クッキングアップルの郷

秋田県横手市のりんご農家6人がつくるクッキングアップルの生産グループ「クッキングアップルの郷」の日々を記事にします。

クッキングアップルの郷【インタビュー|佐藤和也さん②】

2017年05月14日 10時45分10秒 | インタビュー

こんにちは。 調理用りんごの生産者グループ「クッキングアップルの郷」

インターン生の「さんご」です。


前回の記事の続きです!


 

就農する時のことを聞いたら「つらかったな〜笑」って言ってましたよね。

 何がつらかったのか教えてもらえますか?

全てが初めてだったこと!それでも自分がやるしかなかったことかな。

 

↑今の農園の様子。和也さんの努力の地!

 

本当に何もわからなかった。草を生やしておいたら、樹がネズミに食べられちゃうことも。

 毎日がトライ&エラーの連続だった。

 不安の日々でした(笑)

 

 

だけど、今は「楽しくやってやろう!」という感じがするというか、

 不安そうな様子はないですよね!流れが変わる瞬間があったんじゃないですか?



さっきも言った話に繋がるんだけど、農楽交に参加したことかな。

 あとは、先輩たちにもたくさん助けられたしね。


 

(何か、胸アツなストーリーがありそう!)

 就農してから印象的な出来事はありますか? 

 

 

 

そうだな〜〜、農家以外の人もわかりやすい話がいいよね!w

 朝の6時くらいかな、SS(※1)っていう農薬散布の機械があるんだけど、

↑ ※1 参照 SS(スピード・スプレイヤー) 

 

 それが動かなくなってしまったことがあって。

 

 「やばい」

 

 と思ったよ。経験もなかったから、自分ではどうしようもできなかったし、

 めちゃくちゃ焦った。

 

早朝から大変でしたね><誰か周りにいなかったんですか?

 

誰もいない!何やってもダメで、先輩に連絡したら

「10分待ってろ!」って言ってくれて。

 

 

かっこいい〜〜〜♡

 



その人2日酔いだったんだけど(笑)それでも来てくれて。

 

 

 それってすごく特別なことだと思うんだ。

 隣のラーメン屋さんがスープ作り失敗した時に

 自分のスープを分けてあげることって多分ないよね?

 

確かに、あまり聞いたことがないですね。


本当にいい人たちばっかりなんだよ。

 前は家の周辺でやってたんだけど、外と触れ合う機会がなくて、離れたところに畑を買ったんだ。

 そこで会った先輩にもお世話になりっぱなしで...

 

 

和也さんのお話を聞いていると、りんご農家さんのあたたかさが、さらに伝わってきますね🤗



今回はここまでにします!

続きは次の記事をご覧ください🍎


佐藤和也さんが取り組んでいるオカノウエプロジェクトについてはこちらから!


さとう果樹園平鹿金麓 ←果樹園のFaceBookページも見てみよう!!


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クッキングアップルの郷【イ... | トップ | クッキングアップルの郷【イ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む