河瀬サロンSOHOスタイル    起業・経営者実学サロン

SOHOコーディネイタ河瀬謙一@三鷹からの発信。
キーワードは、身の丈でお金をかけない起業と経営。

実行へのヒント-672

2017年05月20日 | Weblog
ホップ、ステップ、ジャンプ

20年経ったSOHO CITY みたかの像をひと言うと、

・およそ20%の実力派グループと、
・それ以外の80%で

「パカン」と2つに分かれている状態である。
分かれる素は仕事力の「質」であり、経営に対する意識の差の2点である。
つまり仕事力が向上すると「質の良いチーム」が組めるようになる。

SOHO CITYで言えば(実はどこでも)、チーム仕事の内容は2つに分かれる
ようだ。

実力派グループは2つ。
つまり、

・経営を担うチームと
・現場を構成するチーム

を上手に組み合わせることが重要だ、と気がつく。
80%は、その意識まで届かないので「何か仕事を探すチーム」が誕生する。

例えば、コミュニティービジネスが騒がれて久しいが、思ったほどの収益を
上げないのは、ご本人の経営意識の差である。
アドヴァイスだけではいかんともし難いものだ。

重要な意識の差にはもう一つある。
「マドリングスルー」という意識で、泥まみれになっても「何かを成そう」
とする姿勢である。
他人に何と言われようとも何かにチャレンジする姿勢の有無である。

この姿勢のあるなしの差を年長者に話したら、

「それは教育の差ではないか」
と言われたが、私の感覚では教育以前の
「家庭の空気」
に近い。

「勉強をしなさい」
といった空気ではなく、向上心を失わず伸び伸びと育っている状態か否か、と
いうことだ。

さて、チャレンジ精神があっても現実は厳しく、事業が成功する可能性は低い。
従って、何度でもチャレンジする「しつこさ」が保てるか否か、が勝負になる。
金をたくさん使って「ドボン」すると再浮上ができないから、金は使わない事。
今はそれができる。

あとはモチベーションを保持すればよいと考えられるが、実際にやってみた経験
から言うと、

・モチベーションを保持するには、
・その「ネタ」を持てるか否かが決定打となる。

しかし誰でも何でも持っているわけではないから、いずれかの時点で自分で生み
出さなければならない。
この姿勢も「マドリングスルー」である。
生みの苦しみとは大変なものだ。
しかしそのまま放置したほうが悲惨なのだから、やるに限る。

一度ならず、何度も泥んこになって突破したその先にこそ「成功」がある。
それは自分らしい「成功」であり、単なる経済力の獲得を超える。

このとき「医者になる」とか「弁護士になる」という目標はまったく別の話である
ことは言うまでもない。

・今は評価のない世界で勝負を開始すること
とはそういうことだ。

だから「それは怖いことだ」と思う人が多いだろう。
その通りだ。
それでもやる人が出るのか、というのがこれからの本質論である。

SOHO CITY みたかのセカンドステージは、ここからスタートしたい。
ホップ、ステップの次はジャンプである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-671

2017年03月25日 | Weblog
新しいビジネス価値は評価レベルの外に起こす

あなたが新しいビジネスを始めようとする。
果敢なチャレンジ、などと褒めてもらいたいところだが、それが新しければ現実には

・「評価されない」
という現実に直面する。

新しいビジネスの評価は、実績が出てからだいぶ後になる。

それでもやるのは、実務者のプライドがあるからだろうと思う。
市場も新しいものを求めている。

従って、行けるかどうかは目の前の「お客様」の手ごたえだけだ。

物もサービスも、潤沢にある今の日本では
・新しいことを始めたい、始めなくてはならない
・やってもうまくいくか自信がない

実行者の感情と思いは、この2点の間を無制限に行き来する。
このとき不決断が続けば「疲れ果てる」のが人間らしい。

ならば小さく試してみる事である。
そこから当初気がつかなかった、沢山のヒントを手に入れることができるだろう。

小さな試しが成功しようと失敗しようと、あなたにしかわからないヒントが手に入る。
要はそれからの「考え方」と「行動」で決まる。

やる人間は「やる方に考え」、
やめる人間は「やらない理由」を考える。

今の評価の内側にあるものは
・新しいもの
ではない。

勿論そこからも利益は得られる。
それであなたが満足するなら、それも一つの生き方である。
ただ新しい価値を生む、という事からは実質縁のない生き方だ。
評論家的になる。

新しい価値を生むというのはそんなにたやすいことではない。
ただ、チャレンジしている人は「割合」では少ないが、確かにいる。

もし新しい価値を生もうと思ったら、今は評価のない世界で勝負を開始することである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-670

2017年02月01日 | Weblog
一人で立ったら、次はチーム

SOHO CITY みたか構想がSOHOパイロットオフィス開設として結実してから19年。

最初の感動は、
「えっ、けっこう同じ人がいるじゃん」。

1998年6月の頃。
SOHOパイロットオフィスを企画するチームメンバーには企業のサラリーマンに
交じってSOHO事業者がおり、その人たちと知り合った時だった。
それまで仕事はサラリーマンがする、というのが社会の本流だったので、多少なり
とも三鷹で孤独感を感じていたけれど「なんだ、目の前にいるじゃないか」と(笑)。

それからは自分の仕事をこなしながら、流れからSOHOフェスタを手掛けるようになり、
毎週金曜日のランチョンミーティングも17年目に入り(800回越え)、SOHOコーディネ
イタとしても週一回三鷹産業プラザに顔を出すものだから、やたらと知り合いが増えた。

でもコアになるのは初期に知り合った会った人たちなのだ。
こうしているうちに、得意技、長所短所もお互いに知りチームを形成するようになった。

SOHOフェスタチーム
SOHOリレーフォーラムチーム
SOHOポータルサイトチーム
など

本格的なチームが加速しだしたのは6年前に大手企業のe-learningコンテンツシステムを
手掛けるようになってからだ。

経験値の豊富さから”まとめ役”になるのだが、相互の、また自分の得手不得手を知って
いるのでストレスがかなり少ない。
これが知り合った最初から「共同受注」を目指していたなら空中分解していただろう、と
思う。

同時に、私はパラレルキャリアだから、「市民プラン21会議」や「まちづくりディスカッ
ション」など市民活動にも加わり、また地元の「三鷹台のまちづくり」にも参加している
ので、会社内ではない人との距離感や、よき関係についてだいぶ体得させてもらったところ
がある。
これられが”よき学び”になった。

パラレルキャリア(社会参画)の源泉となる式はこうだ。
・2H×5Day=10H/Week
サラリーマンのように通勤すれば、片道1時間で1日だと2時間。
週5日勤務で総計は10時間=1日は自由に使える時間となる。

で、結論だが19年経つと「個人事業の次はチーム仕事」だ。
これは頭で考え言うほど単純な結果ではない。

最初から数人で働いている人には「あたり前」だが、私の場合はSOHOそれぞれが違った
事業目標を持っていたので「最初からのチーム」ではなかった。
言いたいのは、そういう人も時の経過とともにチームで動くとうまくいく事業機会が生まれる。
僕らにとってSOHOの集積とはそういう事なのだ。

仕事=収入の考えでは、必要収入の次に、快適収入までインカムを増やしたら、もうそこで
事業を伸ばさなくてもよいことになる。
そういう人も多い。

ところが「もっと何かを」と、収入だけでない、例えば仕事の醍醐味を求め、味わいたい類
の人、人生をもっと謳歌したい人、そしてもっと稼ぎたい人にもチーム仕事はよい事例の一つだ。

僕らの場合には最初からチーム受注でなく、長いつき合いがあった仲間のところへクライ
アントのリクエストが来てチームが形成されたケースである。

が、その原理・原則は一人で立てる力のある人同士がチームを組むこと。
これが強い。
SOHO集積のシナジーとは恐らくチーム形成で、これからはそれが生まれ続けるかどうか、だ。

一段上の高みはそこにある。
さらなるチャレンジと成功もそこにある。
僕らは理屈ではなく経験を通してここまでやっとたどり着くことができた。

だから、この頃は19年前の出会いが実に懐かしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-669

2017年01月22日 | Weblog
実行へのヒント-669

自分が気持ちよく働ける環境は、他の人にとっても気持ちの良いところ、と
言ってよいと思う。
深くはわからないが、なんだか気持ち悪いところはやはり何かおかしい。

良い環境とは個人がその天性の素質・個性を押しつぶされないところである。

個性を生かしながらほかの人と上手につながる形を、卵モデルとして提唱して
いる方がいらっしゃる。
東大名誉教授の清水博さんだ。
黄身は個人・個性。
白身は広がってほかの人とつながる連帯性。
が、黄身が壊れて他とつながるのはキミが悪い(笑)。

このモデルは、ビジネスをしているに人は自己・他者分析と広く使える。

例えばあるグループに加わるか、否か、の判断材料になる。
自分を殺してまで参加しなければならないなら、やめたほうが良い。
それを強いる人がいるのは古い組織で、そんなのはいずれ溶けて流れる。

自分がリーダーとしてグループのルール作りをつくるときにも役立つ。
現在の思いやりとは何か、だ。
他者への思いやりがない組織は、もはや成り立たない。
(言われたことだけをやるのが仕事、といった古い組織は別)

仕事ではチーム仕事のSOHOスタイルとは相性がいいと思う。

これからは強制でなく、大切なのは納得だから秀逸な有志集合歓迎論である。
そして世間に問うてダメなものは自然に消え、有益ならば残っていくのだ。

それでもあきらめなければよい。
努力してダメでも、挑戦した清々しさが残る。
失敗から学ぶことだってできる。
工夫改良に頭を使う経験は再度生きる。
他に活路を見い出すことにつながる。

それがジグザグに前進する、という意味である。
同時にそれが成長するということでもある。
成長には意外と時間がかかると思う。
だから「焦るな」である。

焦ることの多くは、他人の目を気にしすぎることにも起因する。
金がないのも大変だが、かっこ悪く見られることに気を使いすぎて疲れていませんか。
だから「早く早く」とか「もっともっと」言われて育った学校秀才は気をつけたほうがいい。
他人の評価を気にしすぎる人生はどうもいけない。

歴史を見ると悠然と己の道を歩いている人がけっこうな実績を残している。
こんな事実・現実を見直したらどうか、思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-668

2017年01月08日 | Weblog
SOHO CITYでは、いつでも、何度でも起業と経営にチャレンジできる

そんなビジョンを掲げてもいい、と思うようになったのは数年前である。
SOHO事業者の集積に深くかかわって今年でざっと20年。
その実際を経験してのハナシである。

20年間で、起業塾、経営実学道場、SOHOフェスタ、ビジネスコンテスト、無料相談、などの
サービスが、ここSOHO CITYみたかにはひと通りそろった。
起業する側が意欲さえ発揮すれば、起業や経営の貴重な体験談などもナマ声で聞ける。

だから、あとは自己責任だと考えるようになった。

起業へのチャレンジが1回目ではどうか、と思うが、実際には何回か試行錯誤した後に多くの人が
自分の道を見つけて立派に歩み始める。

それは雇われる生き方とは違うが、尊厳があり、人間としての自由がある。
日経が追いかけるようなスーパースターはいないが、充実したいい顔に囲まれて仕事をするのは
実に心地よい。

起業もその後の経営も考えややり方が甘ければダメだ。
けれど何度もチャレンジできるなら、その失敗を乗り越えていける。
実際に私もそうしてやってきた。
仲間も幾たびか挫折やスランプに悩みながら、それを肥しにして凌いできた。

実際、お金を使わない起業と経営は強い。

だから今年は、このSOHO CITYの考え方と起業と経営のサービスプラットフォーム(それは皆が
寄ってたかってつくり上げてきたもの)をあらためて告知していくアクションから始めたい。

お互いに頑張って良い一年にしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-667

2016年12月24日 | Weblog
人は誰でも人生で成功したいと願う。
しかしある年齢に達すると、成功した人とそうでない人に分かれるのが現実だ。
人生は努力にも左右されるが、運にも左右される。

では何をどうしていったらいいのだろうか、というところで多くの人は悩んでいる、
と思われる。

年末のプレゼントに、次の数行を述べて今年の締めくくりとしたい。
この通りにしなさいとは言わない。
この文字を眺めて自分なりの考え、やり方をつくり、実行するのが一番いい。

パーソナル・コンピュータの父と呼ばれるアラン・ケイも
「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」
と述べている。
自分なりに描き、(つまりは発明)実行するのがいい。

では始めよう。

1.成功するには、まず未来の姿、夢を描くことだ。
 「こうなりたい」「こういう事をやりたい」と強く思わなければならない。

2.次にそれを自分のビジョン(具体的目標)として描くこと。
 その次は数値に置き換える(P/L,B/S)。

3.このとき、ビジョンが大きければ大きいほど、直接目標を狙ってはならない。
 上手にやるには低き目標に分け、一段一段を昇る努力を続けること。

4.なぜならその一段が高すぎれば自信を失い、挑戦意欲は萎える。
 最後は放棄だ。

5.その一段が低ければ、クリアする毎に自信がつく。
 クリアしたらお祝いをしよう。
 そして次の目標へ闘志を燃やそう。

---------------------------------------------------------------------

では、良いお年をお迎えください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-666

2016年12月10日 | Weblog
ジグザグ、で勝つ

ここ18年、SOHO事業者を見ていて気がつくのは、
・夢はあるが
・はっきりした数値目標
を持つ人があまりにも少ないことである。

まあ、SOHOには概ね3種類あるから、それぞれの数値目標(収入)は違ってくる。

例えば
・主婦の副業SOHO    ---年収60万~100万円前後
・サラリーマン卒業組  ---年収200~300万円
・本チャンSOHO     ---年収1,000万円以上

といった具合で、それぞれの目標値を持っている人は毎日やるべきことがわかる。
予定通り生活し、働いて目標をクリアする。

数値目標が持てない人は、事業計画書を書いていないのだから、つまり今日どれ
だけ働けばよいかがわからない。
だから漫然と過ごしてしまう。
それでも生活ができるとは贅沢な話だが、10年後は今より苦しい。

苦しいのは嫌だ。
と言うのなら「何をやるのか」「どれだけやるのか」をざっくりとでも決めていかねば
ならない。

でも今、目に見える事業、話題の事業などは、すでに誰かがやっているから相手の方が
自分よりずっと強いだろう。
その市場では競争者にさえなれず、つまりは新しいことにチャレンジする道しかない、
という結論になる。

新しいことは
・何が何だか上手く言えないが
・なんとなくいけそうなこと
で、だから最初に「ドン!」と仮説を置くことが必要になる。
それが最初の事業計画書である。

実際にやってみると、成功する確立は小さく、結局は見直しをすることになる。

それでも前進しようと思えば、改良、改良の連続で
・つまりはジグザグ
に前進することになる。

そうしてやがて
・自分なりの、現実的な事業構造らしきもの
が見えてくるのである。

新しいことは、前例がないのだから必ずこうなる。
長期的に自分を引っ張るのは
・夢や
・理想や
・情熱
だが、うまく言えない。

自分の内側に燃える「何か」だ。
それは言葉にならないが、本当に大切なものだから大事にするに限る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-665

2016年12月07日 | Weblog
失敗する

今の日本社会は経済的には成熟しているので、たくさん資産を持っている人は、そのままでも
生きていける。

だけどそうでない人はどうすればよいのか。
答えのひとつは新しいことに挑戦することだ。
でなければ、活路は開けない。
新しい分野にチャレンジしよう。

実はサラリーマンも同じである。
同じことを繰り返す。
そのままで昇進、はもう無理だ。

では新しい分野にチャレンジする、とはどういうことか。
それは失敗の上にようやく成功することだ。
素人でもすぐに成功、はない。

あるいは、
・新分野進出には、ある程度カッコをつけねばならぬ、とか
・いろいろと金はかかるものだ

と言って、お金をつぎ込んでしまうことはあまりにも愚かである。

新しいことは「わからない」のだから、
・恐る々々る投資していく

のが正しい。
先ず、持ち金の2-3万円。
その次にやるとなったら、20-30万円で、これが経費の総額である。

事業の中心になる「元」とは

・アイディア
・創造
・オリジナリティー

で、そもそも金や土地ではない。
だから事業用の元金は少なくてよい。
新しい価値は、頭と体の経験値が醸し出す何かだ。

となれば、先ずはサムシングニューを創る気概である。
これらの欠点といえば、儲かるときの個人差が激しい事である。
けれど仕方がない。
この新しい世界にチャレンジすれば、ほとんど「失敗」する。

それでもやる、という人は
・失敗を糧にする人
・志がある人
・志を持ってしまった人
であろう。

ちゃんと考えて行動するか、
行動してからちゃんとチューニングするかだが、まあ、どちらでもよい。

結論。
兎に角やったひとには学びが残り、やらぬ人には何も残らない。

行動を開始すればよいと思うが、それが少ないというのは豊かな時代と怠惰な自分であろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行へのヒント-664

2016年12月03日 | Weblog
女性の起業と人生設計

以前、ランチ会の時に「大学で話をすることになって、女性が多いいのだけれど…」
と言ったら、後日参加メンバーからこんなメッセージをいただいた。

多くの人々への参考になると思うので、ここに披露したい。
--------------------------------------------------------------------------------------
(女子学生へのメッセージ)

実体験を生かし、持ち前の能力発揮で起業をしている先輩女性は多いですし、これからも更に、
いろいろな分野で女性の起業者増加への期待は高まっています。

(女性は思考が柔軟で、ネットワークをつくっていくのが上手い。 大口商売は苦手でも、小口の
商いを飽きずに続けられる、等の傾向があります)

そこで、大切なのは学生時代に、学業とともにいい友人関係をつくること、併せて恋愛や社会
勉強の体験をいっぱい重ねていただきたいのです。

女性が働く際、ネックは出産だといわれますが、実は子育ての方がはるかに大変で、それは、
これまで一人身だった女性に子どもが産まれ、身も二つ、三つになるからです。

稼いだお金を自分のために自由に使える友人たちを見ると、辛くなる時があるかもしれま
せんが、若いエネルギーがあふれ出る時に、結婚、出産を体験しておくと、働き続けていく際、
夫も子どももいるのが当たり前という意識が自然にできて、安定して仕事や生活に向かうことが
できます。

家庭や子育ての体験は特別なことではなく、仕事や自分自身の幅を広げていくチャンスなの
です。

社会の流れや制度が大きく変化していく中で、自分の人生を自分でデザインしていけるのは
素晴らしいことです。 

殆どの企業には定年制がありますが、自分のライフとワークを自ら創りたいなら生涯現役に
つながる仕事づくり(SOHO起業)を視野に入れて学生時代を謳歌していただきたいと
願っています。

ご参考まで。
--------------------------------------------------------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経営実学道場、12月8日(木)のお知らせ

2016年11月23日 | Weblog
12月8日(木)、16:00~17:30の経営実学道場は、有限会社そーほっとの森下
ことみ社長をお迎えしての対談です。

主婦の受付アルバイトから出発し、事務代行業を経て160坪のコワーキングス
ペース(高田馬場)を運営するまでに至ったサクセスストーリーの軌跡を追います。
詳しくはココ。

http://sohocity.jp/information/seminar/9659
コメント
この記事をはてなブックマークに追加