こころの景色 こころの音

ありたい私を創造してゆきます。

終わりゆくものの声

2017年06月28日 | 日記
お迎えの家の裏にある古い小屋
もう最後に中に入ったのは、40年くらい前だと思う。

今でも存在してるけれど通りからは見えないし
私がもうその古小屋に意識を向けたのは何十年も前のお話し

それが、一昨日
おとちゃんとのお散歩の帰りに その古小屋の事が気になって
遠くから見てみた
随分と古くなったなぁ~って感じて帰ってきて

今日の朝、お母さんが
「今日ね、お迎えの家の古い小屋を解体するんだって」って

私は、どうやら
その古い小屋から 最後の息吹を感じ取ったらしい
形があるうちに私に存在として教えてくれたみたい


幼い頃 その小屋の屋根裏にあがって遊んだ事を思い出した
私のこころの中には、今 その小屋が存在している


終わり行くものの声が聴けたは嬉しい
私のこころが静かだったから気付けたのだと思う
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありがとう | トップ | 表現 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。