ワンコと暮らしはじめたら

ワンコとワンごはん、日々のこと
くるみと一緒に過ごす時間

奈良大好き

2017年03月08日 | 奈良と、神社と、好きなものごと
昨日は、奈良の達磨寺の雪丸君の話をしたので
繋がりで、奈良の話を。

最近は、かなり観光客も増えて、
外国からのお客さんもかなりいますが…
どどっとお客さんがいるのは、一部のところで
京都に比べると、まだまだ、静か?です。

私は奈良が大好きで、
そのうち奈良に住みたいなぁと思っていました。

毎月、どこかのお寺か神社で
お祭りやいろいろな行事あるので、
きっと月の半分は、
神社仏閣の祭祀を見たり、参加したりして
暮らせるわ〜╰(*´︶`*)╯♡
と。

でも、

最近はワンコOKの神社仏閣も
増えては来ましたが…
お祭りは炎天下だったり、極寒だったりで、
気候が厳しいことが多いし、
たとえ神社やお寺側がOKだったとらしても、
人がたくさん集まることになるので、
中には動物が苦手な人もいるでしょうから…。

日本が生活の中にいつも自然にペットも一緒、
という暮らしになれれば、と願います。


一昨年になりますが、夏休みに
くるみと一緒に奈良へ行きました。
くるみをうちに引き取った初めの年で
長距離のドライブ旅行も初めてでした。

参拝前に神社やお寺さんに、ペット同伴しても良いか聞いてみました。

春日大社さんは、境内はOKですが、
鹿に気をつけてください、と言われました。

東大寺は抱っこしてたり、カートやケースに入っていれば、境内OK、大仏殿の中もOKと聞き、ちょっと驚きました。

大神神社
基本的には不可です。が、粗相がないことが前提で、黙認しています。境内を散歩させてる人もいるんですが…と。
言外にマナーを守らない飼い主さんに迷惑している雰囲気がありました。

神社もお寺も聖域なので、参詣するときはそのことを忘れないように、と思っております。

その他、明日香村へ行って、石舞台近くの公園で散歩したりしました。


明日香村のはずれというか、奥の方というか、
稲渕という地域の方に

明日香川上坐宇須多岐比売神社


という神社があります。
あすかかわかみにいますうすたきひめ神社と
読みます。長いですね。

常駐の神主さんは居らず、お社のお手入れも行き届いているとは言い難いのですが、
それでも不思議と荒んだ感じはなく、
お供え物もあったりして
静かで、厳かな雰囲気のある神社です。


私はとても心惹かれる神社なので、
奈良へ行ったら、
なるべくお参りしたい神社です。

この時も、くるみと一緒にお参りしました。
こちらへは、特にお断りもしませんで
伺ってしまいまいしたが…。

その時、くるみも落ち着いていたので、
きっと、宇須多岐比売様もご不快なく
いらしてくださったのかなと。


東大寺二月堂です

この写真の時は昼間ですが、
二月堂は夕暮れ時がおすすめです。


東大寺大仏殿です。

大仏殿では、たくさんの外国の観光客に会いました。アジアから、ヨーロッパ、いろいろな国の方々でしたが、くるみを見て、

かわいい💕

と言ってくださってるのはわかって、嬉しかったです。
ただ、そのあと…

写真を撮らせてくれと言ってから撮る方や、
何も言わず、くるみにカメラをガシッと向けて来る方、動画を撮り始め、私やくるみにポーズや絵になりそうなアングルを求めて来る方…
いろいろな国の人、いろいろな方の反応、
ほんとにいろいろです。

人に限らず動物に対しても、相手への
配慮があってしかるべき、と感じた時間でもありました。

とにかく、この日、くるみと大仏様の写真や動画が、たくさんアップされたんだろう、と思いました(笑)



宿の部屋でへばってるくるみです。


夏だったのでさすがに昼間は暑くて、
くるみのカートにアイスノンを入れていましたが…くるみも暑かったと思います。


奈良で困ったことは…というか、
関西方面で
ペットと泊まれる宿を探すのは大変でした。
関東地方に比べたら、
かな〜り少ないという印象です。

そして、なんとか見つけて予約取れた奈良の宿は
また行こうねと、思うには、ちょっと厳しい…。

この次、くるみと行くときは、
それでも仕方ないと覚悟していくか、
ペットホテルに預けることを検討するか…。
何か他の方法を考えるか…。

関西の皆さんは、ワンコとお泊まり旅行の時は
どうされているんですかねぇ?





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 聖徳太子の愛犬 雪丸 | トップ | マグロの柵でフレーク&くるみ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。