ワンコと暮らしはじめたら

ワンコとワンごはん、日々のこと
くるみと一緒に過ごす時間

箱根 九頭龍神社

2017年06月15日 | 奈良と、神社と、好きなものごと
ネットのニュースにこんな記事がありました。
「縁結びの神」芦ノ湖畔の例祭に若い女性ら殺到

芦ノ湖畔の縁結びの神様というのは
箱根のプリンスホテルの敷地内にある
九頭龍神社という神社のことです。

お社の大きさはそれほど大きくないのですが
参拝者が絶えない人気?の神社です。

神社には、その神社それぞれに
神社やご祭神にご縁や由緒のある例祭や
大祭という日があり、だいたいは年に1度、
多いところでも3、4度です。
神社にとっては、とても大切な祭礼です。


九頭龍神社の例祭が、6月13日にあり
その祭礼に大勢の女性が殺到した、
という記事でした。

女性が殺到したというのは九頭龍神社が
縁結びに強力な御利益がある、
と言われているからだと思います。



私が九頭龍神社にお参りに行こうと思って、
行き方を調べた時、たまたま翌々日が
月次祭の日だったので、急でしたが、
お休み取れたのでお参りに行きました。

4時起きで、始発に乗って小田原に着いたら、
早朝にも関わらず、バス乗り場に人人人…。
びっくりしました!しかも9割以上が女性。

小田原から元箱根まではバスなんですが
こんなにバスに乗り切れるのかと心配しました。

でも、心配は要りませんでした。
バスは1台ではなく、次々来て、
満員になると出発、満員になると出発。
なので、何台目かに乗れました。

元箱根に着いてからは、さらにびっくり。
小田原のバス停より数倍の人がいました。

今度は船に乗れるのか?とまた心配しましたが
フェリーも複数あって、乗れない、
ということはなさそうでした。

小田原でも、元箱根でも、
九頭龍神社の方に行っても、人人人
人です!

これはなんだ??と本当に驚きました‼️

しかも、そこに来てる人達が、普段神社に
お参りして見かけるような雰囲気の人達とは
かなり違っているのにも、びっくり!!

失礼ながら、神社にお参りするようには
思えない雰囲気の方々のグループが
あったりして、
それで、その方達が話してるのは
とにかく金運!すっごい効くんだ!と。

ヘェ〜金運の神社なんだ、と内心思いつつ、
ひたすら列に並んで待ち、船に乗り
九頭龍神社の桟橋から神社まで
行列について歩き、神社周辺についても
とにかく、人人人で埋め尽くされていました。

それまでも、ゼミでいろいろな神社のお祭りを
見学してきましたが、他のどの神社とも違う
雰囲気、熱気で驚くばかり。

それで、フェリーに乗ってる時、
お隣の席になったお二人のご婦人に
話し掛けらました。

「あなたも、縁結び?」

「縁結び、にいいんですか?」

「そうですよ、
あなた、縁結びじゃないんですか?

こちらは縁結びにすっごい御利益あるんですよ!
息子のご縁に悩んでいたら、お友達から
こちらの神社のことを聞いて、
お参りしたら3カ月で、
い〜いご縁があったんですよ!
今日はお礼のお参りと、この方も息子さんの
ご縁に悩んでいらっしゃるので、
お誘いして来たんですよ。

あなたも今日お参りしたら、
きっと半年以内にご縁がありますよ!」

「半年以内?!」

ご婦人は深く頷いて
確信ありげに
「そう、半年以内!」
と仰っていました。

金運のほか、縁結びの御利益もあると
信じられてる神様なんだ、と思いました。

8割くらいいる女子は、金運じゃなくて、
縁結びの方だろうと、思いました。


並んでる時にも、ご利益あったという本人や
本人から聞いたという話を口々に
多くの人が、
御利益あるって!
ご利益あったって!
と話していることは経験がなく、
お祭りに熱狂は付きものですが
他の祭礼の熱気とは質が違う…。
とにかく、霊験新たかにして速やかな
九頭龍神社のお力にこれほどの人が惹かれて、
この人混み、この熱気になってるんだなぁ
とその時に思いました。


ちなみに、この日にお参りしてから
3カ月で、今の主人に出会いまして、
お付き合いが始まり、
あのご婦人のいう通り!と思いました(笑)

それで私も友人知人に話したりして
何人かの友人もお参りに行き、
御利益あったと感じた友達もありました。


そういう御利益あった!体感口コミが、
今も続いて、
この日の記事の例祭の日に女子殺到!に
繋がっているのかなぁと思います。


ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
« ぶるピタ 〜ワンコがピタ!... | トップ | 今期観戦2戦目 交流戦ロッテ戦  »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。