SHIN-GEN-SAI 【箴・言・彩】

珠玉の名言・箴言をイシューします。

桑田真澄の別れ

2006-11-26 06:10:55 | 人生
「18番を汚さないよう、ふさわしい投手、人間になるよう、自分なりに必死にやってきた。そういう気持ちをファンに伝えたいと思った」

巨人を退団した桑田投手の言葉。
最後の挨拶もぐっとこらえて、本当に彼は野球が好きなんだね。
自分だって負けてはいない。
「医療を汚さないよう、ふさわしい人間になるよう、自分なりに必死にやってきた。そういう気持ちを患者さんに伝えたい」
ああ、一度でいいからこういうふうに言ってみたい・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとりぼっちの動物園 | トップ | 江夏豊の言葉 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くろ)
2006-11-26 13:14:49
ファンも患者さんも見てますよね。
Unknown (onuki)
2006-11-26 20:02:16
そう、見られている、という意識をもっとみんな強く持たなきゃね・・・。
Unknown (ぷろPT)
2006-11-26 21:31:40
最後に指導者として桑田選手は帰ってくると思いますが、その時に特にこの哲学が役に立つような気がします。PTもまがい物で安心していると、人はよく見てますからね。
Unknown (onuki)
2006-11-27 05:39:48
そうそう・・・。(^^;)

桑田選手と同じように、しっかりと力をつけなくては、ですね。
やっぱり直球勝負できるPTでありたいです。

コメントを投稿

人生」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。