新・仏像ワンダフル!

千年の時を超えて仏像との新しい出会い
いやいや街を見渡せばよく似た人がいたような・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五重塔 京都・東寺 平安時代(江戸時代)

2011-09-16 13:03:20 | 旧仏像ワンダフル
初代の建立は平安時代の空海没後のようですが
それから4回焼失、現存のものは江戸時代の家光による
寄進だという事で不屈の塔ともいえそうです。

それだけ各時代に受け入れられて受け継がれて
いるわけですから、不変の真理が確かにあるのでしょう。

さてそれは一体どんな事なのか?
現代に置き換えるとどの様な境地に導くものなのか?

次々に押し寄せる問題の処理や
不測の事態への対処に追われるスパイラルから
どうしたら解脱できるのか??

やりたいこともわからなくなるほど疲れる前に
そろそろ次に進みたいものです。

何気に見ていた五重塔にもこめられた意味が
あったんですね~

5つの階層に「地・水・火・風・空」
仏像の「頭上・眉間・胸・臍・尿道」
などと呼応してみたり。
是非はともあれすべて意味があるという事です。
それを感じて観ていくとしましょうか。
やりがいのある人生を送るために。




ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菩薩立像 茨城・神向寺 平... | トップ | 蔵王権現像 鳥取・三沸寺 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。