ワンコと暮らしはじめたら

ワンコとワンごはん、日々のこと
くるみと一緒に過ごす時間

グリンピースご飯と調理実習の思い出

2017年05月20日 | 日々のこと
ご近所の方から、
手作りのお野菜を時々おすそ分け頂きます。

家庭菜園をされているご親戚の方から、
お野菜が届くのだとか。
どのお野菜もとても新鮮で、柔らか。
私も恩恵に預かっています。

今回はグリーンピースと新玉ねぎと絹さやを
頂きました。



玉ねぎは外皮を剥いて、絹さやを50度洗いして

グリーンピースは、
とりあえず、さやから出しました。
ピカピカです。美味しそうです!!


グリーンピースの料理ってあまり思いつきません。
それほど…グリンピースメインの料理って
ないですよね?

グリンピースといって、すぐに思い浮かぶのは
グリーンピースご飯。
あとはかに玉にパラパラのってるとか、
しか思い浮かびません。

グリンピースご飯、
中学の時の調理実習で、作った覚えがあります。

調理実習で作って食べるまで
グリンピースご飯を食べたことは
ありませんでした。

今のところ、その時が
グリンピースご飯を口にした、
最初で、最後になっています。

どう作ったのか覚えていないんですが、
中学の調理実習ですから、
そんなにいろいろな調味料を使ったり
複雑な手順があったとは思いません。
多分、お米を研いで、お塩入れて、
あとはお酒使ったのかなぁ?って感じです。

で、味は…美味しくなかったです。

多分、缶詰のグリンピースを
使っていたからかなぁと思いますが…
失敗の原因は不明です。
いや、特に失敗したわけでなく、
単に美味しくなかったんだと思いますが。

その時、他にも何か作ったと思いますが
グリンピースご飯以外、思い出せません。

もう1つ、
調理実習で忘れられない一品があります。

カスタードプリンです。

それは、多分、プリンとしては
成功していたんだと思います。

カラメル作って、卵でプリン液を作って
型に入れて、蒸しました。
ちゃんと固まって…

なんだ、プリンって簡単なんだな、
と思ったくらいでした。

これで冷やす時間があれば、
美味しく食べられたと思います。

でも、その日の調理実習では
何品かつくる予定で、
1番始めに、プリンの調理を
始めないと行けなかったのに…
他の料理から作り始めてしまいました。
最後になって、プリンを作ったんです。

いつも食べる時は冷たいプリン。
プリンを作る工程の中で、熱々の状態のことが
あるとは、その時まで知りませんでした。
それも蒸し器を使うとは!
ヘェ〜と思いました。
問題は…
プリンを冷やす時間がなかったことです。

そして…粗熱を取った程度で
食べることになったわけです。

プリンを型から外すと、
以下にも出来立て〜な感じに、
湯気がほわ〜と立ちました。
同時に、プリンの匂いがしました。

美味しそうな感じです?!

カラメルソースも、いい感じにプリンから
たら〜と垂れて、見た目もOKでした。

あら、わりと大丈夫なんじゃない?と思いつつ
ちょっと食べてみました。

…………


うー、甘〜いプリンの匂いがする茶碗蒸し、
みたいでした。

多分、プリン自体の味は
美味しい範疇だったのではないかと。

ちゃんと冷えていれば
美味しいと思ったかな、と思います。

プリンは冷たい、という固定観念が強くて
口にした途端、あったかいプリンを変!
と思ったのかなと、思います。

プリンは冷やして食べたかった。
という、調理実習の思い出です。


グリンピースに話しを戻しますと、

他の記事でお豆が好きだ!と書きましたが
グリンピースご飯の思い出?とともに
グリンピースは
あまり食べないものになっていました。

でも、
それは新鮮なグリンピースではなかったからだ、
という気がします。

今度頂いたグリンピースは
新鮮なことは間違いないので
美味しいんじゃないかと期待します。

でも、グリンピースご飯じゃないものが
いいなと思ってます。

何を作ると美味しさが引き立つでしょ〜?

レシピ検索してみようと思います。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 雅楽の舞いや衣装、不思議な... | トップ | 鹿島神宮 神社の呼び方について »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。