煙煙豬

煙煙豬

土の味

2017-05-12 14:55:16 | love

土の味は成長の味、農家の味だ。それは清新あっさり、長に玉のように流れる長、または春回の大地、万物の蘇りの時、または、熱い夏、色とりどりの花が満開で、または、田園に風が吹いて穂波たり、山の斜面に果物が香る……故郷はいかなる季節、無に時を刻んで、すべての濃い土の香を発散することができます。この一切万物そっとしていて、旅行すると同時に、知らない間に、配布特有の味、土。
育ちの農數碼通家の子供、土に特別な感情を持って、親切のにもまして、源はかつてこの土の中で、土が付いている成長。だから何年を過ぎて、それに地頭に畑の作物、成長、一抹の感触がわいてくるので、数目を、深く呼吸をして、とてもこの土の味を持って帰って。
だから、家の合間に、いくつかのいじる草花、自認餅は餅屋じゃないのに、真剣に一鉢の鉢にはな親しみの土で鋤の子は風を感じ、懐かしい橋。一鋤鋤続けて、そのルーツ問源真情が広がって、午前の光陰!
それに実家人も、その点を掘って野菜、姑丁やたんぽぽは、少し忆苦思甜の味。これについて土味の野菜、続いて怒って、心の故郷、筋の復帰の味。この土の中で自然に成長し、さらに私たちの農村の子、天然の品性温厚篤実で純粋で、正直善良。これらの素樸な品質、農家の庭薫陶を受けた結果、どこへ行っても、素樸な土を持って味も持って忘れないなんて、�酒てナトリウムⅰ�
ルーツ問源、抱き合うこの手に土を大河の南北、我々の根はそこで、寒さと孤独。1碗の楊婉儀幼稚園熱々の餃子は、1枚が開いたドアがずっと、ずっと待っている、それは土の味、故郷の味。この手は握りしめる、彷徨う、歳月の熱愛はできない。
「ただのドアの前に鏡湖水、春風は改めない昔の波」。故郷のすべてを信じてこれまでかつて変えたことが、一木一草たら、吹いて、風と砂ぼこり老け顔、痩せた光陰のじんぜん。歩いて停止のホームは、うら寂しい、繁華の錦、初心を忘れず、離れないで見捨てないで、ずっと故郷と共に。この眼の目だけが、迷わずに故郷の雲、故郷の雨が、故郷の美、もう満足だ。
ちょうど席の慕容の「郷愁」による「ふるさとの歌は支清远の笛は、常に月夜の晩に響く。故郷の面影は一種のはっきりしないのを見て殘念に思う然、まるで霧の中の手を振って別れる。お別れの後、郷愁は年輪の木ではありません」。いつまでも美しく、永遠に心の間に、暖かい思い出の帆、走るのは愛の港灣、疲れたら、休みました;傷、帰宅。
土の味、嗅ぎ付けた懐かしい、親密度は約束して、一瞬の間の間に、多くの人の多くの事を思い出した、、この関連のリズムがそっと感動、読み始めた故郷の原風景、本当に故郷の性情を思い出した。
あたたかい風が果酸換膚吹いてきて、手を振って一月、清袖土の芳凝、散歩して、家に帰って見てみて、無地原乡は、一方の気!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台の「党产会」を婦女連合会... | トップ | 結局お互い、Moは負の遭遇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。