河瀬サロン-SOHOスタイル      起業・経営実学道場

SOHOコーディネイタ河瀬謙一@三鷹からの発信。
キーワードは、身の丈起業、経営実学道場。

実行へのヒント-669

2017年01月22日 | Weblog
実行へのヒント-669

自分が気持ちよく働ける環境は、他の人にとっても気持ちの良いところ、と
言ってよいと思う。
深くはわからないが、なんだか気持ち悪いところはやはり何かおかしい。

良い環境とは個人がその天性の素質・個性を押しつぶされないところである。

個性を生かしながらほかの人と上手につながる形を、卵モデルとして提唱して
いる方がいらっしゃる。
東大名誉教授の清水博さんだ。
黄身は個人・個性。
白身は広がってほかの人とつながる連帯性。
が、黄身が壊れて他とつながるのはキミが悪い(笑)。

このモデルは、ビジネスをしているに人は自己・他者分析と広く使える。

例えばあるグループに加わるか、否か、の判断材料になる。
自分を殺してまで参加しなければならないなら、やめたほうが良い。
それを強いる人がいるのは古い組織で、そんなのはいずれ溶けて流れる。

自分がリーダーとしてグループのルール作りをつくるときにも役立つ。
現在の思いやりとは何か、だ。
他者への思いやりがない組織は、もはや成り立たない。
(言われたことだけをやるのが仕事、といった古い組織は別)

仕事ではチーム仕事のSOHOスタイルとは相性がいいと思う。

これからは強制でなく、大切なのは納得だから秀逸な有志集合歓迎論である。
そして世間に問うてダメなものは自然に消え、有益ならば残っていくのだ。

それでもあきらめなければよい。
努力してダメでも、挑戦した清々しさが残る。
失敗から学ぶことだってできる。
工夫改良に頭を使う経験は再度生きる。
他に活路を見い出すことにつながる。

それがジグザグに前進する、という意味である。
同時にそれが成長するということでもある。
成長には意外と時間がかかると思う。
だから「焦るな」である。

焦ることの多くは、他人の目を気にしすぎることにも起因する。
金がないのも大変だが、かっこ悪く見られることに気を使いすぎて疲れていませんか。
だから「早く早く」とか「もっともっと」言われて育った学校秀才は気をつけたほうがいい。
他人の評価を気にしすぎる人生はどうもいけない。

歴史を見ると悠然と己の道を歩いている人がけっこうな実績を残している。
こんな事実・現実を見直したらどうか、思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-668

2017年01月08日 | Weblog
SOHO CITYでは、いつでも、何度でも起業と経営にチャレンジできる

そんなビジョンを掲げてもいい、と思うようになったのは数年前である。
SOHO事業者の集積に深くかかわって今年でざっと20年。
その実際を経験してのハナシである。

20年間で、起業塾、経営実学道場、SOHOフェスタ、ビジネスコンテスト、無料相談、などの
サービスが、ここSOHO CITYみたかにはひと通りそろった。
起業する側が意欲さえ発揮すれば、起業や経営の貴重な体験談などもナマ声で聞ける。

だから、あとは自己責任だと考えるようになった。

起業へのチャレンジが1回目ではどうか、と思うが、実際には何回か試行錯誤した後に多くの人が
自分の道を見つけて立派に歩み始める。

それは雇われる生き方とは違うが、尊厳があり、人間としての自由がある。
日経が追いかけるようなスーパースターはいないが、充実したいい顔に囲まれて仕事をするのは
実に心地よい。

起業もその後の経営も考えややり方が甘ければダメだ。
けれど何度もチャレンジできるなら、その失敗を乗り越えていける。
実際に私もそうしてやってきた。
仲間も幾たびか挫折やスランプに悩みながら、それを肥しにして凌いできた。

実際、お金を使わない起業と経営は強い。

だから今年は、このSOHO CITYの考え方と起業と経営のサービスプラットフォーム(それは皆が
寄ってたかってつくり上げてきたもの)をあらためて告知していくアクションから始めたい。

お互いに頑張って良い一年にしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-667

2016年12月24日 | Weblog
人は誰でも人生で成功したいと願う。
しかしある年齢に達すると、成功した人とそうでない人に分かれるのが現実だ。
人生は努力にも左右されるが、運にも左右される。

では何をどうしていったらいいのだろうか、というところで多くの人は悩んでいる、
と思われる。

年末のプレゼントに、次の数行を述べて今年の締めくくりとしたい。
この通りにしなさいとは言わない。
この文字を眺めて自分なりの考え、やり方をつくり、実行するのが一番いい。

パーソナル・コンピュータの父と呼ばれるアラン・ケイも
「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」
と述べている。
自分なりに描き、(つまりは発明)実行するのがいい。

では始めよう。

1.成功するには、まず未来の姿、夢を描くことだ。
 「こうなりたい」「こういう事をやりたい」と強く思わなければならない。

2.次にそれを自分のビジョン(具体的目標)として描くこと。
 その次は数値に置き換える(P/L,B/S)。

3.このとき、ビジョンが大きければ大きいほど、直接目標を狙ってはならない。
 上手にやるには低き目標に分け、一段一段を昇る努力を続けること。

4.なぜならその一段が高すぎれば自信を失い、挑戦意欲は萎える。
 最後は放棄だ。

5.その一段が低ければ、クリアする毎に自信がつく。
 クリアしたらお祝いをしよう。
 そして次の目標へ闘志を燃やそう。

---------------------------------------------------------------------

では、良いお年をお迎えください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-666

2016年12月10日 | Weblog
ジグザグ、で勝つ

ここ18年、SOHO事業者を見ていて気がつくのは、
・夢はあるが
・はっきりした数値目標
を持つ人があまりにも少ないことである。

まあ、SOHOには概ね3種類あるから、それぞれの数値目標(収入)は違ってくる。

例えば
・主婦の副業SOHO    ---年収60万~100万円前後
・サラリーマン卒業組  ---年収200~300万円
・本チャンSOHO     ---年収1,000万円以上

といった具合で、それぞれの目標値を持っている人は毎日やるべきことがわかる。
予定通り生活し、働いて目標をクリアする。

数値目標が持てない人は、事業計画書を書いていないのだから、つまり今日どれ
だけ働けばよいかがわからない。
だから漫然と過ごしてしまう。
それでも生活ができるとは贅沢な話だが、10年後は今より苦しい。

苦しいのは嫌だ。
と言うのなら「何をやるのか」「どれだけやるのか」をざっくりとでも決めていかねば
ならない。

でも今、目に見える事業、話題の事業などは、すでに誰かがやっているから相手の方が
自分よりずっと強いだろう。
その市場では競争者にさえなれず、つまりは新しいことにチャレンジする道しかない、
という結論になる。

新しいことは
・何が何だか上手く言えないが
・なんとなくいけそうなこと
で、だから最初に「ドン!」と仮説を置くことが必要になる。
それが最初の事業計画書である。

実際にやってみると、成功する確立は小さく、結局は見直しをすることになる。

それでも前進しようと思えば、改良、改良の連続で
・つまりはジグザグ
に前進することになる。

そうしてやがて
・自分なりの、現実的な事業構造らしきもの
が見えてくるのである。

新しいことは、前例がないのだから必ずこうなる。
長期的に自分を引っ張るのは
・夢や
・理想や
・情熱
だが、うまく言えない。

自分の内側に燃える「何か」だ。
それは言葉にならないが、本当に大切なものだから大事にするに限る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-665

2016年12月07日 | Weblog
失敗する

今の日本社会は経済的には成熟しているので、たくさん資産を持っている人は、そのままでも
生きていける。

だけどそうでない人はどうすればよいのか。
答えのひとつは新しいことに挑戦することだ。
でなければ、活路は開けない。
新しい分野にチャレンジしよう。

実はサラリーマンも同じである。
同じことを繰り返す。
そのままで昇進、はもう無理だ。

では新しい分野にチャレンジする、とはどういうことか。
それは失敗の上にようやく成功することだ。
素人でもすぐに成功、はない。

あるいは、
・新分野進出には、ある程度カッコをつけねばならぬ、とか
・いろいろと金はかかるものだ

と言って、お金をつぎ込んでしまうことはあまりにも愚かである。

新しいことは「わからない」のだから、
・恐る々々る投資していく

のが正しい。
先ず、持ち金の2-3万円。
その次にやるとなったら、20-30万円で、これが経費の総額である。

事業の中心になる「元」とは

・アイディア
・創造
・オリジナリティー

で、そもそも金や土地ではない。
だから事業用の元金は少なくてよい。
新しい価値は、頭と体の経験値が醸し出す何かだ。

となれば、先ずはサムシングニューを創る気概である。
これらの欠点といえば、儲かるときの個人差が激しい事である。
けれど仕方がない。
この新しい世界にチャレンジすれば、ほとんど「失敗」する。

それでもやる、という人は
・失敗を糧にする人
・志がある人
・志を持ってしまった人
であろう。

ちゃんと考えて行動するか、
行動してからちゃんとチューニングするかだが、まあ、どちらでもよい。

結論。
兎に角やったひとには学びが残り、やらぬ人には何も残らない。

行動を開始すればよいと思うが、それが少ないというのは豊かな時代と怠惰な自分であろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-664

2016年12月03日 | Weblog
女性の起業と人生設計

以前、ランチ会の時に「大学で話をすることになって、女性が多いいのだけれど…」
と言ったら、後日参加メンバーからこんなメッセージをいただいた。

多くの人々への参考になると思うので、ここに披露したい。
--------------------------------------------------------------------------------------
(女子学生へのメッセージ)

実体験を生かし、持ち前の能力発揮で起業をしている先輩女性は多いですし、これからも更に、
いろいろな分野で女性の起業者増加への期待は高まっています。

(女性は思考が柔軟で、ネットワークをつくっていくのが上手い。 大口商売は苦手でも、小口の
商いを飽きずに続けられる、等の傾向があります)

そこで、大切なのは学生時代に、学業とともにいい友人関係をつくること、併せて恋愛や社会
勉強の体験をいっぱい重ねていただきたいのです。

女性が働く際、ネックは出産だといわれますが、実は子育ての方がはるかに大変で、それは、
これまで一人身だった女性に子どもが産まれ、身も二つ、三つになるからです。

稼いだお金を自分のために自由に使える友人たちを見ると、辛くなる時があるかもしれま
せんが、若いエネルギーがあふれ出る時に、結婚、出産を体験しておくと、働き続けていく際、
夫も子どももいるのが当たり前という意識が自然にできて、安定して仕事や生活に向かうことが
できます。

家庭や子育ての体験は特別なことではなく、仕事や自分自身の幅を広げていくチャンスなの
です。

社会の流れや制度が大きく変化していく中で、自分の人生を自分でデザインしていけるのは
素晴らしいことです。 

殆どの企業には定年制がありますが、自分のライフとワークを自ら創りたいなら生涯現役に
つながる仕事づくり(SOHO起業)を視野に入れて学生時代を謳歌していただきたいと
願っています。

ご参考まで。
--------------------------------------------------------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経営実学道場、12月8日(木)のお知らせ

2016年11月23日 | Weblog
12月8日(木)、16:00~17:30の経営実学道場は、有限会社そーほっとの森下
ことみ社長をお迎えしての対談です。

主婦の受付アルバイトから出発し、事務代行業を経て160坪のコワーキングス
ペース(高田馬場)を運営するまでに至ったサクセスストーリーの軌跡を追います。
詳しくはココ。

http://sohocity.jp/information/seminar/9659
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-663

2016年11月04日 | Weblog
真剣さで優っているか、大きく広く長く考えているか、の2点

いつまでたっても仕事で成果が出ない。
出ているが冴えない。
それは社会や置かれた環境のせいではなく、己のせいである。
間違いない。

誰よりも真剣に取り組むこと。
大きく広く長く考えていれば、自ずと勝ち目が見えてくる。

よい結果が出ないのは、その場その場で上手に対応だけしているからである。

こちらが問うたときに、なかなか賢い答えはするが、迫力がないのはそのせいだ。
仕事全体に迫力がないのは、真剣さにおいて劣っているからだろう。

大きな声を出せ、というのではない。
真剣な態度を見せろ、というのではない。

真剣に、大きく、広く、長く考えていれば、

・そのような取り組みになるわけがない

ということなのだ。

これでは、人生の、あるいは日々の満足感も得られないだろう。
俺はそれでいい、と言うのならかまわない。
ただし真剣な人のチームには入れない。

仕事は勝負である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-662

2016年10月29日 | Weblog
全部社長のせい

2008年ころに、「日本はもはや経済大国とは言えない」という大臣発言があった。
あれから8年。
日本は経済成熟国になって、成長は絞り出しても1%程度だ。

戦後の焦土から立ち上がった日本の高度成長時代とは、1954年から1973年頃までをいう。
この20年間の経済成長はすさまじかった。
会社がどんどん大きくなり、会社人間、サラリーマン社会ができあがったのもこの時期だ。
同時に公害もひどかった。

人間でいえば子供時代からの成長期がやや長く続いたといったところで、もはや71歳。
71歳でさらに身長を伸ばそうとすれば、体のどこかがおかしくなる。
要は成長より中身の転換である。

今までの分野は成長がストップ。
悪くするとリストラ。

個別には伸びる分野はいつの時代にもあるから、社長は新しい分野に挑戦したらよいが、
どうも新しい物事を世に問う行為がないのは、長期化したサラリーマン社会のツケだ。
新しいことが考えられない。
ダメなのは全部社長のせいである。

例えば、新聞をにぎわすスローガンは「グローバル化」で、新世界に出ていくという表現は
まことに勇ましい。
勇ましいが、その市場が口を開けて待っているわけではない。
グローバル市場に出れば、新しい敵が待ち受けている。
しかも、やたら強い。

日本国内も相当な競争社会だが、外はもっとすさまじい。
アウェイで情け容赦のない戦いが待っている。

私はそれより日本社会の新しい部分に活路を見出す方が有利だと考える。
SOHO社長は日本をもう一度新たな目て見なおしてみたらどうだだろうか。
これが私の考えだから、自分もやってみようと思う。

日本自身は高齢者になったので、若いままのそれではなく体質改善を必要としている。
つまり成熟社会には、それ相当の新市場が生まれている。

なんだろう?
わからなければ、何かを試すことである。
新しいものを世に問えば、必ず反応がある。
泥臭いが、そこから活路を見出していくという方法がある。

そもそも、じっくり競り合っていく時代なのだから、モトをとった後、2%伸びる市場が見つ
かれば御の字だ。

蛇足だが、国家に「成長戦略を示せ」というのは、かなりおかしな主張である。
成長戦略を示すべきは商売をしている社長自身である。
示す前にやりはじめる社長はもっと賢い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-661

2016年10月20日 | Weblog
いつか北海道旭川市にお住いの山地さんに電話をしたときのことだ。
山地さんはSOHOスタイルの起業者を応援しながら、格安オフィスを提供し勉強会まで
開かれている。

「成功されている方には、何か共通点があるようですね」
「それはね、やはりいつもよく考えています。普段から色々と」

そんな講師役の仲間が山地さんの周りには集まっているらしい。
どこでも誰でも一人食べていくくらいは稼げるが、ではその上を目指す人は… 
という話である。

収入上昇の手っ取り早い改良法は、つき合う人を見極めることだ。
普段からよく考えている人たちとつき合うこと。
自分だけで己の改良はなかなかできない。
実に悲しいことだが、これが人間というものだ(笑)!。

ここにやっと食べていけるだけの年収の人がいたとする。
もし500万円の収入を得ようと思ったら、年収500万円クラスの仲間に入るのがいい。
その目標が1000万円なら、年収1,000万円、2,000万円クラスの人たちとつき合うことだ。
考え方が、モトのほうから違うことに気がつくだろう。

別の方角から同じことを書いてみよう。

独立して高収入を得る人は、どうも両親が教育熱心だったらしい、という人がいる。
これは偏差値を高く目指す人たち、という意味ではない。
良き友人、努力する友人を身近に持つ環境を幼い時から与えているのである。
何かに熱中する人の輪に入れる、と言ってもいい。

ならば今かられも遅くない。
自分で環境を整えればいいのだ。

時間がたつにつれ、仲間とはとても大切なのだ、とあらためて思う。
収入だけでなく、いろいろと学ぶところが多い。
そして時間をかけて我も彼も人として成長していく。

Do you know what I mean?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加