英語脳構築「オウム返し英会話学習法」

ワンフレーズでのオウム返しを基本にして、それを「きちんとした表現」へと展開させていく学習法を公開

第3クールどうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか 93/90

2017-06-10 16:00:49 | どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか


 (1) She can't stand cold.
   彼女は寒さには耐えられない
 (2) She can't stand garlic.
   彼女はニンニクには耐えられない
 (3) I can't stand it any more.
   私はもう我慢できません(トイレに行きたいなど)
 (4) I can't stand the noise of airplanes.
   私は飛行機の騒音が我慢できない
 (6) I can't stand this bad smell.
   私はこの臭いにおいに我慢できません

【英会話は瞬間の英作だ、そろそろそんな学習へと転換すべきだ】

この「第3クールどうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか」も92/90となり、以下の「イメトレ学習法」も
PART 4の最終章に至りました。来週(6月12日)から最初に戻ってPART 1「九九のように覚える英会話」から始めます。

かつて,NHKの英会話講座か英語講座で以下のような表現の説明をしていました。
とは言っても,市販の本での説明もほとんど変わったものではありませんが。
  I can't stand watching horror movies.
   〜耐えられない 動名詞
  I can't help eating chocolate.
   〜せずにいられない 動名詞

つまりcan't standは「〜耐えられない」という意味で動名詞が続く、またcan't helpは「〜せずにいられない」という意味でこれまた動名詞が続くと説明します。

しかしよく考えてください。「〜耐えられない」のは単にwatching=「見ること」ではなく、「ホラー映画を見ること」ではないですか。
また「〜せずにいられない」のも単にeating=「食べること」ではなく、「チョコレートを食べること」ではないでしょうか。
日本人が何年学習しても英語ということばが身につかないのは、can't stand+動名詞とかcan't help+動名詞といったとらえ方なのです。
私が動名詞とか不定詞といったものを説明する場合に常に原形動詞フレーズとかing形動詞フレーズと言っているのは実はこのことで、これだと「ホラー映画を見る」「チョコレートを食べること」などと意味が定着・蓄積していくことになるのです。
そこで以下の5段活用のテーブルをご覧ください。今回登場しているing形動詞フレーズは(4)のものです。

【一般動詞フレーズ5段活用】
 watch horror movies 「ホラー映画を見る」
=============================
(1) watch(es) horror movies  現在形動詞フレーズ 
※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) watched horror movies  過去形動詞フレーズ
※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) watch horror movies  原形動詞フレーズ
※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) watching horror movies  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞で使われる。
(5) watched horror movies  ed形動詞フレーズ 
※完了形で使われる。 
=============================

【一般動詞フレーズ5段活用】
 eat chocolate 「チョコレートを食べる」
=============================
(1) eat(s) chocolate  現在形動詞フレーズ 
※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) ate chocolate  過去形動詞フレーズ
※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) eat chocolate  原形動詞フレーズ
※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) eating chocolate  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞で使われる。
(5) eaten chocolate  ed形動詞フレーズ 
※完了形で使われる。 
=============================

簡単に説明すると、(1)は現在形の肯定形、(2)は過去形の肯定形だけで使われます。
 (1) 私は(ふだん)、ホラー映画を見ています
 (2) 私は(その時)、ホラー映画を見ました
(3) 現在形や過去形の否定形や疑問形、未来形をはじめとする情緒動詞と結びついたり、不定詞になります。
 (3) 私は(ふだん)、ホラー映画を見ません
   あなたは(その時)、ホラー映画を見ましたか?
   私は(これから)、ホラー映画を見るつもりです
   私(これから)、ホラー映画を見ていいですか?
   私たち(これから)、ホラー映画を見ましょうか?
   私に、ホラー映画を見せてください
   私は(これから)、ホラー映画を見たいです  ※to+不定詞

(4)のing形動詞フレーズは進行形や動名詞で使われます。
 (4) 私は(今)、ホラー映画を見ています
   あなたは(ふだん)、ホラー映画を見るのが好きですか?※動名詞

(5)のed形動詞フレーズは完了形で使われます。
 (5) あなたは(今まで)、ホラー映画を見たことがありますか?※現在完了形

 (1) 私は(ふだん)、チョコレートを食べます
 (2) 私は(その時)、チョコレートを食べました
 (3) 私は(ふだん)、チョコレートを食べません
   あなたは(その時)、チョコレートを食べましたか?
   私は(これから)チョコレートを食べるつもりです
   私(これから)、チョコレートを食べていいですか?
   私たち(これから)、チョコレートを食べましょうか?
   私に、チョコレートを食べさせてください
   私は(これから)、チョコレートを食べたいです  ※to+不定詞
 (4) 私は(今)、チョコレートを食べています
   あなたは(ふだん)、チョコレートを食べるのが好きですか?※動名詞
 (5) あなたは(今まで)、チョコレートを食べたことがありますか? ※現在完了形

以上、ファンクションメソッド(中嶋メソッド)で説明すると以下のようになります。

  I can't stand watching horror movies.
   〜耐えられない ing形動詞フレーズ
  I can't help eating chocolate.
   〜せずにいられない ing形動詞フレーズ

さらに日本の英語教育がとても変なのは、、can't stand+動名詞とかcan't help+動名詞といった場合だけが、「耐えられない、我慢ができない」とか「耐えられない,どうにもならない、仕方がない」といった意味になるように教えていることです。
以下の文例をご覧ください。別に動名詞でなくて名詞でもそんな意味になっていることがわかると思います。

どうして日本の英語教育でこんなことになるのかわかりますか。
問題はstandの意味を「立つ」などと教えてしまうからです。元々standには「耐える」「我慢する」といった意味なのです。
さらに(8)の文例だけがing形動詞フレーズとなっていますが、hearing it=「それを聞くこと」という意味の名詞がないから動詞フレーズを使っているだけです。
 (1) She can't stand cold.
   彼女は寒さには耐えられない
 (2) She can't stand garlic.
   彼女はニンニクには耐えられない
 (3) I can't stand it any more.
   私はもう我慢できません(トイレに行きたいなど)
 (4) I can't stand the noise of airplanes.
   私は飛行機の騒音が我慢できない
 (5) I can't stand that noise.
   私はあの騒音を我慢できません
 (6) I can't stand this bad smell.
   私はこの臭いにおいに我慢できません
 (7) The plant cannot stand the cold.
   その植物は寒さに耐えることができない

※以下はI can't standがファンクションフレーズ(ing形動詞フレーズ)となる場合です。
 (8) I can't stand hearing it.
   私はそれを聞くに耐えない

 ENGLISH TREKKING helpの動詞フレーズからの抜粋です。
  (1) 私はあなたを手伝うことができません 
   → I can't help you.
  (2) 私はそれは私にはどうにもならない、仕方がない 
   → I can't help it.

※以下はI can't helpがファンクションフレーズとなり、ing形動詞フレーズを導く場合です。
  (3) 私は自分が貧乏なのはどうすることもできない
   → I can't help being poor.
  (4) 私は笑わずにはいられない
   → I can't help laughing.
  (5) 私はあなたを愛さずにはいられない
    → I can't help loving you.

日本の英語教育でまったく欠けているのは、「話すための英語のしくみ」を知ることと、そのための英語発想トレーニングです。

オ ンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となります.
このブログはiOS (iPhone)、Android (Mobile)で閲覧に強いことで知られています。
受講者の方は今までお伝えしたシーサーブログのIDとpasswordを使って使用してください。 但し、シーサーブログの記事はそのまま使用していただけます.


 http://jet2020.blog.so-net.ne.jp



 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ
 
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第3クールどうして3ヶ月で... | トップ | 第4クール どうして3ヶ月で... »

コメントを投稿

どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL