クッキングハウス メンバー日記

日々の活動の中での思いをつづっていきます。

自分の中の幼い子のこと、大切にしていますか?

2017年08月05日 | Weblog
毎日暑い!夏だよ!
きょうも買い物にスーパーまで行ったのですが、帰ってきたら即エアコンをつけました。
しばらく汗がひくまでそのまま涼んでいました。
やっぱ必要だよね~。

この病気(メンタルな病気、ね)になったからといってひとり孤独になる必要は今はもうありません。
仲間を見つけて悩みもいろいろ話し合いましょう。

できれば、病院や自宅のほかに行ける場所があるといいですね。
そこで病気やコミュニケーションの勉強をするのはオススメです。

そんなところ、近くにない、という方はぜひ月に一度でいいのでおいでください。
もともと人間関係が不器用だったりして傷ついてきたひとが多いので、どうか怖がらないで。

いろいろなプログラムが用意してあるので、やってみたいものからどうぞ!
最初は怖いよね、勇気いるよね。
そこの第1歩をよいしょっと踏み出してほしい。

はじめから完ぺきなひとはいません。
積み重ねていくのです。
私、20年かかってもまだまだよ♪

それから、病気で苦しい思いをしてきたからこそ、松浦さんは楽しいことを味わってほしいと言っています。
すぐ「いつ働けるようになるの!」と家族に言われ続けてきたひと(特に若い男性は多い)がいるけど、ようやくたどり着いた居場所で笑ったり歌ったり旅行行ったり、その記憶がまた新しいことにチャレンジするチカラになったりするんですよ。

少しずつ少しずつの積み重ねが本人には自信につながるもんです。
私もそうでしたよ。

クッキングハウスで初めてのクリスマスパーティーは忘れられません❗
パーティーなんて久しぶりだし、いちばん思い出に残っているクリスマスでした。
仲間とのパーティーなんて何年ぶり⁉
うれしくてうれしくて…幸せでした…。

さあてと明日は何しようかな。
「自分を好きになろう」の岡映里さんは「自分の中の7歳の女の子 映里ちゃん」に「何をしたい?」と聞くようになったそうです。

私も思い出したとき、するようにしてましたがまだまだ頭で「こうしたいけど、あれを先にしないと…」ってつい思ってしまいます。
自分のココロの中の「ユキちゃん」のいうことをもっと聞いてあげて、幼い子どもの部分を優先してあげたいと思います。
私の場合は「2~3歳の小さな女の子」がいるイメージです。
みなさんも目を閉じて静かにイメージしてみてください。
本来のあなたがまだココロの中で「早く気づいて~、ここにいるよ~」と叫んでいると思いますよ。

あ~、ちょっと長くなりました。
ではでは。

(ユキヤナギ)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今苦しんでるあなたは本来の... | トップ | スーパーに行くと桃が誘惑し... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事