何様のレストラン

食べ物に執着している人間の、食べ物中心のブログ。イラストレシピもあります。

新米で「土鍋ご飯」

2014-10-01 19:58:11 | 自分のレシピ
新米が手に入ったので、土鍋でご飯を炊いています。
ええそうです。「甘々と稲妻」の第一話、「どなべごはん」の影響を受けていますとも。

ですが、もともとご飯を炊く際には気合を入れています。
農耕民族の子孫なので。
実家産のお米を、おいしく食べるのが使命だと思っています。


お米を研ぐ時は、

1. お米は正確に測る(無洗米は、専用の計量カップを使ってください)。
  ボウルに米を入れ、たっぷりの水を一気に入れてひと混ぜしたら
  すぐに水を捨てる。

  私は、最初の2回は、水を入れてはさっと捨てています。
  効果のほどは分かりませんが、ほぼ日でタモリカレーの作り方を見た時、
  「タモさんは3回もすばやく水を捨てている!私は…私は間違っていなかった…!」
  と、自己満足に浸りました。
  それ以来、3回目までやる事もあります。

2. 指を立てて、20~30回くらいかき混ぜる。手を泡立て器だと思う感じで。
  水が白くなってきたら、きれいな水を入れてかき混ぜ、濁った水を捨てる。

  水の少ない状態でチャカチャカかき混ぜてヌカを浮かし、
  きれいな水ですすぐイメージです。

3. 2.を数回繰り返し、水が濁らなくなってきたら(透明を目指さなくてOK)
  たっぷりの水につけて30分ほど置いておく。

4. ザルにあげてさらに15分ほど置いておく。準備完了。



研いだお米を土鍋で炊いていきます。

1. 土鍋に米と水を入れ、フタをします。
  水は、吸水が済んだお米と、同量になります。

  私は、炊飯器の内釜で、米と水を両方入れ量ってから、
  土鍋に移しています。

  勢いよく移すと、こぼれます。
  底が濡れた土鍋を火にかけると、割れてしまうので
  絶っっ対、鍋底は濡らさないでください。

  
2. 土鍋を、強めの中火で沸騰するまで加熱し、その後、弱火で12~13分。
  最後に、一瞬強火にしてから火を止めます。
  強火の時間は一瞬だったり、10秒ほどだったり、気分によります。

3. そのまま10分ほど蒸らしてから、しゃもじでふんわりと混ぜます。
  もう一度フタをして、さらに5分蒸らしてできあがり。

  最後の5分蒸らす手順は、お腹ペコペコだと飛ばします。


土鍋で炊いたピカピカのご飯に、昨日仕込んだイクラの醤油漬けを乗せて食べました。
新米サイコーです。


しかし、毎日土鍋で炊くと、洗い物が面倒です。
炊飯器で炊く時も、下記のポイントを押さえれば、おいしくなります。

・吸水済みのお米は、「お急ぎ」で炊く。
 お急ぎじゃないコースは、お米が浸水する時間を含んでいます。
 炊けるまで60分くらいかかります。

・炊けたら、すぐに保温を切る。

・10分ほど蒸らしてから、しゃもじでふんわりと混ぜ、
 もう一度フタをして、さらに5分蒸らしてからできあがり。



研いでザルにあげて水切りしたお米を、土井善晴先生が「洗い米」と本に書いていました。
ポリ袋に入れて、冷蔵庫で保管も可、との事で、
テレビで「自家製無洗米」とも仰ってました。

試した事はありませんが、冷蔵庫で数日は保存できるそうで、便利ですね。
今度やってみたいと思います。
『今日の献立』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サンジの満腹ごはん」の「... | トップ | 登場作品別さくいん »

あわせて読む