クッキングハウス メンバー日記

日々の活動の中での思いをつづっていきます。

さとりをひらいた・いのちとは何か

2016年11月05日 | Weblog
 いのちとは自然や人間の持っているエネルギーです。

 わたしたちに元気を与えてくれるエネルギーです。

 朝太陽の光を浴びて、それがただの太陽光線ではなかったとき、

 ああ、朝の陽ざしって元気が出るなあとはっきりわかったとき、

 それがさとりの訪れがあった証拠です。

 植物のいのちはわたしたちのいのちを洗濯してくれます。

 いのちがいのちを洗う。まいにちいのちが新しくなります。


 いのちとは大自然です。

 わたしは戦って生きてきました。

 でもこれからはいのちに従って生きようと思います。

 大自然に、従順に。

 運命に従おうと思います。

 わたしは働けません。

 ですが、そういう運命に従っても、悪いことだらけでしょうか。

 そうではありません。

 貧しくても、運命に従って生きる。

 太陽があり、

 深呼吸をして空気を吸って、

 ときどき軽く掃除をする。

 光はあります。

 ありがたいと言えます。


 統合失調症者も悟れます。

 病気の原因はこころの中に残った不快過ぎる感情ですが、

 それが自然排出されるときにこころが次第に深くなります。

 排出すれば深くなります。

 だから油田を掘るようにこころのなかに埋もれている感情を掘り当てればいいのです。

 いったんほりあてれば、自然に毎日感情が排出されます。

 二十年、三十年排出が続けば、手強いさとりがひらけます。

 坐禅組んでいる在家の修行者としては早い方の人と同じくらい早くさとれます。

 期待してください。

                            (とまと)

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肩のチカラを抜いた方が気軽... | トップ | あまり反省や後悔はしないよ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む