☆七ツ森野菜通信☆ 

仙台市 料理教室『七ツ森』 旬菜コーディネーターあさのゆか より
レッスンの様子や七ツ森の畑の情報をお届けします!

おくずかけは宮城でも作らないところも多いようです。

2017年08月12日 | 日記
夏のみやぎの郷土料理   

『おくずかけ』『ずんだもち』『油麩の卵とじ』『しそ巻き』

ずんだもちは 県内どこでもほぼ食べると思いますが

油麩は登米、しそ巻きは大崎 で 大和の実家では 昔は食べていません。

おくずかけは すっぽこ汁と 言っていました。

今では白石温麺を使うのが定番ですが、そうめんや冷麦を半分に折っていれていたんです。

基本的には精進料理なので かつおだしは使いません。 彼岸や仏事のお膳につきますが

我が家では お盆に仏さんにお供えするイメージがあります。







生徒さんの声

おくずかけの由来などいろいろな話をして頂きどのような料理でどのように作るかが分かりました。
いろいろな具材が入っていて野菜のうまみが出ていておいしかったです。
しそ巻きを作れるなんでとってもうれしいです。味もとってもおいしかったです。
油麩も卵もふわふわにできました。ダシをいっぱい吸っていておいしかったです。
ずんだのひと手間をめんどくさがらずおいしくキレイに作っていきます。

「一度ちゃんと学んでみたい!」と思うメニューばかりでした。宮城の郷土料理を一度に
学ぶことが出来良かったです。来年もまた参加したいです。心温まりました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旬ではありませんが・・・おさか... | トップ | 基本の家庭料理 12回目で終... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。