COOL WEST JAPAN

クールな西日本のスイートな暮らしをお届けします

Ⅴ ボストン ① アムトラック(大陸鉄道)とクラムチャウダー~ぼくのアメリカ~ My U S A Boston

2017-05-05 16:34:35 | 新世界紀行 USA ボストン

Ⅴ ボストン

① アムトラック(大陸鉄道)

アメリカ最終日は、ボストンでした。ニューヨークからはアムトラック(鉄道)に乗って4時間ほどかかるので、睡眠時間4時間で朝4時に起きて、ホテルからペンシルヴェニア駅に朝5時半に向かいました。

アメリカ4日目ということで時差ボケも完全に治ってますから、とっても元気でした。

ホテルで列車内にて食べる朝食のお弁当を作ってもらって、ゆったりとした広い座席シートで箱を開けてチーズ・バーガーをほおぼりましたが、アメリカのもの(ハムやソーセージやベーコン)って、しっかりと塩味が効いてますね。半分食べたらお腹がいっぱいになります。

青リンゴも丸ごと入っていて、これはホテルの朝食バイキングでもリンゴやオレンジが皮ごと置いてありましたが、ワイルドですね。一応、プラスティックのナイフは付いてはいますが。

そしてアムトラックが出発して間もなく、思いがけず朝焼けのオレンジ色に染まるマンハッタンの高層ビル群を目にした時には、その美しさにまた胸がいっぱいになりました。

102-1

夜景をトップ・オブ・ザ・ロックの展望台から上から見晴らしても、リバティ島フェリーで船上から日中にまさに目の前で見ても、早朝にアムトラック大陸鉄道の車窓から見ても、万感の思いを抱いてこの光景には見惚れました。まさに最高!ですよ!! 今回のアメリカ旅行の中では、ぼく的にはマンハッタンの高層ビル群の光景が、BEST1!です。この美しい風景を心の支えにして、これからの人生いろいろガンバレルぞ~、何があっても乗り越えるぞ~、って感じだなぁ♡

さてボストンには11時過ぎに到着。

バスで10分ほど移動した所にある、地元の老舗レストランに向かいました。

お昼はボストンが発祥地のクラムチャウダー(二枚貝を具とした、玉ねぎ・ジャガイモのクリーム・スープ)と、チーズ・バーガーをいただきました。

が、クラムの味付けが元々濃厚な上に、ハンバーグが厚さ2センチで直径10センチある! 浸けあわせは玉ねぎリング3個の他にも玉ねぎの酢漬けと、そして日本では未体験の、太いキュウリ4分の1本がそのまま長さ15センチで出てくるピクルス! コロコロの輪切りにされたピクルスしか日本では見たことないよ~※

この上にデザートのアップルパイが長さ18センチぐらいある~(-_-;)

このレストランは、料理のお味は日本人受けする薄味で良かったんですが、他のアメリカの飲食店同様に、量が多かったです。日本ではどこのお店でも完食のぼくだから、食べ物を残すことが申し訳なくて。身長2メートルぐらいある食べ盛りのティーン・エイジャーの男の子でも、このような料理を三食完食できるのかな?!といつも若干疑問に思いながら、アメリカではお食事をしていました。ボリューム満点も満点、日本の感覚では300点満点、って感じ。ご馳走様~(-人-)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ⅳ ニューヨーク ⑤ 『THE RIDE... | トップ | Ⅴ ボストン ② ハーバード大学... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む