こころの景色 こころの音

ありたい私を創造してゆきます。

2017年03月06日 | 日記
自分が自分を愛せて
自分の真ん中を生きれていたならば
人の称賛や承認が必要だろうか・・・

お風呂からあがってきたら
私はたとえわかってもらえなくても 
自分がその思いのど真ん中を生きられていれば
それが一番だなって ふと思ったから
そしてまた 
私がそう思った事
そう思える人に出会った事が嬉しいなって思うし
そして
胸の中に湧いてきた
大事な人やものを信じていたい



親子や恋人や家族をという狭義だけの愛ではなく
人や物や植物や鉱物とかありとあらゆるもの全てに
慈しみと感謝と尊敬の思いがあること
それが本来の愛なのだと宇宙に教わったから

この地球の分離の世の中が苦しくて仕方なかったけれど
少しだけ
この先の自分が楽しみになれるような気がします
何故なら
この事を思い出す旅に来たのだと思うから


そして私は色んな顔で
あなたの旅の色んな顔を見ていたいと思うのです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほっこりした気持ち | トップ | 硬くなっていく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。