをいじっている。
もちろん仕事の時は別だ。

だらだら学んでいる姿は人目にはいかにもだらしない。
が、私はこのやり方が気に入っているのでずっと続けている。

別の角度から言えば隙間の時間は常に何かを読み考え学んでいるともいえる。
環境が整わなければ勉強に身が入らないというのは、私から言わせれば邪道である。

新しいことを学び
新しい人と出会い
新しい話を交わし
新しい発見をする

というのは実に楽しい。
生活に新鮮な空気を運んでくれる。

學而時習之。不亦説乎。
習ったことを、機会あるごとに復習し身につけていくことは、なんと喜ばしいことか。

人生は楽しんでなんぼ、ということも事実だ。
また体の内側から豊かになれる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-674

2017年08月17日 | Weblog
鍛えよう

月に一回、大体第一木曜日の16:00~17:30まで、三鷹産業プラザで”経営者・実学サロン”という対談式の講座を開催している。

身の丈起業塾はSOHO CITY みたかの「ウリ」だが、起業後にもっと業績を伸ばしたいSOHO社長にはやるべきことが”沢山”ある。

そもそも、
・身の丈起業塾は、起業のための実践講座で、
https://www.mitaka-univ.org/kouza/B1741801

・経営者・実学サロンはSOHO社長のための実践講座である。
http://sohocity.jp/information/seminar/10933


さて前回、8月の講座では
「~起業後に強く事業展開する3つのヒント~」
をテーマに、起業した後で収入が伸びない時には新しい事業も視野に入れよう、という内容のレクチャー。
敗者復活戦も同じこと。

計画的にそれを実行するには

・事業計画書の作成(お金をかけない事業に絞る)
・小さく試して現実とすり合わせる
・時間管理をうまくするのがコツ

といった内容と意見交換の会である。
3年かかって形になった。

このビジネスサロン運営の意味は大きく2つある。

ひとつは、SOHOスタイル、フリーランスは個人で活動することが多く、自己満足しがちなこと。
しかし市場競争は厳しいので、知らないうちに井の中の蛙状態になる危険がある。
そこで新たな知的刺激に出くわすことで、自らを省みながら頭の中をリフレッシュさせることが必須となる。

もうひとつは、異なった立場の人々の意見を聴き、心の中に蓄積することで物事への理解力が深まる事実。
講師や参加者の実体験から出た「言葉」を聞くと、次第にわかってくる。
見えてくる。
つまり他力をお借りして自己成長を遂げていこう、という理屈である。

社長という種族は意欲が高い。
いろいろな人とつき合いながら耳学問でも自らを鍛え成長させる。
何故なら自己成長しなければ業績アップなど期待できないから。
それが社長業。

ともかく現状に留まるのは心地よいが将来は危うい、とお互いに切磋琢磨できる場が必要である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月3日木16:00~17:30、SOHO経営者・実学サロン開催のお知らせ

2017年07月20日 | Weblog
SOHO社長の経営リカバリー講座を開催します。
----------------------------------------------------------------------
起業したものの、なかなか利益が伸びないのにはそれなりの理由があり、事業計画
を見直さねばなりません。

今回は、3つのビューポイントから儲ける事業構造へ、改革のヒントをお届します。
ふるってご参加ください。

■対 象:事業収入を伸ばすことに意欲を持つSOHO事業者
※本講座は、三鷹市特定創業支援事業にかかる「経営」をテーマにした講座です。

■日 時:2017年8月3日(木)16:00~17:30

■会 場:三鷹産業プラザ4階ミーティングルーム
https://www.mitaka.ne.jp/plaza/about/access.html

■受講料:500円

■講 師:河瀬 謙一
----------------------------------------------------------------------
■お申込先:参加者名と電話番号を明記の上、
ミタカフェまでメルアドをコピペしてお申込みください。

E-mail:mitacafe@mitaka.ne.jp

■お問合せ:株式会社まちづくり三鷹
電話:0422-40-9669

※受付後、ミタカフェより申込受付確定メールを返信いたします。
お手数ですが、返信がない場合は上記お問合せ先までご連絡ください。

                                    以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-673

2017年07月16日 | Weblog
自分でやってみる姿勢

・話題の通産省若手による日本の展望、ないし問題提起が話題である。
不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~
http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

要は
・これまでの日本のままではいられない
・会社も頼りにならない

であり、見渡すと世界の国々とその関係も今まで習ったり学んだ姿は既にない。
すなわち自分で目の前の現実から考え実行していく時代になった、と述べたレポート
である。

もう一つ言えば、国家システム、会社システムでは変われない(生き延びられない)
から、自ら考え行動していこうと叱咤激励している、とも読み取れる。

時代はそうなった。

そこで当然のことだが、「何かを自分自身の手でやってみること」が重要になる。

勿論やってみても「失敗」は多い。
手本などないからだ。
それでも何かチャレンジをすることが楽しい、という種族がいる。
それが例えば優秀なSOHOである。

兎にも角にも「自分でやってみる姿勢」が大切で、何かを言っているだけの人は
没落する。

そこで民間企業に目を転じてみると、若い社員は社外に友達を作り始めている。
社外との強い、あるいは緩やかな人脈の中から多種多様な情報やつながりを
模索し始めている。

それは時代を反映した、ごく自然な姿である。

一方で、起業なんてとんでもない!
と考える人も、だんだん時代遅れになってきた。
そもそも何も行動しない人には、実に気の毒な時代である。

wait and seeでは稼げない。
今までの日本人の行動原理では生きていけない時代となった。

だから年齢もどこに所属しているか否かも関係なく、
「俺、これやってみるわ」
と言って行動する人はどんどん進歩する。

現実から学ぶ小さな経験の蓄積は「実践知」と言って、野中郁次郎さんも
「それだよ」
と言っている。

目的が儲けるだけでなく、それは同時に不透明な時代を生き抜く良き事例となる。
つまり「世の中のため」になるからである。

・Wise Leadership
https://www.youtube.com/watch?v=Rp-cjRhWoV0


よりよく生きるためのヒントを別の言葉で言おう。
「五感を大切にして前に進みなさい」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-672

2017年05月20日 | Weblog
ホップ、ステップ、ジャンプ

20年経ったSOHO CITY みたかの像をひと言うと、

・およそ20%の実力派グループと、
・それ以外の80%で

「パカン」と2つに分かれている状態である。
分かれる素は仕事力の「質」であり、経営に対する意識の差の2点である。
つまり仕事力が向上すると「質の良いチーム」が組めるようになる。

SOHO CITYで言えば(実はどこでも)、チーム仕事の内容は2つに分かれる
ようだ。

実力派グループは2つ。
つまり、

・経営を担うチームと
・現場を構成するチーム

を上手に組み合わせることが重要だ、と気がつく。
80%は、その意識まで届かないので「何か仕事を探すチーム」が誕生する。

例えば、コミュニティービジネスが騒がれて久しいが、思ったほどの収益を
上げないのは、ご本人の経営意識の差である。
アドヴァイスだけではいかんともし難いものだ。

重要な意識の差にはもう一つある。
「マドリングスルー」という意識で、泥まみれになっても「何かを成そう」
とする姿勢である。
他人に何と言われようとも何かにチャレンジする姿勢の有無である。

この姿勢のあるなしの差を年長者に話したら、

「それは教育の差ではないか」
と言われたが、私の感覚では教育以前の
「家庭の空気」
に近い。

「勉強をしなさい」
といった空気ではなく、向上心を失わず伸び伸びと育っている状態か否か、と
いうことだ。

さて、チャレンジ精神があっても現実は厳しく、事業が成功する可能性は低い。
従って、何度でもチャレンジする「しつこさ」が保てるか否か、が勝負になる。
金をたくさん使って「ドボン」すると再浮上ができないから、金は使わない事。
今はそれができる。

あとはモチベーションを保持すればよいと考えられるが、実際にやってみた経験
から言うと、

・モチベーションを保持するには、
・その「ネタ」を持てるか否かが決定打となる。

しかし誰でも何でも持っているわけではないから、いずれかの時点で自分で生み
出さなければならない。
この姿勢も「マドリングスルー」である。
生みの苦しみとは大変なものだ。
しかしそのまま放置したほうが悲惨なのだから、やるに限る。

一度ならず、何度も泥んこになって突破したその先にこそ「成功」がある。
それは自分らしい「成功」であり、単なる経済力の獲得を超える。

このとき「医者になる」とか「弁護士になる」という目標はまったく別の話である
ことは言うまでもない。

・今は評価のない世界で勝負を開始すること
とはそういうことだ。

だから「それは怖いことだ」と思う人が多いだろう。
その通りだ。
それでもやる人が出るのか、というのがこれからの本質論である。

SOHO CITY みたかのセカンドステージは、ここからスタートしたい。
ホップ、ステップの次はジャンプである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加